エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧

「オール電化で後悔」「やめたい」の声が続出⁉後悔しないためのポイントを解説

「オール電化で後悔」「やめたい」の声が続出⁉後悔しないためのポイントを解説

本記事では、オール電化にして後悔している人の声やその原因のほか、オール電化について知っておきたい情報を集めました。オール電化への切り替えを検討している方はチェックしてくださいね。

記事を読む前に…
電力会社を変えると
年間平均25,009円節約できます!

エネチェンジ電力比較診断の3人世帯を選択したシミュレーション結果で、電気代節約額1位に表示されたプランの年間節約額の平均値です。節約額はギフト券などの特典金額も含まれています(シミュレーション期間/2023年10月1日~2023年12月31日)

電力会社を切り替えるだけで、電気代は安くできます。
さっそくあなたの住んでいるエリアの電力会社を診断!
郵便番号を入力・世帯人数を選択して、電力会社比較をいますぐスタート!
郵便番号
-
世帯人数
旧一般電気事業者の自由料金プランから切り替えた場合の節約額をシミュレーションします。別のプランをご利用の場合は「お使いの新電力と比較する」より、電力会社をお選びください。(比較対象の電気料金プランについて

北海道電力エリア「エネとくポイントプラン」、東北電力エリア「よりそう+eねっとバリュー」、東京電力エリア「スタンダードS」、中部電力エリア「おとくプラン」、北陸電力エリア「従量電灯ネクスト」、関西電力エリア「なっトクでんき」、中国電力エリア「ぐっとずっと。プラン スマートコース」、四国電力エリア「おトクeプラン」、九州電力エリア「スマートファミリープラン」、沖縄電力エリア「グッドバリュープラン」
※関西電力エリアの「なっトクでんき」ではガス料金は考慮していません。

お使いの新電力と比較する
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、上のボタンを押してください。

更新日
2023年3月17日

「オール電化にして後悔している」「オール電化をもうやめたい」の声を紹介

ここでは、オール電化にしたことを後悔している、オール電化ユーザーの声をご紹介します。

オール電化を後悔している方が増えている背景

オール電化を後悔する理由の大部分が、その電気代の高さです。これには昨今の世界情勢からくる、2つの理由があります。

理由のひとつは、ウクライナ情勢などの影響で電力の調達価格が急騰し、電気料金を値上げする電力会社が増えていることです。

もうひとつの理由として、同じくウクライナ情勢などの影響で、石炭や液化天然ガス(LNG)といった発電に使用する燃料の輸入価格が高騰していることです。その高騰分を反映して、燃料費調整額も値上げを続けており、なかにはオール電化向けプランの燃料費調整額について、上限の廃止を発表している電力会社も。

オール電化にして後悔する前に知っておきたいデメリット

ここではオール電化を検討している方向けに、事前に知っておきたいオール電化のデメリットをご紹介します。

電気代が想定より高くなる場合がある

オール電化向けの電気料金プランの多くは、夜間の電力量料金が昼間よりも割安になるように設定されています。そのぶん昼間の電力量料金は割高に設定されているので、昼間の家電の使い方によってはかえって電気代が高くなってしまうことがあります。

初期費用・設置費用が高い

オール電化の導入には、オール電化設備の設置が必要になります。設備自体の本体価格だけでなく、設置場所の状態によっては補強工事など別途工事費がかかることも。長期的に見れば光熱費の節約に繋げることもできますが、初期費用がかかる点には注意が必要です。

停電時に機能しない

オール電化住宅は動力を電気だけに依存しているため、停電時にはほとんどの設備が利用できなくなります。太陽光発電設備がある場合は停電時でも電気を使うことができますが、そうでない場合は、夜間の灯りをとるための懐中電灯や料理用のカセットコンロ・カセットボンベなど、停電が起きた際の備えが別途必要になります。

調理方法や調理器具に制約がある

オール電化のIHクッキングヒーターはその特質上、直火で調理できないという欠点があります。

また、今までガスコンロで使用していた調理器具がIHにも対応しているとは限らないので、IH用に調理器具を買い直すことになる場合も。こうした点をデメリットに感じる人もいるかもしれません。

オール電化にして後悔した場合、やめることはできる?

ここでは、すでにオール電化にして後悔している人向けに、オール電化をやめる方法をご紹介します。

一軒家の場合は、ガスの引き込み工事が必要

都市ガス供給エリアで都市ガスに切り替えたい場合、ガス管の引き込み工事が必要になります。

このうち、自身の敷地内のガス管やガス栓についておおよそ100~150万円ほどの工事費がかかるほか、ガス給湯器やガスコンロなどのガス機器の購入には、別途費用がかかります。

また、ガスの引き込み工事を行う際は、都市ガスを販売しているガス会社に連絡後、設計についての打ち合わせが行われます。その内容に従って見積もりを受け取った後に工事が開始され、工事完了後に引き渡しとなります。

なお、都市ガス供給エリア外にお住まいで、オール電化からガスに切り替えたい場合は、プロパンガスを利用することになります。プロパンガスの場合はプロパンガス会社にガスボンベを運搬・設置してもらうだけなので、都市ガスの引き込み工事と比べて初期費用は15万円程度と安く済むメリットがあります。

賃貸の場合は大家さん、管理組合などに許可を取る必要がある

マンションやアパートなどの賃貸住宅や集合住宅にお住まいで、オール電化をやめてガスに切り替えたい場合は、大家さんや管理組合からの許可が必要になります。

加えて、都市ガスに切り替える場合は引き込み工事について、土地の所有者からの採掘工事許可を得る必要があります。

必ずしもオール電化をやめられるわけではないので、注意が必要です。

オール電化でも電気代を抑える方法を探してみよう

オール電化で後悔しているなら、オール電化をやめる選択肢だけでなく、電気代を抑える方法を検討してみましょう。あなたのライフスタイルに合った電力会社・電気料金プランに切り替えるのも、ひとつの方法ですよ。

電気・ガス比較サイト「エネチェンジ」では、郵便番号などの情報を入力するだけであなたにぴったりの電力会社・電気料金プランを見つけられます。ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

この記事を書いた人

エネチェンジ編集部

エネチェンジ編集部

エネチェンジ内のメディア「でんきと暮らしの知恵袋」の記事を執筆しています。電気・ガスに関する記事のほか、節約術など生活に役立つ情報も配信しています。

twitter Facebook
  • twitter アイコン
  • Facebook アイコン
  • はてな アイコン
  • LINE アイコン
切り替えるといくら節約できる?
電気料金を 比較・節約!
引越しでの比較はこちら お使いの新電力と比較する
旧一般電気事業者の自由料金プランから切り替えた場合の節約額をシミュレーションします。別のプランをご利用の場合は「お使いの新電力と比較する」より、電力会社をお選びください。 (比較対象の電気料金プランについて)
郵便番号
-
世帯人数
エネチェンジ利用規約 」をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、上のボタンを押してください。