1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. エアコン暖房は弱運転より自動運転のほうが電気代はかからない!
 

エアコン暖房は弱運転より自動運転のほうが電気代はかからない!

air conditioner preset temperature
電気代の節約、節電テクニック

エアコンを使用する時に電気代を気にして運転モードを弱運転にして、節電したつもりになっていませんか?実は弱運転だと逆に電気代が多くかかってしまうのです。夏も冬も、冷房も暖房も、エアコンの電気代を節約するために知っておきたいエアコンの設定方法をご紹介します。

みなさんは、エアコンを使用する時に電気代を気にして運転モードを弱運転にしていませんか?実は弱運転にすると逆に電気代が多くかかってしまっていたんです。夏も冬も、エアコンは自動運転が節電になる理由をご説明します。
この記事では、暖房の電気代を節約するために知っておきたいエアコンの運転方法をご紹介しています。

記事を読み進める前に…
電力会社を変えると、電気代が平均18000円安くなります
エアコンは使いたい、でも電気代もできるだけ安くすませたい……そんな人たちが今やっているのが電力会社の見直しです。自分の生活スタイルにあった電気料金プランに変更するだけで、同じ使い方をしていても電気代が安くなります。さぁ、アナタも電力会社を探してみて!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-

エアコンの暖房は自動運転を利用して一気に温度を上げてしまうのが効率的

air-conditioner-saving-16
エアコンは暖房時のほうが冷房時よりも電気代が多くかかります。そのため、冬に暖房運転で使う方は電気代を気にしてはじめから運転モードを弱運転に設定してしまっている方もいるでしょう。
でも、暖房の自動運転モードで一気に室温を設定温度まで上げてしまったほうが電気代がかからないんですよ。

なぜエアコンは自動運転が一番電気代がかからないの?

エアコンの暖房は、私たちが設定した温度まで室内温度を上げる間がいちばん電気を使います。そして、設定温度になってしまってからは電気代はあまりかかりません。

自動運転機能は、室温が設定温度になるまでは強風運転、その後は微風運転、と一番電気代が抑えられる効率が良い運転を行ってくれるため、自動運転が一番電気代をかけない効率的な運転方法ということなんです。

特に暖房運転を活用する冬は、外気温と設定温度の気温差が夏よりも大きいため、いかに短時間で設定温度まで上げてしまうことができるかで電気代は大きく変わってきます。

こまめなスイッチのオン・オフは逆効果

エアコンで暖房を使う際、部屋が暖かくなったらスイッチを切り、また寒くなったらスイッチを入れる、といったようにこまめなスイッチのオン・オフを繰り返してしまうと、逆に電気代が高くなってしまいます。

上記に述べたように、エアコンは設定温度まで室温を上げるまでが一番電気代がかかるので、こまめにスイッチを入れたり切ったりせずに、一度室温を上げたそのままの温度を自動運転で保っているほうが電気代を節約できます。

ご家庭でできる冬の電気代節約方法はこんなにたくさん!

上記でご紹介したエアコンの運転方法以外にも、ご家庭で工夫することができる暖房時の電気代節約方法はたくさんあります。それらを組み合わせることで、夏よりも電気代がかかる冬の暖房の電気代を大きく節約することができます。

冬が来る前の今のうちから、冬の電気代を節約するための準備をしていきましょう。

窓の暖房で冷気をシャットアウト!

カーテンで冬のエアコン代を節約

窓はガラス一枚で薄いため、せっかく暖めた室内の熱を外に逃がしてしまいます。

そこで、窓の断熱を工夫することで室内の熱を外へ逃がさず、暖房による電気代を節約できます。冬に向けて窓の断熱の準備をしましょう。

エアコン暖房と扇風機・サーキュレーターを一緒に利用することで電気代を節約

扇風機で冬のエアコン代を節約

エアコン暖房とともに、扇風機やサーキュレーターを一緒に併用することで電気代を抑えることができます。

室内の暖かい空気は上のほうに溜まります。そのため、扇風機やサーキュレーターを上に向けて回し、空気を循環させてあげると、温かい空気が下まで降りてきます。

こまめにフィルター掃除をしよう!

air2.

エアコンのフィルターが詰まってしまうと性能が落ちてしまい、余計な電気代がかかるようになってしまいます。2週間に1度はフィルターのお手入れをしましょう。

室外機周りもチェックしましょう

室外機周りに物を置いてしまうと、暖房の効率が落ちてしまいます。また、雪が多い地域では、雪が室外機周りに積もってしまったり、室外機に雪が吸い込まれてしまい効率が落ちてしまわないよう、雪対策もしていきましょう(防雪フード・防雪ネットなども市販されています)。
室外機まわりのかたづけが冷房効率を高める

エアコン暖房の電気代を上手に節約して冬を乗り切りましょう!

冬の暖房にエアコンを使用するご家庭は、エアコンの自動運転機能と、ご家庭でできる窓断熱などの環境面の節約方法を上手に取り入れて、電気代がかかる冬を乗り切っていきましょう。

冬に向けて電気料金プランの見直しもしておきましょう

plan-saving-26
上記でご説明したようなエアコンの電気代節約方法を取り入れていきながら、もっとたくさんの電気代を効率的に節約できる方法が、電気料金プランの見直しなんです。数ある電気料金プランの中からご家庭に一番最適なプランを選ぶだけで、なんと年間15,000円以上もの電気代節約効果が期待できるんですよ!

電気代が多くかかる冬は、ご家庭に見合った電気料金プランをきちんと選べているかどうかで節約できる電気代は大きく変わってきます。冬になる前に一度、ご家庭で契約されている電気料金プランの見直しをしてみましょう。

エネチェンジ診断で電気料金を比較・節約!

お住まいの郵便番号を入力して、電気料金を今すぐ比較!

-
郵便番号がわからない