エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
夏のしろくまギフトキャンペーン2019
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 寒い夜でも暖房の電気代を節約しながら暖かく過ごす5つの方法
 

寒い夜でも暖房の電気代を節約しながら暖かく過ごす5つの方法

寒い夜でも暖房の電気代を節約しながら暖かく過ごす5つの方法
電気代の節約、節電テクニック

冬の寒さがいちばん辛いのは夜!家族が家に戻る夜は、いちばん快適に過ごしたい時間帯でもあります。夜の暖房にかかる電気代をなるべく節約しながら暖かく快適に過ごしていくにはどうすればよいでしょうか?その方法をご紹介します。

冬は暖房に電気代が多くかかりますが、その中でも夜は最も暖房に電気を使います。
寒い夜の暖房にかかる電気代を節約しながら暖かく過ごしていくにはどうすればよいでしょうか?5つの方法をご紹介します。

1.夜の電気代が安いプランに変えよう

winter night

電気料金プランには、夜安い単価で電気を使えるプランが数多くあります。

夜の電気を安く使えると聞くと、夜に蓄熱をしたりお湯を沸かしたりするオール電化向けの料金プランなんじゃないの?と思う方もいるかもしれません。

しかし今は、オール電化ではない普通の住宅が利用できるプランにも、夜の電気を安く使える料金プランはたくさんあります。
夜の電気料金単価が安いプランに変えた場合、夜に使う分の電気代をとても安くおさえることが可能になるので、夜にたくさん暖房を使っても今より暖房にかかる電気代を安くすることができます。

電気代を安くできるプランの選び方って?

plan-saving-31
電気料金プランを選ぶ際は、年間を通して日中どの時間帯に一番電気を使うか、ということを考慮しながらプラン選びをする必要があります。

数ある電気料金プランの中からご家庭の生活スタイルに見合ったプランを選ぶことは初めは難しいと思います、そんな際は、エネチェンジ電力比較(無料)で簡単にご家庭に最適なプランをシミュレーションすることができ、プランを選ぶ際やご検討される際に便利です。
スマートフォンからも簡単に診断できますのでぜひご利用ください。

使う暖房量を少なくする工夫をしよう

夜の電気を安く使えるプランを利用しながら、使う暖房の量を少なくする工夫をすることでさらに電気代を節約できます。使う暖房の量を少なくする工夫は以下のような方法があります。

2.湯たんぽや電気毛布など省エネの暖房器具で布団の中を暖める

電気毛布の電気代ってどれくらい?節電方法は?

夜の就寝の際は、布団の中を暖めることで室内の気温が低くても快適に就寝することができます。
湯たんぽなど電気を使わない暖房器具で布団の中を暖めたり、就寝前に電気毛布で布団の中を暖めておくことで室内を暖めなくとも快適に就寝できます。

3.実は省エネなこたつを取り入れる

こたつの電気代は意外と安い

こたつは、こたつ内の限られた空間だけを暖める暖房器具なので、室内全体を暖める暖房器具よりずっと省エネです。
こたつにあたることで、手足が暖まり体感温度があがります。そうすることで、室内全体を暖めているエアコンなどの暖房器具の設定温度を下げることができます。

4.あたたかいインナーなどで体感温度を上げる

あたたかいインナーで冬の電気代をエコに節約

あたたかいインナーを着たり、レッグウォーマーなどで足首や手首をあたためることで体感温度が上がります。
体感温度が上がると室内をあたためている暖房器具の設定温度を下げても快適に過ごすことができます。

5.窓の断熱で冷気をシャットアウト

カーテンで冬のエアコン代を節約

窓の断熱をしっかりすることで外からの冷気シャットアウトし、さらに室内の暖かい空気を外へ逃がすのを防げます。その分余計な暖房費をかけることなく、節約できます。

ご家庭の電気料金プランをみなおし、暖房の無駄をなくす工夫で冬の夜の電気代を上手に節約しましょう

寒い夜でも暖房の電気代を節約しながら暖かく過ごす5つの方法をご紹介しました。

  1. 夜の電気代が安いプランに変える
  2. 湯たんぽや電気毛布など省エネの暖房器具で布団の中を暖める
  3. 実は省エネなこたつを取り入れる
  4. あたたかいインナーなどで体感温度を上げる
  5. 窓の断熱で冷気をシャットアウトする

2〜3を試すとともに、しばらく電気料金プランを見直していない方は、電力会社のプラン見直しもしてみましょう。電気料金プランをご家庭に見合ったものへ見直すだけで、電気代を大きく節約できる場合があります。さらに、そのプランが夜間の電気の単価が安いプランの場合は、冬の夜の暖房にかかる電気代を今よりも安くすることができます。

最適な電気料金プランへ見直し、そして、使う暖房量を少なくする工夫で暖房の無駄をなくしていきましょう。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。