エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
夏のしろくまギフトキャンペーン2019
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 今、東北エリアでLooopでんき・ビジネスプランが選ばれる理由
 

今、東北エリアでLooopでんき・ビジネスプランが選ばれる理由

電力自由化

Looopでんきの基本料金0円というシンプルな電気料金プランは、電力自由化で注目を集めています。そして9月9日より、東北エリアでの電力販売を開始。安さで話題になりがちですが、Looopでんきの魅力はそれだけではありません。今回はLooopでんきの魅力やビジネスプランの特徴を担当者さんにインタビューしてきました。

Looopでんきが、2016年9月9日より東北エリアでの電力販売を開始しました。今回はLooopでんきの東北・ビジネスプランをご紹介。基本料金ゼロ円に込められた想いや、Looopでんきの目指す世界などをLooop執行役員兼電力事業本部長・小嶋祐輔さんにインタビューしてきました。

東日本大震災のボランティアが創業のきかっけ

looop-ad-01
東北でのボランティアの写真/右端がLooop中村社長
太陽光発電事業をビジネスの基盤とし、2016年4月からは電力自由化に参入、『Looopでんき』というブランドで家庭向けの電気を売りは始めたLooop社。実は創業のきっかけとなったのが、2011年3月11日に起きた東日本大震災でした。代表取締役社長・中村氏が東北の被災地に太陽光発電システムをボランティアで設置、そのときに自然エネルギーの強さを目の当たりにし感銘を受けた…というのがLooop社の出発地点。いよいよその東北エリアで販売開始ということで、中村社長はじめ会社としても思い入れがあるのだとか。

Looopでんきは基本料金0円、その背景には省エネへの想い

Looopでんきは、基本料金0円・従量料金もエリアごとに一律という非常にシンプルでわかりやすい電気料金プランを出しています。さらに、エネチェンジ電力比較では電気代節約額の上位に表示されることが多く、シンプルさもさることながら、電気代の節約という点でも存在感を発揮していますよ。そもそもなぜ、この形になったのでしょう?

「電気を使う」ということを意識してほしい

実はこの電気料金プランには、「電気に関心をもってほしい」という想いが込められているんです。

  1. kojima-san
    Looop・小嶋さん

    電気には希少価値があるわけではないので、そもそもみなさんの関心は低いですよね。震災直後は電気に対する価値観や認識も高まっていたのですが、時間が経つとともにその意識が薄れてきています。基本料金をなくし「使った分だけ電気代を支払う」シンプルな電気料金プランを打ち出すことで、今一度「電気を使う」ことや「電気」そのものへの意識喚起を行っていただければと考えています。

確かにLooopでんきのプランにすると、自分の電気の使い方がダイレクトに電気代に反映されるようになります。電気使用量をゼロにするのは実際には難しいですが、節電や省エネの努力をすることで限りなく0円に近づけられるわけです。使わなければ0円という明確な数値が示されると、どこまで節電・省エネできるかチェレンジしてみたくなりますね!

バックヤードの需給管理システムに自信あり

専門的な話題になりますが、Looopでんきがこの価格で電気を販売できている裏には、精度の高い需給管理システムの存在が欠かせません。
電気を売ると一言でいっても、作って売るという単純なものではありません。電気は貯めておくことができないので、多すぎても少なすぎてもNG。毎日、時間帯ごとに必要な電力量(需要)を予測し、発電や購入によって、必要な量を確保する必要があります。
Looopでんきは、この電気の量を計算する需給管理システムを社内で独自開発しました。しかもかなり精度の高い予測が可能なのです。

  1. kojima-san
    Looop・小嶋さん

    高精度の需給管理システムがあるからこそ、ムダな調達をせずに安定供給ができるんです。外食サービスで考えるとイメージしやすいですが、食材のロスが多いと、それだけお金もでていきますよね?

