契約アンペア数(電気の容量)の変更方法は?工事は必要?

契約アンペア数(電気の容量)の変更方法は?工事は必要?
でんきの基本

今契約している電気のアンペア数は変更できるのでしょうか?変更できる場合、工事は必要なのでしょうか?特に賃貸住宅にお住まいの方は気になりますよね。この記事では、契約アンペア数の変更にあたって押さえておきたいポイントを解説しています。

「電気の契約アンペア数を変更するにはどうすればいい?」「工事や費用はどうなる?」「賃貸アパートだけどアンペア数を上げることはできる?」など、電気の契約アンペア数の変更方法に関する疑問を解決!アンペア数の決め方から変更の流れまで、くわしくご紹介します。

記事を読む前に…
電力会社を変えると
年間平均27,542円節約できます!

エネチェンジ電力比較診断の3人世帯を選択したシミュレーション結果で、電気代節約額1位に表示されたプランの年間節約額の平均値です。節約額はギフト券などの特典金額も含まれています(シミュレーション期間/2020年1月1日〜13日)

全国で1000万世帯以上が、すでに電力会社を切り替えています。次はアナタが電力会社切り替えで、賢い電気代の節約を始めましょう。さっそくアナタの住んでいるエリアの電力会社を検索!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「探す」ボタンを押してください。

契約アンペア数の目安

家庭ごとの電気の使用状況により、適切な電気の契約アンペア数は異なります。まずは、みなさんの家庭に最適なアンペア数の目安を知っていきましょう。

アンペア数と電気使用量の目安

アンペア数というのは、家庭で一度に使うことができる電力の最大量です。電力会社と契約しているアンペア数が大きければ、同時に使える電気の量が増えます。逆に、アンペア数が小さすぎて一度に使う電気の量が契約アンペア数を超えてしまうと、ブレーカーが落てしまいます。

家庭で一度に使う電気の量を把握するために、以下を参考にしてください。

1日の中でいちばんたくさん電気を使っている時間帯に使用している家電のアンペア数を足してみましょう。例えば、エアコン(6.6A)・テレビ(2.1A)・ドラム式洗濯乾燥機(13A)・掃除機(10A)を同時に使う場合、31.7Aが必要となり、契約アンペア数が30Aの場合は電気を使いすぎとなりブレーカーが落ちてしまいます。

このように、1日の中でいちばんたくさん電気を使っている時間帯の合計の電気使用量を目安として、契約アンペア数を決めていきましょう。

契約アンペア数と電気料金の目安

契約アンペア数が変わると、電気代も変わるのでしょうか?

アンペア制と呼ばれる多くの電気料金プランは、契約アンペア数に応じて異なる基本料金が設定されています。例えば、東京電力エナジーパートナーの一般的な電気料金プラン「従量電灯B」の場合、アンペア数ごとに以下のような料金設定がされています。

区分単位東京電力EP「従量電灯B」料金単価(税込)
基本料金10A1契約286円00銭
15A429円00銭
20A572円00銭
30A858円00銭
40A1144円00銭
50A1430円00銭
60A1716円00銭
電力量料金最初の120kWhまで1kWh19円88銭
121kWh〜300kWh26円48銭
301kWh〜30円57銭

契約アンペア数が大きくなるほど、基本料金も高くなっていますね。契約アンペア数を決めるときは、一度に使う電気使用量と基本料金を考慮して決めるとよいでしょう。

契約アンペア数の変更に工事は必要?

