【重要】 電力会社を切り替えていても、災害時の復旧作業は不利なく行われます。
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 早めに連絡をしないと当日にガスが使えないかも?引越し時のガスの手続き、注意事項総まとめ
 

早めに連絡をしないと当日にガスが使えないかも?引越し時のガスの手続き、注意事項総まとめ

引越し

いよいよ引越し!引越しをする際に忘れてしまいそうになる、ガスの使用停止・使用開始の手続き。「引っ越したのに、ガスが使えない!」なんてことが起きないようにしたいですよね。どのように切り替えればいいの?手続き方法は?注意事項はあるの?ガス自由化後に、都市ガス会社はどのように選べばいいの?など、詳しく説明しています。

いよいよ引越し!新しい住まいや環境での生活を考えるとワクワクしますよね。しかし、引越し当日を迎える前に、さまざまな手続きを済ませなくてはなりません。そのひとつが、「ガス」の手続きです。連絡に不備がある場合は、引越し当日からガスを使えないということも……!

この記事では、引越し時のガスの手続き方法やスケジュール、気を付けておきたい注意事項などを詳しく説明していきます。

ガスの手続き方法は?理想的なスケジュールとともに解説します!

ガスの引越し手続きは、以下のように進んでいきます。

[引越し前]ガスの使用停止手続きを行う

1)現在の住まいで利用しているガス会社に、引越し日時(契約終了日)と新しい住まいの住所を電話で連絡しましょう
領収書や検針票に記されているガス会社の受付窓口に電話で連絡をしましょう。ガスの使用停止の申し込みは、引越しをする1週間前をめどに行います。遅くとも、2~3日前には申し込みをしておきましょう。
2)引越し当日、引越しの作業がすべて終了したら、ガスの元栓を閉める
引越しの作業がすべて終了したら、ガスの元栓を閉めましょう。その後、ガス会社の担当者が直接来て、ガスメーターの元栓を閉め、料金の確認を行います。建物によっては、立ち合いが必要な場合もあります。
3)引越し後、ガス会社から引越し当日までのガス使用量の明細が新しい住所に届きます
直前までのガス使用量を確認し、清算を行います。口座振替やクレジットカードでガス料金を支払っている場合、現金・口座振替・クレジットカードの3種類のなかから清算することができます。ガス料金の清算が終われば、ガスの使用停止手続きは完了です。

[引越し前]ガスの使用開始手続きを行う

ガス会社に連絡をしましょう
引越し先の住まいで利用するガス会社に、引越し日時と引越し先の住所、支払い方法などを連絡しましょう。
ガスの使用開始には、ガス会社の担当者の立ち合いが必要になります。引越し当日からガスを使えるように、早めに連絡をして予約を取るようにしましょう。

[引越し後]確認作業を行う

1)ガス使用開始のための開栓に立ち会う
予約をした日にガス会社の担当者が訪問してきます。ガスの開栓に立ち会いましょう。この時に、ガス漏れがないか、安全に使うことができるのかの確認や、ガス漏れを発見するためのセンサーの取り付けが行われます。
2)ガスが使えるか、確認をする
問題なく開栓できたら、ガスの使用開始です。

ガスの引越し手続き、注意事項はあるの?

引越してみたはいいものの、ガスがつかない……!という事態は避けたいですよね。引越し当日にガスをスムーズに使用するためにはどんなことに気を付ければよいのでしょうか?注意事項をまとめました。

ガスの使用停止・使用開始は、立ち合いが必要?

ガスメーターが屋外にある場合は、使用停止の閉栓作業に立ち会う必要はありません。しかし、ガスメーターが室内にある場合やオートロック式の建物の場合は、立ち合いの必要があることを覚えておきましょう。

一方で、引越した後にガスの使用を開始するときは、ガス会社の担当者の立ち合いが必須です。直接訪れ、開栓および安全の確認を行います。

ガスの場合は、連絡の不備があると引越し後すぐにガスを使うことができないということもあり得ます。引越し日が決まったら、できるだけ早く連絡しておくことをオススメします。

繁忙期は余裕を持った連絡を!

ガスの使用を開始するときは、必ずガス会社の担当者の立ち合いが必要になります。

引越しの繁忙期である3~4月は、ガス会社の予約が早くに埋まってしまう可能性があります。連絡がギリギリになると、ガス会社の予約を取ることができず、引越し当日にガスの利用ができない!ということも起こってしまうかもしれません。なるべく早めに連絡しておくようにしましょう。

都市ガス・プロパンガスで、使用できるガス機器が異なる

都市部から地方、もしくは地方から都市部へと引越しをすると、今まで使用していたガスの種類と異なる場合があります。使用できるガス機器は、都市ガス・プロパンガスによって違うので、そのままでは使用することができません。引越し先で現在のガス機器の使用を続けたい場合は、ガス機器をメーカーまたは現在の住まいで利用しているガス会社に依頼し、実費負担で改造することになります。

都市ガス・LPガス会社の切り替えもできる……!?引越しを機に、ガス会社の見直しをしてみませんか?