  2. 荒木
    荒木

    そうですね。食材のロスは、お金の無駄使いというイメージです。

  3. kojima-san
    Looop・小嶋さん

    電気も同じでロスが多いのはダメなんです。そして電気の場合、鍵となるのが予測の正確性です。Looopでんきの需給管理システムにある、全国3,000箇所の太陽光発電所の発電予測は特許を取得しています。電気を販売するうえでの「頭脳」がしっかりしているから、「適正な価格」で電気をお届けできているんです。

なるほど。頭脳がしっかりしているというのは、わかりやすいですね。

安いだけ?いいえ、Looopでんきは自然派でもあります

電力自由化では「電気代を安く」というフレーズが飛び交っています。Looopでんきも実際比較をしてみると安いので、それを全面に伝えたくなりますが……実は、自然派という別の魅力があるんです。

自然エネルギーの最大普及を!いつかはエネルギーフリーに

Looopでんきの電源構成には、水力やFIT電気といった再生可能エネルギーも含まれています。Looop自体が太陽光発電ビジネスを基盤にしていることもあり、「自然エネルギーの最大普及」は会社のフィロソフィーなんですね。さらにすごいのは、「エネルギーフリー」を目指すという姿勢なのですが……

  1. kojima-san
    Looop・小嶋さん

    日本のエネルギー自給率を高めるには太陽光・水力・地熱しかないと考えています。今の日本は石油の輸入に頼っていますが、極端な話、船が来なくなったら発電できない……では困る。だからこそ、自然エネルギーを最大普及させて、自給率を上げていきたいんです。そうすることで『エネルギーフリー』に少しでも近づけていきたいと思っています。

  2. 荒木
    荒木

    「エネルギーフリー」というのは?

  3. kojima-san
    Looop・小嶋さん

    『エネルギーフリー』は電気料金0円・ガス料金0円ということです。事業性などは別として、『エネルギーフリー』の世の中をつくりたいという夢を掲げています。

  4. 荒木
    荒木

    電気代もガス代も0円とは画期的ですね!それはぜひ実現してほしいです。

私たちのような消費者向けでは、まだ自然エネルギーや再生可能エネルギー、FIT電気を積極的に選ぶという動きは活発になっていませんが、工場やオフィスビル等の法人向け電力市場では、こうした自然エネルギーへの姿勢やCO2排出係数の低さなどを理由にLooopでんきを選ぶ…という事例もあるそうです。

電気代の節約にもなるし、自然派でもあるLooopでんき。気になる東北エリアのビジネスプランの詳細は……?

Looopでんき・ビジネスプラン(東北)

Looopでんき
項目金額
基本料金0円
従量料金27円/1kWh

ビジネスプランは、東北電力・従量電灯Cに契約している人向けのプランです。基本料金はなし、従量料金は東北電力の2段階料金と3段階料金の間に設定されていますね。

例えば、青森県在住、15kVA契約、8月の電気使用量が395kWhだったとしましょう。エネチェンジで診断をしてみると……

enechange-result
エネチェンジ電力比較・診断結果

なんと!4万円以上も安くなるんですね。これはすごい!そもそも、従量電灯Cの基本料金は1kVAあたり324円(2016年9月現在)。15kVA契約であれば、毎月4,860円を基本料金として払っていることになります。これが0円になるのはメリットとして大きい!
従量電灯Cを契約しているご家庭、もしくは事務所や商店さんは、年間の電気代でかなりの金額を払っていますよね。そこから考えると、この電気代の節約額は大きいのではないでしょうか?

Looopでんき・ビジネスプランの素朴な疑問

かなりお得になりそうなビジネスプラン。ここで、すでに電気の供給をしている関東・関西・中部で多く寄せられているお客様からの質問をご紹介します。アナタが抱いた疑問も解消されるかも。

  1. 荒木
    荒木

    基本料金0円って嬉しいのですが、安すぎて不安です。大丈夫でしょうか?

  2. kojima-san
    Looop・小嶋さん

    みなさん疑問にもたれると思うのですが、事業の採算性はきちんとあるので大丈夫です。また、資金面を気にする人もいらっしゃいますが、Looopのビジネス基盤は太陽光発電事業です。5年間太陽光で培った実績があるのでご安心ください。

  3. 荒木
    荒木

    ビジネスプランは個人宅でも申し込めますか?

