エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン テレワーク応援で限定特典も! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 東京ガスの都市ガスの引越し手続きまとめ!ガスの使用開始・停止の方法や開栓・閉栓の手順など
 

東京ガスの都市ガスの引越し手続きまとめ!ガスの使用開始・停止の方法や開栓・閉栓の手順など

引越し

現在東京ガスと契約中で引越しの予定がある方、引越し先で新たに東京ガスを契約したい方向けに、引越し時のガスの使用開始・停止手続きの方法や注意点、開栓・閉栓の手順などをまとめました。エネチェンジはテレビ、新聞、雑誌に多数紹介されている日本最大級の電気料金・ガス料金比較サイトです。

東京ガスの都市ガスの引越し手続き方法を解説します。引越しにともなうガスの使用開始・停止方法や注意点、閉栓・開栓の手順などをまとめました。

引越しではさまざまな準備があって忙しくなりますよね。ガスの手続きをうっかり忘れてしまうと、引越し先ですぐにガスが使えず困ってしまいます。現在東京ガスと契約中で引越しの予定がある方、引越し先で新たに東京ガスを契約したい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

引越し先で初めて東京ガスを契約する方の手続き方法

現在東京ガス以外のガス会社を契約していて、引越し先で新たに東京ガスを契約したい方の手続き方法は、以下のようになります。
  1. 現在契約しているガス会社へ、現在の住所のガスの使用停止手続きをする
  2. 引越し先で契約する東京ガスへ、ガスの使用開始手続きをする

1)現在契約しているガス会社へ、ガスの使用停止手続きをする

引越しが決まったら、現在契約しているガス会社へ、現在の住所でのガスの使用停止手続きを行います。手続き方法はガス会社により異なりますが、公式サイトの手続き専用ページや契約者専用マイページ、もしくは電話で手続きができます。

2)引越し先で契約する東京ガスへ、ガスの使用開始手続きをする

次に、東京ガスへ引越し先住所でのガスの使用開始手続きを行います。使用開始予定日の前日までに東京ガスのホームページから、もしくは東京ガスお客さまセンターに電話をして手続きをしましょう。

なお使用開始予定日の午前7:30までにホームページから申し込めば、最短で当日の午後に開栓作業が可能です。ただし希望の時間に予約できない場合もあるので、早めに連絡することをおススメします。
東京ガスの引越しに関する手続きの受付時間は、ホームページの場合は全日午前6:00~翌3:00までです。電話の場合は月曜~土曜の午前9:00~午後7:00まで、もしくは日祝の午前9:00~午後5:00までとなっています。

参照:ガス使用開始までの流れ|東京ガス ガスの使用開始(開栓)作業は最短でいつ来てくれるのか知りたい。|ご家庭のお客さま向けFAQ|東京ガス

東京ガスの都市ガス、供給エリアはどこ?

出典:東京ガスの都市ガス供給エリア|東京ガス
引越し先で東京ガスの都市ガスを契約する場合は、東京ガスの供給エリアをあらかじめ確認しておきましょう。
東京ガスは東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県にガスを供給しており、一部地域のみが供給エリアとなっている市区町村もあります。
くわしくは東京ガスお客さまセンターにお問い合わせください。

引越し先のガスの種類によっては、今までのガス機器が使用できなくなります

引越し先で使用するガスの種類によっては、使用できるガス機器が異なってくるので注意が必要です。

使用予定のガス機器が13Aまたは12A・13A両用でない場合は、ガス機器の調整作業が必要になります(有料)。部品の取り寄せなどに2週間~1カ月程度かかり、機種によっては調整ができない場合もあるので、あらかじめ東京ガスに確認しておくとよいでしょう。
参照:ガス機器を安全にご利用いただくために|ガス機器とガスの種類|東京ガス

引越し先の住所によっては、引越しのガス使用開始手続きができません

引越し先が東彩ガス地区・東日本ガス地区・ニチガス真岡地区の場合は、引越しでの東京ガスの使用開始手続きができません。東彩ガス地区・東日本ガス地区・ニチガス真岡地区に引越しをした後に、東京ガスを契約する方法は以下の通りです。