契約アンペア数を変更する際に工事は必要なのでしょうか?家の電気メーターがアナログ式電力メーターの場合と、スマートメーターの場合で以下のように異なります。

節約したい支出項目

電気メーターがアナログ式電力メーターの場合

電気メーターがアナログ式電力メーターの場合、契約アンペア数の変更にはブレーカーの取り替え工事が必要となります。電力会社の作業員が来てアンペアブレーカーの取り替えを行います。ブレーカーは屋内にあるため立会いが必要となり、20分ほどの工事ですが、その間は電気が使用できません。

工事費用は基本無料ですが、配線工事を伴う工事や、60Aを超える契約容量を希望する場合は有料となる場合があるので、注意しましょう。

電気メーターがスマートメーターの場合

電気メーターがスマートメーターの場合、電力会社が遠隔操作にてアンペア変更を行うため、契約アンペア数を変更する際に工事は必要ありません

契約アンペア数の変更方法

契約アンペア数の変更方法をみていきましょう。

契約内容を確認しよう

はじめに、現在の電気の契約内容を確認しましょう。電気料金プランによっては、アンペア制ではない場合もあります。現在契約しているプラン名や契約アンペア数は、電気使用量の明細書や電気代の請求書、契約している電力会社のWEBのマイページなどで確認できます。

変更の申し込みをしよう

次に、契約している電力会社へ連絡をして、アンペア数変更の申し込みを行います。注意点として、電力会社によっては電気料金プランの切り替えと同時にアンペア数の変更ができない場合もあります。

今のお住まいで切り替えと同時に、アンペア変更をする場合
切り替え先の電力会社が、切り替えと同時のアンペア数変更に対応していない場合は、切り替え前に、今契約中の電力会社にアンペア変更の申し込みをします。その後、契約したい電力会社に切り替えを行いましょう。
引越し先で切り替えと同時に、アンペア数の変更をする場合
引越し先で契約したい電力会社が、切り替えと同時のアンペア数変更に対応していない場合は、一度引越し先で旧一般電気事業者と契約をし、アンペア変更の申し込みをする必要があります。その後、契約したい電力会社に切り替えを行いましょう。
※旧一般電気事業者とは……北海道電力・東北電力・東京電力・中部電力・北陸電力・関西電力・四国電力・中国電力・九州電力・沖縄電力をいいます。

アンペアブレーカーの取り替え(アナログメーターの場合)

家庭に設置されている電気メーターがアナログメーターの場合は、電力会社の作業員が来てアンペアブレーカーの取り替え工事を行い、アンペア数の変更が完了します。

家庭に設置されている電気メーターがスマートメーターの場合は、電力会社が遠隔で契約アンペア数の変更を行い、アンペア数の変更が完了します。

契約アンペア数を変更する際の注意点

契約アンペア数を変更する際の注意点も知っておきましょう。

賃貸の場合は変更できないことも

マンションやアパートなどの賃貸物件では、建物自体が使える電気の最大容量が決まっている場合があります。契約アンペア数を上げることを希望した時に、建物自体の電気の最大容量を超えてしまうため大家や管理会社から許可が出ないことがあります。また、契約アンペア数を変更できた場合も、退去時に元のアンペア数に戻すことが必要な物件もあります。

賃貸物件にお住まいで、契約アンペア数を変更したいときは、大家や管理会社に確認をしましょう。

一度変更した場合は1年間戻せない

契約アンペア数を変更した場合、原則として1年間は再度変更ができません。家庭の電気使用量は季節によって変動するため、契約アンペア数を変更する際は、1年間でもっとも電気をたくさん使う季節を想定して決定しましょう。

適した契約アンペア数に変更して、電気代を節約しよう

電気の契約アンペア数の変更方法についてご紹介しました。家庭に見合ったアンペア数を選べば、無駄な基本料金がかからず、電気代を節約できます。契約しているアンペア数が適切かどうか、チェックしてみましょう。

また、一度に使う電気の量が多く、契約アンペア数の大きい家庭は、電気代が高くなってしまいますよね。家庭に合った契約アンペア数の目安がわかったら、電気料金プランを見直してみましょう。夜の電気料金が安いプランや、基本料金が無料のプランなどさまざまなプランの中からいちばんお得なプランを選んで、電気代をかしこく節約していきましょう。

  • twitter アイコン
  • Facebook アイコン
  • はてな アイコン
  • LINE アイコン
切り替えるといくら節約できる? 電気料金を比較・節約!
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
エネチェンジ利用規約 」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「この条件で電気代比較」ボタンを押してください。