  4. kojima-san
    Looop・小嶋さん

    現在の契約が東北電力の従量電灯C、もしくは従量電灯C相当のプランであれば申し込めます。実際に大きなお家に住んでいる方や、ご自宅にエレベーターがついている方、電気使用量の多い方などで、地域電力の従量電灯Cと契約している個人のお客様からも多くお申し込みいただいています。もちろん、事務所や商店などの法人のお客様もお申し込みいただけますから、kVA契約のみなさんには、個人・法人問わずご検討いただきたいです。

  5. 荒木
    荒木

    Looopでんき・ビジネスプランに切り替えることのメリットはありますか?

  6. kojima-san
    Looop・小嶋さん

    「おうちプラン」も「ビジネスプラン」もですが、やはり基本料金がないことですね。従量料金だけなので使った分だけ支払うことになりますから、切り替えたことをきっかけに電気や省エネについても少し意識をもってもらえると嬉しいです。

  7. 荒木
    荒木

    違約金などはありますか?

  8. kojima-san
    Looop・小嶋さん

    Looopでんきには違約金はありません。契約期間もありません。

  9. 荒木
    荒木

    停電とかになったときはどうなりますか?

  10. kojima-san
    Looop・小嶋さん

    停電などのトラブルは、Looopでんきではなく東北電力の送配電部門が対応します。また、新電力に切り替えたからといって、対応が後回しになるということもありませんので、ご安心ください。

  11. 荒木
    荒木

    最後にちょっとイジワルな質問なのですが……「Looopでんき」という名前を聞いたことがないから不安だという人もいます。

  12. kojima-san
    Looop・小嶋さん

    そうですよね。会社としての基盤は太陽光事業であるというお話をしましたが、電力事業についてもう少しお伝えすると4月からの約4カ月で2万件を超えるお客様から申し込みをいただき、電力供給をしています。また、家庭向け以外にもオフィスビルやホテル、工場への電力供給でも実績があるんです。もちろん、東北エリアでもオフィスビルなどへ電力供給を行っていますよ。

  13. 荒木
    荒木

    なるほど。もしかしたら、身近なオフィスビルやホテルなどがLooopでんきで動いているかもしれないということですね。そう考えると、少し安心できるし、親近感もわきます。

福島・宮城・岩手在住の人は、Looopでんきに切り替えて初月無料に!

エリア限定ではありますが、9月9日からの2週間でLooopでんきに申し込んだ人は、初月無料になるんです。1カ月分の電気代がまるっと節約できるなんて!これは見逃せません。

申し込み期間
9月9日(金)〜9月22日(木)23:59までに申し込みの方全員
条件
福島県、宮城県、岩手県に在住の方
キャンペーン内容
供給開始後、初月の電気代が無料

節約だけじゃない、自然派の「Looopでんき」ビジネスプラン

今回はLooopでんき・ビジネスプラン(東北)を中心に、Looopでんきの魅力やLooop社としての姿勢についてもお話を伺えました。「4カ月で2万件の獲得、急成長中のベンチャー企業」というと、言葉は悪いですが、イケイケの会社というイメージを抱く人もいますよね。ですが、今回のインタビューを通して感じたのはまじめさです。もちろんベンチャー企業ならではの勢いも感じましたが、話の節々でにじみ出るまじめさ。「伸びている実感は?」という質問に、「忙しすぎて全然実感ないです」と笑顔でキッパリお答えいただいたのがとても印象的でした。

[まとめ]Looopでんきの魅力
  1. 基本料金0円、使った分だけお支払い
  2. 電源構成にはFIT電気(再生可能エネルギー)が含まれる
  3. 会社のフィロソフィーは「自然エネルギーの最大普及」
  4. 目指す未来はエネルギーフリー(電気代・ガス代0円)
  5. ベンチャーだけど、まじめ

電力会社の選び方は千差万別。価格重視、エコ重視、企業理念重視…なんでもOKなのです。「Looopでんき、いいね」と思ったら、ぜひ電力会社切り替えを。

気になった人は今すぐチェック
エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。