2017年4月からスタートしたガスの自由化によって、電力会社と同様に、都市ガス会社も自由に選べるようになりました。また、LPガス会社も自由に選ぶことができるんですよ。引越しをして生活が落ち着いたら、ガス会社を見直してガス代をオトクに節約してみませんか?

都市ガス会社を比較してみる

「ガスの会社なんて、どこを選んでも同じじゃないの?」と思ってしまうかもしれませんが、今のガス料金よりも割安なプランだけではなく、ポイントがたまる、電気などとセット契約で割引がつくなど、料金メニューも多様化しています。

例えば、東京ガスの都市ガスエリアでは、レモンガス・ニチガス・東京電力エナジーパートナーなど、選べる都市ガス会社がたくさんあるんですよ!

レモンガス「わくわくプラン」

レモンガス株式会社は、神奈川県平塚市に本社を置く、首都圏・静岡を中心にLPガスを販売しているガス会社です。2017年4月からスタートしたガス自由化で、都市ガスの販売を開始しました。都市ガス料金のプラン名は「わくわくプラン」といい、東京電力エナジーパートナーから調達したガスを、東京ガスの都市ガス供給エリア内(東京・神奈川・埼玉の一部地域)に提供しています。

東京ガスの一般料金(東京地区等)と比較すると、基本料金は20㎥まで同額、20㎥をこえて利用すると割安になります。基準単位料金は、東京ガスよりも5%割安の設定されているため、都市ガスをレモンガスに切り替えるだけでおトクにガスを利用することができそうです。

日本瓦斯株式会社(ニチガス)「プレミアム5+プラン」

日本瓦斯株式会社(ニチガス)は東京都渋谷区に本社を置く、LPガスをメインに供給しているガス会社です。ガス自由化によって、「プレミアム5+プラン」という名の都市ガス料金プランが登場しました。キャラクターはTVCMでおなじみ「ニチガス・ニ・スルーノ三世」です。

都市ガスの供給エリアは、東京ガス(東京地区等)エリア、東部ガスエリア、鷲宮ガスエリア、栃木ガスエリア、野田ガスエリア、武陽ガスエリア、角栄ガス(佐倉地区)エリア、館林ガスエリア、昭島ガスエリア、秦野ガスエリア、厚木ガスエリア、大東ガスエリア、武州ガスエリア、伊奈都市ガスエリアとなっています。

ニチガスのガス料金プランは、基準単価料金が東京ガス(東京地区等)の一般料金よりも5%程度割安になり、さまざまな特典が付きます。

東京電力エナジーパートナー「とくとくガスプラン」

東京電力エナジーパートナーも、「とくとくガスプラン」というガス料金プランを用意しています。こちらのプランは、東京ガスの一般料金よりも3%安い単価設定がされ、東京電力エナジーパートナーのでんきとガスをセットで契約すると適用される「ガスセット割」の用意もあります。この「ガスセット割」は、毎月の電気代から100円割引(年間1,200円割引)となっています。

供給エリアは、東京都、神奈川県、栃木県、群馬県、茨城県、埼玉県、千葉県の東京ガス供給エリアです。

でんきとセットで使うとおトクに!ガスセット割引のあるプラン

契約しているガス会社からでんきを買うと、割引が適用される電気料金プランもあります。

ガスセット割引がある電気料金プランは、東京電力エリア、中部電力エリア、関西電力エリア、九州電力エリアの4エリアの地域で選ぶことができます。

引越しをする際にまとめて申し込みをして、おトクにでんきとガスを使うのもよいかもしれませんね。

引越し先でガスが使えなくならないように、早めにガスの引越し手続きを開始しましょう

ガスの引越し手続きについて、説明してきました。ガスの引越し手続きは、でんきや水道の手続きとは異なり、使用停止・使用開始の場合に立ち会いが必要になる場合があります。余裕をもった日程で、現在の住まいと引越し先を管轄しているガス会社に連絡をするようにしましょう。

エネチェンジでは、あなたに最適な都市ガスプランを比較検討できるサービスを提供しています。引越しをする際は、都市ガス会社の見直しを検討してみてくださいね。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数