【東彩ガス地区・東日本ガス地区・ニチガス真岡地区】引越しに伴うガスの使用開始手続きの流れ
  1. 引越し後に一度、引越し先の地区を担当するガス会社と契約をする。
  2. 東京ガスへ切り替えるため、(1)のガス会社へガスの使用停止手続きをする。
  3. 東京ガスへガスの使用開始手続きをして切り替える。

引越し先のガス会社から東京ガスへ切り替える際は、契約期間内の解約で解約違約金・解約手数料が発生しないかなど、使用停止手続き前にあらかじめ契約内容を確認しておきましょう。

なお東彩ガス地区・東日本ガス地区・ニチガス真岡地区内であっても、引越し先の住所によっては引越しでの東京ガスの使用開始手続きが可能な場合があります。くわしくは東京ガスお客さまセンターにお問い合わせください。

引越し先では東京ガスを使わず、違うガス会社を契約したい方の手続き方法

現在東京ガスを契約していて、引越し先では違うガス会社を契約したい方の手続き方法は、以下のようになります。

  1. 現在契約している東京ガスへ、現在の住所のガスの使用停止手続きをする
  2. 引越し先で契約するガス会社へ、ガスの使用開始手続きをする

1)現在契約している東京ガスへ、ガスの使用停止手続きをする

引越しが決まったら、現在契約している東京ガスへガスの使用停止手続きを行います。引越し先で東京ガス以外のガス会社を契約する場合は、使用中止予定日の2営業日前までに東京ガスのホームページから、もしくは東京ガスお客さまセンターに電話してガスの使用停止の手続きをします。

繁忙期や土日祝日などは希望の日時で閉栓作業の予約ができないこともあるので、早めに連絡しましょう。

参照:ガス使用停止までの流れ|東京ガス ガスを止めたい。|ご家庭のお客さま向けFAQ|東京ガス

東京ガスの解約に、解約違約金・解約手数料はかかる?

東京ガスの都市ガスを解約する際、原則解約違約金・解約手数料はかかりません(一部のサービスを除く)。

参照:ガス会社を解約すると解約金等が発生するか知りたい。|ご家庭のお客さま向けFAQ|東京ガス

東京ガス解約後、最後の請求はどうなる?

解約を申し込んだ後は、ガス使用停止直前の検針日翌日から使用停止日までのガス代が日割りで請求され、選択した電気代の支払い方法によって精算が行われます。

口座振替・クレジットカード払いを選択している場合、引越し後に最後の精算が終了するまでは口座・クレジットカードの解約をしないように注意しましょう。

払込書による支払いを選択している場合は、引越し先もしくは指定の住所宛てに払込書が送付されます。

参照:料金のご精算|ガス使用停止までの流れ|東京ガス

2)引越し先で契約するガス会社へ、ガスの使用開始手続きをする

次に、引越し先で契約するガス会社を探し、契約とガスの使用開始手続きを行います。

エネチェンジではお引越しと同時に東京ガスのガスへのお申し込みができませんが、ガス会社を一度切り替えた後で再度プランの見直しをすると、ガス代を安くできる場合があります。どんなガス会社やガス料金プランがあるのか気になる方は、以下のページでガス料金プランの比較をしてみてくださいね。

都市ガス会社のプランを探したい方はこちら
プロパンガス(LPガス)会社のプランを探したい方はこちら

エネチェンジが提携している㈱アイアンドシー・クルーズの運営するプロパンガス見積もりサービス「エネピ」へ移動します。

引越し先でも東京ガスを契約する方の手続き方法

現在東京ガスを契約していて、引越し先でも引き続き東京ガスを契約したい方の手続き方法は、以下のようになります。
  1. 現在契約している東京ガスへ、現在の住所のガスの使用停止手続きをする
  2. 引越し先で契約する東京ガスへ、ガスの使用開始手続きをする

1)現在契約している東京ガスへ、ガスの使用停止手続きをする

引越しが決まったら、現在契約している東京ガスへガスの使用停止手続きを行います。使用中止予定日の2営業日前までに東京ガスのホームページから、もしくは東京ガスお客さまセンターに電話してガスの使用停止の手続きをします。

繁忙期や土日祝日などは希望の日時で閉栓作業の予約ができないこともあるので、早めに連絡しましょう。

参照:ガス使用停止までの流れ|東京ガス ガスを止めたい。|ご家庭のお客さま向けFAQ|東京ガス

2)引越し先で契約する東京ガスへ、ガスの使用開始手続きをする

次に、東京ガスへ引越し先住所でのガスの使用開始手続きを行います。使用開始予定日の前日までに東京ガスのホームページから、もしくは東京ガスお客さまセンターに電話をして手続きをしましょう。

