1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. エアコン冷房・暖房は弱運転より自動運転のほうが電気代はかからない!
 

エアコン冷房・暖房は弱運転より自動運転のほうが電気代はかからない!

air conditioner preset temperature
電気代の節約、節電テクニック

エアコンを使用する時に電気代を気にして運転モードを弱運転にして、節電したつもりになっていませんか?実は弱運転だと逆に電気代が多くかかってしまうのです。夏も冬も、冷房も暖房も、エアコンの電気代を節約するために知っておきたいエアコンの設定方法をご紹介します。

みなさんは、エアコンを使用する時に電気代を気にして運転モードを弱運転にしていませんか?実は弱運転にすると逆に電気代が多くかかってしまっていたんです。夏も冬も、エアコンは自動運転が節電になる理由をご説明します。

更新日
2017年6月13日
記事を読み進める前に…
電力会社を変えると、電気代が平均18000円安くなります
エアコンは使いたい、でも電気代もできるだけ安くすませたい……そんな人たちが今やっているのが電力会社の見直しです。自分の生活スタイルにあった電気料金プランに変更するだけで、同じ使い方をしていても電気代が安くなります。さぁ、アナタも電力会社を探してみて!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-

エアコンは自動運転を利用して一気に設定温度まで室温を上げて/下げてしまうのが効率的

air-conditioner-saving-16
エアコンを使うときは、初めから弱運転で運転するよりも、自動運転で一気に室温を設定温度にしてしまったほうが電気代がかからないんですよ。
電気代を気にして、初めから弱運転でエアコンを運転している人がいたら、これからは自動運転で運転しましょう。

なぜエアコンは自動運転が一番電気代がかからないの?

エアコンは、室内温度を設定温度までにするまでがいちばん電気を使うため、電気代がかかるんです。そして、設定温度になってしまってからは電気代はあまりかかりません。

エアコンの自動運転機能は、室温が設定温度になるまでは強風運転、その後は微風運転、といちばん電気代が抑えられる効率が良い運転を行ってくれるため、いちばん電気代をかけない効率的な運転方法ということなんです。

こまめなスイッチのオン・オフは逆効果

エアコンを使う際、室温が適温になったらスイッチを切り、また寒く/暑くなったらスイッチを入れる、といったようにこまめなスイッチのオン・オフを繰り返してしまうと、逆に電気代が高くなってしまいます。

上記に述べたように、エアコンは室温を設定温度にするまでが一番電気代がかかるので、こまめにスイッチを入れたり切ったりせずに、一度適温になったそのままの温度を自動運転で保っているほうが電気代を節約できます。

今すぐできる、エアコンの電気代節約方法4つ!

上記でご紹介したエアコンの運転方法以外にも、ご家庭で工夫することができるエアコンの電気代節約方法があります。今すぐできる簡単な方法なので、試してみましょう!

1)窓の断熱をしよう!

窓はガラス一枚で薄いため、夏は外の熱を取り込み、冬は室内の熱を逃してしまいます。断熱シートなどで窓を断熱すると、窓からの熱の出入りを防ぐことができるので、夏も冬もエアコンの電気代を無駄なく節約できます。
窓の断熱方法
  • 窓用の断熱シートを貼る
  • 遮光・遮熱カーテンに掛け替える
  • 夏はサンシェードも効果的◎

2)エアコン暖房と扇風機・サーキュレーターを併用しよう!

エアコンを運転するときは、扇風機やサーキュレーターを一緒に併用することで電気代を抑えることができます。
暖かい空気は上の方に、冷たい空気は下の方に溜まるので、扇風機やサーキュレーターで空気を循環すると、無駄に設定温度を上げ下げする必要がなくなり、電気代の節約につながるんです◎

エアコン冷房時、暖房時のエアコンの風向きと扇風機・サーキュレーターの風向きは以下のように設定しましょう。

エアコン冷房時
エアコンの風向き
水平に設定
サーキュレーター
天井に向けてまわす
エアコン暖房時
エアコンの風向き
下向きに設定
サーキュレーター
天井に向けてまわす

3)こまめにフィルター掃除をしよう!

air2.
エアコンのフィルターが詰まってしまうと性能が落ちてしまい、余計な電気代がかかるようになってしまいます。2週間に1度はフィルターのお手入れをしましょう。

4)室外機周りもチェックしましょう

室外機周りに物を置いてしまうと、エアコンの効率が落ちてしまいます。室外機周りも、草刈りなどをして風通しを良くしましょう。冬に雪が多い地域では、雪が室外機周りに積もってしまったり、室外機に雪が吸い込まれてしまい効率が落ちてしまわないよう、雪対策もしましょう(防雪フード・防雪ネットなども市販されています)。
室外機まわりのかたづけが冷房効率を高める

エアコンの電気代が節約できる運転方法まとめ

エアコンの電気代が節約できる運転方法と、エアコンの節約ポイントを4つご紹介しました。エアコンを使う夏、冬は電気代も多くかかってしまいます。ご紹介した方法を取り入れて、無駄な電気代をなくして節約していきましょう。

電力会社のプランの見直しも忘れないで!

plan-saving-26
上記でご説明したようなエアコンの電気代節約方法を取り入れていきながら、もっとたくさんの電気代を効率的に節約できる方法が、電力会社のプランの見直しなんです。アナタの生活スタイルに見合った電力会社のプランへ変えるだけで、なんと年間18,000円もの電気代節約効果が期待できるんですよ!

まだ電力会社のプランを見直したことがない人は、この機会に見直しておきましょう。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数