冷蔵庫って1カ月あたりどれくらい電気代がかかっているの?電気代計算方法は?

冷蔵庫って1カ月あたりどれくらい電気代がかかっているの?電気代計算方法は?
でんきの基本

ずっと電気を入れっぱなしの冷蔵庫は、1カ月あたりどのくらい電気代がかかっているのでしょうか?冷蔵庫の電気代の計算方法と、冷蔵庫のサイズごとの電気代を計算し、ご紹介しています。

ずっと電気を入れっぱなしの冷蔵庫って、1カ月あたりどのくらい電気代がかかっているのか気になりませんか?冷蔵庫の電気代の計算方法と、冷蔵庫のサイズごとの電気代を計算し、ご紹介しています。

更新日
2021年6月19日
記事を読む前に…
電力会社を変えると
年間平均27,542円節約できます!

エネチェンジ電力比較診断の3人世帯を選択したシミュレーション結果で、電気代節約額1位に表示されたプランの年間節約額の平均値です。節約額はギフト券などの特典金額も含まれています(シミュレーション期間/2020年1月1日〜13日)

全国で1000万世帯以上が、すでに電力会社を切り替えています。次はアナタが電力会社切り替えで、賢い電気代の節約を始めましょう。さっそくアナタの住んでいるエリアの電力会社を検索!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「探す」ボタンを押してください。
ガスバナー

冷蔵庫の電気代はどうやって計算すればいいの?

冷蔵庫の電気代は、冷蔵庫の説明書などに記載されている年間消費電力量から計算することができます。計算式は以下のようになります。

  • 冷蔵庫や冷蔵庫の説明書に記載されている年間消費電力×ご契約されている電気料金プランの1kWhあたりの電力量料金単価=年間電気代(目安)

冷蔵庫に記載されている「年間消費電力量」って何?

冷蔵庫の消費電力量は、扉の開閉回数や、開けている時間などにより変わるため測定が難しいため、家庭用冷蔵庫の消費電力量はJIS(日本工業規格)により測定方法が定められています。

JISによる測定方法は、より実際に使用されている状況に近くなるように、これまでに何度か測定方法が改善されてきています。最新の測定方法は2015年に定められ、現在販売されている冷蔵庫の説明書などに記載されている年間消費電力量は2015年に定められた最新のJISの測定方法で測定されています。

最新の冷蔵庫と2015年以前の冷蔵庫の電気代を比較するのは測定方法が異なるので難しいですが、2015年~現在販売されている冷蔵庫の電気代はより正確に計算できるようになってきています。

参照:JEMA 一般社団法人日本電機工業会

冷蔵庫の電気代計算例

それでは実際に冷蔵庫の電気代計算例をご紹介します。初めにご説明した冷蔵庫の電気代計算式

  • 年間消費電力×1kWhあたりの電力量料金単価=年間電気代(目安)

に当てはめて計算していきます。1kWhあたりの電力量料金を27円として計算すると、冷蔵庫の年間消費電力が200kWhの場合は以下のようになります。

  • 200kWh×27円=年間電気代の目安は5,400円

それでは次に、冷蔵庫の平均的な電気代をご紹介します。

冷蔵庫のサイズごとの1カ月の電気代ってどのくらいなの?実は小さい冷蔵庫のほうが電気代がかかっていた!

上記と同じ計算方法で、冷蔵庫のサイズごとにかかる平均電気代を以下に計算しました。なんと、小さい冷蔵庫のほうが大きい冷蔵庫よりも電気代が多くかかってしまっている場合もあります。

ひとり暮らし向け冷蔵庫248L(年間消費電力302kWh)の場合
年間電気代8,154円
1カ月あたりの電気代目安679.5円
2~3人暮らし向け冷蔵庫365L(年間消費電力341kWh)の場合
年間電気代9,207円
1カ月あたりの電気代目安767.25円
3~4人暮らし向け冷蔵庫450L(年間消費電力263kWh)の場合
年間電気代7,101円
1カ月あたりの電気代目安591.75円
4人以上暮らし向け冷蔵庫600L(年間消費電力252kWh)の場合
年間電気代6,804円
1カ月あたりの電気代目安567円

現在発売されている最新の冷蔵庫の年間消費電力量をもとに計算しています。電気代参照機種:パナソニック「NR-F607WPX」「NR-E457PX」「NR-C372GN」「NR-B251T」

冷蔵庫は小さいほうが電気代が安いと思いがちですが、実際に冷蔵庫の年間消費電力を見ていくと、大型の冷蔵庫のほうが年間消費電力量が小さく、電気代が安くなる場合があります。大型冷蔵庫は値段は高額ですが省エネ機種が多いため、電気代は小型の冷蔵庫よりも安く抑えることができる場合があるのでこれから冷蔵庫を購入される方は年間消費電力量も考慮されると良いかもしれません。

家庭の電気代、電気料金プランの見直しで安くできるかも

電気料金プランごとに電力量料金単価という電気1kWhあたりにかかる「単価」が異なります。

例えばひと月にご家庭で合計300kWhの電気を使った場合、300kWh×電力量料金単価で計算された分が電気代に含まれて請求されますから、電力量料金単価が少ない料金プランのほうが電気代はお得になります。

電気料金プランごとに、時間帯別に異なる電力量料金単価が設定されています。そのため、ご家庭で一番電気をたくさん使う時間帯の電力量料金単価が安い料金プランを選ぶことで、ご家庭の電気代を大きく節約していくことが可能になります。

最適プランで電気代を節約していくために、エネチェンジ電力比較でアナタにぴったりな電気料金プランを選びましょう!

  • twitter アイコン
  • Facebook アイコン
  • はてな アイコン
  • LINE アイコン
切り替えるといくら節約できる? 電気料金を比較・節約!
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
エネチェンジ利用規約 」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「この条件で電気代比較」ボタンを押してください。