なお使用開始予定日の午前7:30までにホームページから申し込めば、最短で当日の午後に開栓作業が可能です。ただし希望の時間に予約できない場合もあるので、早めに連絡することをおススメします。
東京ガスの引越しに関する手続きの受付時間は、ホームページの場合は全日午前6:00~翌3:00までです。電話の場合は月曜~土曜の午前9:00~午後7:00まで、もしくは日祝の午前9:00~午後5:00までとなっています。

参照:ガス使用開始までの流れ|東京ガス ガスの使用開始(開栓)作業は最短でいつ来てくれるのか知りたい。|ご家庭のお客さま向けFAQ|東京ガス

ガスの閉栓~開栓までの基本的な流れ

次に、ガスの閉栓から開栓までの基本的な流れを見ていきましょう。

ガスの使用停止・開始の申し込みの際に、ガス会社と約束した時間に立ち会えるよう引越しのスケジュールを組みましょう。

退出時(閉栓)

引越しの作業がすべて終了したら、ガスの元栓を閉めましょう。その後ガス会社の担当者が直接来て、ガスメーターの元栓を閉め、料金の確認を行います。費用はかかりません。

閉栓作業は10分程度で、原則立ち会いは不要です。ただし、オートロックの建物などでガスメーターのある場所まで立ち入れない場合は、契約者本人もしくはマンションの管理人などの代理人が立ち会う必要があります。

参照:ご訪問とお立ち会いについて|ガス使用停止までの流れ|東京ガス

転入時(開栓)

ガス会社の担当者が直接来て、ガス漏れがないか、ガスを安全に使うことができるかを確認したり、ガス漏れを発見するためのセンサーを取り付けたりします。使用予定のガス機器があれば、当日までに用意しておきましょう。費用はかかりません。

閉栓作業は20~40分程度で、立会いが必要です。

参照:ご訪問とお立ち会いについて|ガス使用開始までの流れ|東京ガス

もしガスの閉栓・開栓作業の立ち会いができない場合は?

「引越し作業でバタバタしてしまい、ガスの開栓作業立ち会いに時間を作れない」という方も多いでしょう。ガス会社によっては、ガスの開栓作業立ち会いは契約者本人でなく、友人や親戚などの代理人でも問題ありません。引越し当日が忙しく本人が対応できない場合は、手続きの申し込み時に、立会いが代理人になるということを伝えましょう。

引越し当日からガスを使えるよう、東京ガスの引越し手続きは早めに行おう

東京ガスの都市ガスの引越し手続き方法を紹介しました。

ガスは開栓時に立ち会わなければならないため、スケジュールの調整も必要です。ガスの引越し手続きは、引越し日が決まり次第余裕をもって早めに連絡をするようにしましょう。また引越し先のガスの種類が、都市ガスかプロパンガスのどちらなのかを確認しておくことも忘れないようにしてくださいね。

エネチェンジのガス料金比較で、ガス会社・料金プランを選ぶ!

2017年4月のガス自由化でプロパンガスだけでなく都市ガスも、ガス会社を自由に選べるようになりました。

引越しでガスの手続きをするこの機会に、都市ガス会社・プロパンガス会社を見直してみませんか?現在エネチェンジでは引越しと同時に東京ガスへのお申し込みができませんが、ガス会社を一度切り替えた後で再度プランを見直し、自分の生活スタイルに合ったガス料金プランを選べば、ガス代を安くなる可能性があります!

また現在のお住まいでの切り替えをお考えなら、以下のサービスをご利用ください。複数のガス会社のプランを比較できるのでアナタにピッタリなプランが選べます。

都市ガス会社のプランを探したい方はこちら
プロパンガス(LPガス)会社のプランを探したい方はこちら

エネチェンジが提携している㈱アイアンドシー・クルーズの運営するプロパンガス見積もりサービス「エネピ」へ移動します。

法人の方はこちら

電力会社切り替えはエネチェンジ電力比較を引き続きご活用ください。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「この条件で電気代比較」ボタンを押してください。
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。