セラミックファンヒーターの電気代は安い?ほかの暖房器具と比較してみよう

セラミックファンヒーターの電気代は安い?ほかの暖房器具と比較してみよう
でんきの基本

セラミックファンヒーターの電気代はいくらなのでしょうか。この記事では、セラミックファンヒーターの消費電力から電気代を計算し、紹介しています。エアコンなどほかの暖房器具との違いや電気代比較のポイントも解説しているので、参考にしてみてくださいね。

暖房器具にエアコンやストーブではなく、セラミックファンヒーターを使用しているご家庭も多いことでしょう。セラミックファンヒーターは電気で熱を作り出すのが特徴ですが、電気代はどれほどかかっているのでしょうか?

本記事ではセラミックファンヒーターの電気代について、詳しくご紹介していきます。

記事を読む前に…
電力会社を変えると
年間平均26,953円節約できます!

エネチェンジ電力比較診断の3人世帯を選択したシミュレーション結果で、電気代節約額1位に表示されたプランの年間節約額の平均値です。節約額はギフト券などの特典金額も含まれています(シミュレーション期間/2022年7月1日〜2022年9月25日)

全国で1000万世帯以上が、すでに電力会社を切り替えています。次はアナタが電力会社切り替えで、賢い電気代の節約を始めましょう。さっそくアナタの住んでいるエリアの電力会社を検索!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「探す」ボタンを押してください。
更新日
2021年9月21日

セラミックファンヒーターとは?

暖房器具にはさまざまな種類があるので、セラミックファンヒーターとは何か、イマイチわからないという方もいますよね。まずは、セラミックファンヒーターとは何かみていきましょう。

セラミックファンヒーターの特徴

セラミックファンヒーターとは、電圧をかけてセラミックヒーターを発熱させ、熱で暖められた空気をファンで送風する電気温風器のこと。セラミックは熱効率に優れているため、スイッチを入れればすぐに暖まるのがメリットです。

石油やガスを使用するファンヒーターと比べると、セラミックファンヒーターは何かを燃やして熱を得るわけではないため、火災などのリスクは非常に小さくなります。部屋の換気を行う必要もないので、セラミックファンヒーターは安全性に優れた暖房器具と言えるでしょう。

ただし電気で熱を発生させるという仕組み上、その分の電気代がかさむのが難点です。

セラミックヒーターとセラミックファンヒーターの違い

セラミックファンヒーターはセラミックヒーターのひとつです。通常セラミックヒーターと言えばファン有りのセラミックファンヒーターのことを指しますが、厳密には違いがあります。

大きな違いはファンの有無です。セラミックヒーターは電気で暖められたセラミックで発熱するだけですが、セラミックファンヒーターは、発熱して暖まった空気をファンによって送り出します。

ほかの暖房器具との違い

セラミックファンヒーターはエアコンと同じように、温風によって部屋全体を暖める用途に向いています。電気ストーブやカーボンヒーターは、温風を出すわけではありません。あくまで、スポットを暖めるための暖房器具です。またオイルヒーターは、部屋全体を長時間暖めることに向いています。

暖房器具はそれぞれ得意な部屋の大きさや、暖める速さに違いがあることをまず頭に入れておきましょう。

セラミックファンヒーターの電気代を計算してみよう

セラミックファンヒーターの電気代はいくらなのでしょうか。実際の製品を用いて、消費電力から電気代を計算してみましょう。

セラミックファンヒーターの消費電力

まずは実際に市販されているセラミックファンヒーターの消費電力を確認してみましょう。

JCH-126D-W
消費電力:1200W

出典:JCH-126D-W|人感センサー付きセラミックファンヒーター|アイリスオーヤマ

HX-PK12
消費電力:1200W

出典:HX-PK12|プラズマクラスター電気暖房機|シャープ

DS-FKX1205
消費電力:1250W

出典:DS-FKX1205|加湿機能付きセラミックファンヒーター|パナソニック

加湿機能や人感センサーが付いたものなど、同じセラミックファンヒーターでもいくつか種類がありますが、消費電力の点で見てみると現在は1200Wあたりのものが大半となっています。

セラミックファンヒーターの電気代

ここでは先にご紹介した消費電力を元に、セラミックファンヒーターの電気代を計算してみましょう。セラミックファンヒーターの1時間あたりの電気代は、以下の計算式で割り出すことができます。

セラミックファンヒーターの電気代
1時間あたりの電気代
1200(W) ÷ 1000 × 1(時間) × 27(円) = 32.4円
1250(W) ÷ 1000 × 1(時間) × 27(円) = 33.75円

1kWhあたりの電力量料金を27円(税込)として計算しています。

ほかの暖房器具の電気代

セラミックファンヒーターの1時間あたりの電気代を、ほかの暖房器具とも比べてみましょう。ほかの暖房器具の1時間あたりの電気代は、次のようになります。

ほかの暖房器具の1時間あたりの電気代
電気ストーブ
約24.3円消費電力を900Wとして計算
カーボンヒーター
約24.3円消費電力を900Wとして計算
パネルヒーター
約27円消費電力を1000Wとして計算
ハロゲンヒーター
約32.4円消費電力を1200Wとして計算

1kWhあたりの電力量料金を27円と仮定した場合。

上記の計算結果からわかるとおり、セラミックファンヒーターの電気代は電気ストーブやカーボンヒーターよりも高く、ハロゲンヒーターと同程度になります。この結果を見てセラミックファンヒーターの電気代を高いと感じるなら、節約のために大本の電気料金プランを切り替えるのもひとつの方法です。

電気・ガス比較サイト「エネチェンジ」では、郵便番号などの情報を入力するだけであなたにぴったりの電力会社・電気料金プランを見つけることができます。ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

セラミックファンヒーターとほかの暖房器具の電気代比較のポイント

単純に1時間あたりの電気代を比較するだけでは、正確な比較にはなりません。暖める目的に見合っていない暖房器具を使ってしまうと、かえって電気代がたくさんかかってしまうケースが多くあるからです。このため、電気代を比較するには暖める目的が同じ暖房器具との比較が必要です。

先述のとおり、セラミックファンヒーターは部屋全体を暖める用途に適した暖房器具なので、電気ストーブやカーボンヒーターとはそもそも目的が異なります。比較対象としてはエアコンがもっとも適当ですが、エアコンとセラミックファンヒーターでも適した部屋の広さが異なるので、一概にセラミックファンヒーターの電気代が高いとは言えません。

暖房器具の電気代を節約したいなら、ご家庭の部屋の広さに適した暖房器具を使用することがもっとも大切なのです。

セラミックファンヒーターの電気代が気になるなら

セラミックファンヒーターの電気代が気になるという方は、現在ご契約中の電気料金プランを見直してみることをおすすめします。電気料金プランは、電気の使用量に応じて異なる単価が設定されています。そのためお使いの電気料金プランがご家庭に見合っていないと、暖房などの電気の単価自体が高くついてしまっている場合があります。

ご家庭の電気料金プランを見直すことで、暖房の電気も安い単価で使うことができるようになり、電気代を大きく節約できますよ。

ご家庭の電気使用状況に最適な電気料金プランは、エネチェンジ電力比較で簡単に診断できます。パソコンやスマートフォンからその場で簡単に診断できますので、暖房の電気代はもちろん、ご家庭の電気代を大きく節約できるプランの確認にぜひ利用してみてくださいね。

  • twitter アイコン
  • Facebook アイコン
  • はてな アイコン
  • LINE アイコン
切り替えるといくら節約できる? 電気料金を比較・節約!
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
エネチェンジ利用規約 」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「この条件で電気代比較」ボタンを押してください。