1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 換気扇は電気代を気にせず24時間回しっぱなしでOK!
 

換気扇は電気代を気にせず24時間回しっぱなしでOK!

お風呂の換気扇
でんきの基本

皆さん、換気扇ってどのように使っていますか?実は、換気扇は電気代を気にせず24時間回しっぱなしにしている方が良いのです!換気扇を24時間回しっぱなしにするべき2つの理由と、換気扇の効果を高める2つの方法を紹介します。

皆さん、お風呂やキッチンの換気扇って、どのように使っていますか?

回していると結構な音がするし、電気代もかかってそうだから、つけたり消したりをしている人も多いのではないでしょうか。

でも実は、換気扇は電気代を気にせず24時間回しっぱなしにしている方が良いのです!

今回は、換気扇を24時間回しっぱなしにするべき2つの理由と、さらに換気扇の効果を高めて電気代を節約する2つの方法を紹介します。

更新日
2017年5月15日

換気扇は24時間回しっぱなしにするべき2つの理由

換気扇を24時間回しっぱなしにするべき理由は、以下の2つです。

  • 電気代は月々たったの数十円~数百円しかかからない
  • 換気扇を止めてしまうと起こりうるマイナスポイントがある

電気代は月々たったの数十円~数百円しかかからない

換気扇を24時間回した時の電気代は、新しい換気扇だと月々数十円、そうでなくてもたったの数百円です。換気扇の消費電力は蛍光灯1灯分と同じくらいの消費電力で、さまざまな家電の中でもとても小さな消費電力です。

トイレの換気扇の電気代は月々約56円
まず、トイレの換気扇ですが、消費電力は3W前後と省電力なので、1ヶ月24時間回しっぱなしにしたとしても、3W × 24時間 × 30日 = 2.16kWhとなり、1kWhを25.91円で計算すると、約56円です。
お風呂の換気扇の電気代は月々約56円~373円
つぎに、お風呂の換気扇ですが、消費電力は20W前後なので、1ヶ月24時間回しっぱなしにしたとしても、20W × 24時間 × 30日 = 14.4kWhとなり、1kWhを25.91円で計算すると、約373円です。24時間換気モードを備えている最近の換気扇だと、消費電力は2~3Wのものもあるので、約56円の電気代ですむものもあります。
キッチン・台所の換気扇の電気代は月々約93~560円
キッチン・台所の換気扇は、レンジフードファンといわれる比較的消費電力が大きいものになりますが、弱運転だと消費電力は30W程度なので、30W × 24時間 × 30日 = 21.6kWhとなり、1kWhを25.91円で計算すると、約560円です。常時換気モードを備えている最近の換気扇だと、消費電力は3~5Wのものもあるので、約93円の電気代ですむものもあります。

このように、換気扇の電気代はとても小さな額ですが、その他の家電の電気代も合わせた家庭全体の電気代は、家計の出費の多くを占めるものになります。「電気代を見直したい!」という方は、エネチェンジ電力比較を利用して、あなたにぴったりの電力会社を選んでみてください。

換気扇を止めてしまうと起こりうるマイナスポイントがある

一方で、電気代を気にするあまり、換気扇を止めてしまうと起こりうるマイナスポイントは以下のものが考えられます。

においの充満
トイレやキッチンの換気扇を止めてしまうと、イヤなにおいが充満してしまいます。
結露・カビの発生
お風呂の換気扇を止めてしまうと、結露・カビが発生しやすい環境ができてしまいます。
花粉、黄砂、PM2.5、シックハウスの発生
キッチンの換気扇は部屋全体の換気につながりますが、これを止めてしまうと様々な空気汚染を引き起こす可能性があります。
家の寿命が短くなる
タバコのにおいがこびりついたり、見えないところに結露・カビが発生すると、家の寿命を縮めることにつながります。

月々たったの数百円で、これらのことが予防できるなら、換気扇は電気代を気にせず24時間回しっぱなしにしたほうが良いと思いませんか?

さらに換気扇の効果を高めるための2つの方法

換気扇は24時間回しっぱなしにしたほうが良いということがわかったところで、換気扇の効果をさらに高めるための2つの方法をご紹介します。

  • 定期的に掃除をする
  • 換気扇を回すスペースを密室にする

定期的に掃除をする

換気扇は定期的に掃除をしましょう。

フィルターの掃除は月1回程度本体を取り外しての本格的な掃除は年に1回程度行うことをおすすめします。

換気扇の詳しい掃除方法については、こちらのサイトで詳しく紹介されているので、参考にしてみてください。

換気扇を回すスペースを密室にする

特にお風呂の換気扇に言えることですが、換気扇を回すスペースはできるだけ密室にしましょう。

換気扇を回すスペースを密室にすることで、換気扇とお風呂に1つの空気の通り道ができ、効果的に換気を行うことが出来ます。

窓があるタイプのお風呂をお使いの方は、換気扇を回すときは窓を閉めて換気を行いましょう。

電気代よりもメリットの方が大きい!換気扇は24時間回しっぱなしにしよう!

換気扇を24時間回しっぱなしにしても、月々の電気代は数十円から数百円にしかなりません。一方で、電気代を気にするあまり、換気扇を止めてしまうと、結露・カビやさまざまな空気汚染を引き起こす可能性も。繰り返しになりますが、ちょっとの電気代は気にせず、換気扇は24時間回しっぱなしにすることをおすすめします。

それでも電気代が気になる人は電気料金プランを見なおして節約

換気扇にはほとんど電気代がかからないことがわかりましたが、エアコンや浴室乾燥機などを使う季節は電気代が高くなってしまいますよね。電気代で悩んでいる人は、お使いの電気料金プランを変えるのも節約方法のひとつです。同じ使い方でも電気代が安くなるなら、嬉しいですよね。

ご家庭の電気の使い方に見合った電気料金プランを選ぶと、無駄な電気代がかからずに電気代を節約できるんですよ。エネチェンジ電気料金比較で一番お得に使えるプランを探してみましょう!

エネチェンジ診断で電気料金を比較・節約!

お住まいの郵便番号を入力して、電気料金を今すぐ比較!

-
郵便番号がわからない