エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
夏のしろくまギフトキャンペーン2019
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. セラミックヒーターなど暖房器具の種類と電気代を比較
 

セラミックヒーターなど暖房器具の種類と電気代を比較

heater cost saving
でんきの基本

セラミックファンヒーターやカーボンヒーターなど暖房器具にはたくさん種類があるので、購入するときどれが一番良いのか迷う方も多いのではないでしょうか?暖房器具の種類や違いをご紹介、電気代も比較しています。

セラミックファンヒーターやカーボンヒーターなど暖房器具にはたくさん種類があるので、購入するときどれが一番良いのか迷う方も多いのではないでしょうか?

暖房器具の種類を詳しく解説し、それぞれの電気代をご説明します。

セラミックヒーターなど暖房器具の種類

セラミックヒーター、カーボンヒーター、電気ストーブなど、暖房器具にはたくさん種類がありますが、それぞれどんな違いがあるのでしょうか?

暖房器具は、暖める目的別に、下記のように種類分けすることができます。

広い空間を暖めるための暖房器具

  • エアコン
  • セラミックファンヒーター

空間全体を温風の循環で暖める暖房器具です。エアコンは広いリビングなどの空間全体を暖めるのに適しています。セラミックファンヒーターはリビングほど広くない部屋全体を暖めるのに適しています。

あるスポットだけを暖めたい場合の暖房器具

  • 電気ストーブ
  • カーボンヒーター
  • ハロゲンヒーター
  • パネルヒーター

本体から発する熱エネルギー(赤外線・遠赤外線)で、主に前面の物体を輻射熱(空気などの気体を介さず直接電磁波で伝える熱)で暖める暖房器具です。
即暖性があるため、暖めたいスポットがほぼ決まっている場合や、エアコンで部屋が暖まるまでの間など短時間のみ使用する場合に向いています。反面、空気そのものを温める力は弱いです。

空間全体を長時間暖めたい場合の暖房器具

  • オイルヒーター

本体の放熱によって起きる、空気の自然対流で暖める暖房器具です。全体が温まるには時間がかかりますが、その空間全体を長時間暖めるのに適しています。

電気代を比較して暖房器具を選ぶときの3つのポイント

暖房器具にかかる電気代も気になります。電気代を比較した上で暖房器具選びたい場合、暖房器具の種類や特徴ごとに比較する必要があります。
暖房器具の電気代を比較する際に大切な3つのポイントを以下にまとめました。

1)暖める目的が同じ種類の暖房の中から電気代を比較する

電力自由化と安定供給
暖める目的に見合っていない暖房を使ってしまうと、逆に電気代がたくさんかかってしまう場合が多くあります。そのため、電気代を比較する場合はまず、暖める目的が同じ暖房の中から比較して選びましょう。

また、同じ種類の中でもエアコンとセラミックファンヒーターのように、広い空間を暖める場合はエアコン、狭い空間を暖める場合はセラミックファンヒーター(セラミックファンヒーターは3~4畳向けのものが多いです)といったように適する広さが異なるものもあります。
そのような場合、例えばエアコンの電気代が気になる場合は最新の省エネタイプのエアコンに買い替えるといった選択を考えていきましょう。

2)一部のスポットを暖める暖房器具は種類がたくさんある

上記にご紹介した、電気ストーブやカーボンヒーターなどの一部のスポットを暖めるのに適する暖房器具は種類がたくさんあります。この種類の暖房器具を選ぶ際は電気代で比較することができます。

1時間あたりの電気代を比較(最大時)
電気ストーブ
23.3円消費電力を900Whとして計算
カーボンヒーター
23.3円消費電力を900Whとして計算
パネルヒーター
25.9円消費電力を1000Whとして計算
ハロゲンヒーター
31円消費電力を1200Whとして計算

1kWhあたりの電力量料金を25.91円として計算

上記は強弱切り替え式の、「強」運転をした場合の電気代を比較しています。よく比較されるカーボンヒーターとハロゲンヒーターでは、ハロゲンヒーターのほうが消費電力は大きく、電気代がかかる傾向があります。

これらの暖房器具を選ぶ際、電気代を抑えるためには強弱切り替えタイプのものを選ぶと良いでしょう。もともと、電気ストーブのような暖房器具は短時間使う場合向きですが、切り替え式でないものは暖まってから強さを弱くすることができないので、電気代がたくさんかかってしまいがちです。
そのため、強弱で切り替えできるものや、3段階4段階で強さを調節できるタイプがおすすめです。

3)お使いの電気料金プランで設定されている電気の単価も暖房の電気代に大きく関係してくる

plan simulation
電気料金プランは、時間帯ごとに異なる電気の単価が設定されています。
そのため、お使いの電気料金プランがご家庭に見合っていないと、暖房などの電気の単価自体が高くついてしまっている場合があります。

ご家庭の電気料金プランを見直すことで、暖房の電気も安い単価で使うことができるようになり、電気代を大きく節約していくことが可能になります。

ご家庭の電気使用状況に最適な電気料金プランは、エネチェンジプラン診断(無料)で簡単に診断することができます。パソコンやスマートフォンからその場で簡単に診断できますので、暖房の電気代はもちろん、ご家庭の電気代を大きく節約できるプランの確認にぜひご利用ください。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。