【重要】 「廃止になる東京電力EPプラン」ご利用中の方へ
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. エアコン冷房(クーラー)の節電ができる扇風機の効率的な使い方って?
 

エアコン冷房(クーラー)の節電ができる扇風機の効率的な使い方って?

電気代の節約、節電テクニック

エアコン冷房(クーラー)を運転する際、扇風機を一緒に回すと電気代の節約ができると聞いたことがありませんか?でも、エアコンの風向きと扇風機の風向きをどのように設定すれば良いかよくわからない、という場合も多いでしょう。エアコン(クーラー)の電気代を節約するための扇風機の使い方をご紹介します。

エアコン冷房(クーラー)と扇風機を一緒に回すと電気代の節約ができると聞いたことがありませんか?でも、エアコン(クーラー)の風向きと扇風機の風向きをどのように設定すれば良いかよくわからない、という場合も多いでしょう。

エアコン冷房(クーラー)の電気代を節約するための扇風機の使い方をご紹介します。

記事を読み進める前に…
電力会社を変えると、電気代が平均18000円安くなります
エアコンは使いたい、でも電気代もできるだけ安くすませたい……そんな人たちが今やっているのが電力会社の見直しです。自分の生活スタイルにあった電気料金プランに変更するだけで、同じ使い方をしていても電気代が安くなります。さぁ、アナタも電力会社を探してみて!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-

扇風機はエアコン(クーラー)の働きを助け、電気代が節約できる

air-conditioner-saving-12
エアコン冷房(クーラー)を運転している時、冷房の冷たい風は足元に溜まっていきます。そのままだと足元が冷たく、上のほうは暑い、といったように温度ムラが出来てしまいます。
そこで扇風機を回して室内の空気を循環させると、足元の冷たい空気が上のほうに上がってくるので温度ムラがなくなり、同じ温度でも涼しさを感じられるようになります

よって、エアコンの設定温度を必要以上に上げたり下げたりすることがなくなり、無駄な電気代を使わずに節約ができます。

エアコン(クーラー)の電気代を節約するための扇風機の使い方

air_conditioner-fan
エアコン冷房を運転する際に、エアコン、扇風機それぞれの風向きはどのように設定すれば一番効率良く電気代を節約できるのでしょうか?

エアコンと扇風機を併用する際、それぞれの風向きはどこを向ければいいの?

エアコン冷房と扇風機を併用する際は、それぞれの風向きは以下のように設定しましょう。

エアコンの風向き
水平に設定
扇風機
天井に向けて回す

エアコンの風向きを水平に設定し、扇風機を天井に向けて回すと、エアコンから水平に出た冷たい風がゆっくりと下に降りてきたことろを扇風機の風で上に向けて循環させることができ、効率的に室内の温度ムラをなくすことができます。顔や首などに冷気が届いたほうが涼しく感じ、体感温度が下がります。そうすることでエアコンの設定温度を上げることも可能になり、エアコンの電気代節約ができます。

最新の扇風機はエアコン(クーラー)と併用しやすい作りになっている

electric-fan-2
最新の扇風機は、エアコンと併用して使いやすいように風向きを上向きに90°まで調節できるものや、より遠くに幅広く風が送れるもの、空気循環をよりしやすいようにサーキュレーター機能がついているものなど、昔の扇風機に比べてエアコンと併用しやすい作りがされているものが多く登場しています。
また、消費電力が少ないDCモーターを搭載したものも多く、扇風機自体にかかる電気代も大変少なくなっています。

昔は夏だけに使用していた扇風機も、エアコンと併用しやすい機能のものが増えたこともあり、夏だけでなく冬の暖房時など年間を通して様々な使い方ができるようになりました。

エアコンと扇風機のW使いで3,000円の電気代節約、さらに電気料金プラン見直しで18,000円の電気代節約が可能に!

electriciyu-cost-saving
エアコンと扇風機を併用すると、夏の電気代を1部屋あたり3,000円節約できます。

さらに、契約している電力会社のプランを最適なものへ見直すことで年間平均18,000円以上の電気代の節約が可能になります。

ご家庭に最適な電気料金プランは、エネチェンジ電力比較で簡単に診断することができます。今すぐ診断してみましょう!

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。