エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
夏のしろくまギフトキャンペーン2019
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 800W家電の電気代ってどのくらい?
 

800W家電の電気代ってどのくらい?

でんきの基本

800W家電の電気代は1時間で約22円になります。例えば、ハロゲンヒーター800Wの電気代は1時間で約22円です。このように、ハロゲンヒーターをはじめとして、800Wの家電にはどのようなものがあるのか、それぞれの電気代、上手な使い方をご紹介していきます。

さて、今回は消費電力が800W(ワット)のものに注目し、800W家電の電気代をみていきます。例えば、800Wの電気ストーブを1時間使うと電気代はいくらになるのでしょうか?このような身近な疑問が解決できるような情報をご紹介!

800Wの家電の電気代を計算してみましょう!

それでは800Wの家電にはどのようなものがあるか見ていきつつ、それぞれの電気代がどのくらいになるのか計算していきます。

800Wの家電ってどんなものがある??

800Wの家電には、このようなものがあります。

  • ハロゲンヒーター
  • 洗濯機(乾燥)
  • コーヒーメーカー
  • 電気ストーブ

洗濯機は、洗濯の場合と、乾燥の場合で消費電力は変わります。特に乾燥時の消費電力は、800Wと大きいので、注意しましょう。また、コーヒーメーカも1カップ用から1L用のものまで、色々種類があります。詳しくは、カタログで見てみましょう。

ハロゲンヒーターを1時間使った場合

それではハロゲンヒーターを1時間使った場合の電気代を計算してみます。

imasia_10122496_M
ハロゲンヒーター
ハロゲンヒーターは800Wの消費電力で1時間使うものとし、電気料金を27円/kWh (平成26年4月公益社団法人 全国家庭電気製品公正取引協議会 新電力料金目安単価(税込))で計算します。そうすると

  • 800(W)÷1000(kWh)×27(円)=21.6(円)

となります。つまり、ハロゲンヒーター500Wを1時間使うと電気代は21.6円になります。このままだと高いのか安いのかよくわかりません。そこで、1日1時間として1か月で計算すると648円になります。1か月で650円もかかると思うと、高く感じますね。

洗濯機(乾燥)を毎日90分、1か月使った場合

ここでは、パナソニックの洗濯機を例にとります。カタログの情報から、乾燥に約90分かかり消費電力は800Wの洗濯機を想定して計算します。

洗濯機
ドラム型の洗濯機
毎日90分で、1か月なので、1か月あたり45時間使うことになります。つまり、

  • 800(W)÷1000(k)×45(時間)×27(円)=972円

となるので、洗濯機の乾燥機能を毎日90分、1か月使うと972円になることが分かりました。1か月で1,000円近くになると考えると高いですね。できる限り乾燥機能は使わない方がいいでしょう。

出典:Panasonic 洗濯機総合カタログ

コーヒーメーカーを1日5分、1年間使った場合

最後にコーヒーメーカー800Wを1年間使った時の電気代を計算してみます。

コーヒーメーカー
コーヒーメーカー
1日5分で1年間使うと、1年間でコーヒーメーカーを約30時間使うことになります。つまり、

  • 800(W)÷1000(k)×30(時間)×27(円)=648円

となり、コーヒーメーカーを1年間使うと、電気代は約648円になることが分かりました。1年間で缶コーヒー6杯分の電気代しか消費しないと思うと、コーヒーメーカーはお得な商品だと思えますね。

800W家電の電気代節約術って?

それでは次に、洗濯機とハロゲンヒーターに焦点を絞って、電気代節約術をご紹介していきます。

洗濯機

ここでは洗濯機の節約術を3つ紹介します。

まず、洗濯機に重いものから順番に入れましょう。洗濯機は回転して洗濯、脱水を行うので、上に重いものがあると、回転数が少なくなり、洗濯、脱水の効率が悪くなってしまいます。4人家族の場合、一旦カゴに洗濯物を入れておき、重いものから順番に入れていくといいのではないでしょうか。

次に、洗濯機には8割くらいの洗濯物を入れるようにしましょう。たくさん洗濯物を入れれば洗濯する回数が減ると思う方もいるかもしれません。しかし、詰めすぎると回りにくくなり、結局ほとんど洗濯できていないことになります。もちろん、洗濯物が少なすぎると効率が悪いので、8割を目安に入れましょう。

最後に、シーツやじゅうたんなどの大きいものを洗う時は、お風呂の浴槽で洗うようにしましょう。お風呂に入り、その残り湯に洗剤を加え、もみ洗いをすることで、洗濯機を稼働させる1回分の電気代、水道代をおさえることができます。

ハロゲンヒーター

ハロゲンヒーターの電気代をおさえる方法、それはこまめに電源を切ることです。そもそも、ハロゲンヒーターという暖房器具は、特定の場所を暖めるのに適した暖房器具です。例えば1人暮らしの方の場合、お風呂に入っている間は、ハロゲンヒーターのスイッチを切りましょう。ハロゲンヒーターの消費電力は大きく、短時間ですぐ暖まります。

800W家電の電気代まとめ

それでは最後に、今まで計算してきた800W家電の電気代をまとめて振り返ってみます。

800Wのハロゲンヒーターを1時間使った場合
電気代は約22円。(1か月だと約648円)
800Wの洗濯機(乾燥)を1日90分、1か月使った場合
電気代は約972円。
800Wのコーヒーメーカーを1日5分、1年間使った場合
電気代は約648円。

まとめてみると、コーヒーメーカーの1年分の電気代よりも洗濯機の乾燥にかかる電気代は高くなることが分かりますね。上手に洗濯機を使い、800W家電の電気代をおさえられるようにしましょうね!!

100万世帯以上が切り替えています
電力会社を変えると電気代が平均18,000円安く!
電気代の節約には、電力会社・電気料金プランの見直しが欠かせません。自分のライフスタイルにあったプランに切り替えるだけで、電気代が安くなるんです。手続きも簡単!さっそく、アナタの住んでいる地域の電力会社をチェック。
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
記事を読み進める前に…
電力会社を変えると、電気代が平均
18,000円安くなります。
郵便番号を入力して、比較してみよう!
-
エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。