【重要】 「廃止になる東京電力EPプラン」ご利用中の方へ
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 基本料0円のLooopでんきエリア拡大!9月に東北・10月に九州の皆さんも選べるように
 

基本料0円のLooopでんきエリア拡大!9月に東北・10月に九州の皆さんも選べるように

電力自由化ニュース

基本料金0円という画期的な電気料金プランで、電力自由化以降消費者からの人気も高いLooopでんきが、電気の供給エリア拡大を発表。9月東北、10月九州、年内中に全7エリアでLooopでんきを選べるようになります!さらに、被災地支援ということで新規切り替えユーザーを対象にしたキャンペーンも実施。詳しくご紹介します。

Looopでんき「おうちプラン/ビジネスプラン」で電力自由化に参入しているLooopが、8月4日に、低圧向け電力の供給エリア拡大を発表しました。現在の関東・関西・中部に加え、東北・九州・北海道・中国地方の4エリアを追加します。基本料金0円はそのままで、キャンペーンも実施予定です。

更新日
2016年8月4日
登録小売電気事業者
登録あり
読み進める前に…
電力会社を変えると、電気代が平均18,000円安くなります!
電力自由化から3カ月で、すでに全国100万世帯以上が電力会社の切り替えをしています。電気代の節約や環境にやさしい電気など、選ぶ基準は様々ですが、まずは選べる電力会社を知ることが必要です。さっそくアナタの住んでいる地域の電力会社をチェック!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-

Looopでんき供給エリア拡大!9月より順次、東北・九州・北海道・中国エリアでも開始

電力管内基本料金単位従量料金 単価申し込み開始日
東北電力0円1kWh26円2016年9月9日
九州電力23円2016年10月9日
北海道電力近日発表2016年11月9日
中国電力近日発表2016年12月9日

今回は東北電力関内と九州電力関内の電気料金プラン詳細が発表されました。東北電力管内は首都圏と同じ単価、九州はさらに低い単価設定となっています。
東北電力の従量電灯Bは2段階目が24円87銭、3段階目が28円75銭なので、その中間という値段設定。九州電力の従量電灯Bは2段階目が22円69銭、3段階目が25円63銭と他エリアよりも安い単価設定なので、そこに合わせる形でLooopでんきの従量料金単価が設定されていますね。
北海道電力管内と中国電力管内のプラン詳細はもう少しだけお待ちを!

誰にとっても、今より割安になるのがLooopでんき「おうちプラン」

looop-denki-10
Looopでんき記者会見資料より
記者会見で提示された表がわかりやすかったのでここでもご紹介しましょう。
東京電力の従量電灯BとLooopでんき「おうちプラン」の電気使用量に対する電気代をグラフ化したものですが、割安になる金額に差はあれど、どこをとってもLooopでんきが安くなるという!
「電力会社を切り替えたことで従量電灯を使っていたときより高くなってしまったらどうしよう?」という不安も、このグラフをみれば安心ですね。

Looopでんき「ビジネスプラン」も同タイミングでエリア拡大

電力管内基本料金単位従量料金 単価申し込み開始日
東北電力0円1kWh27円2016年9月9日
九州電力24円2016年10月9日
北海道電力近日発表2016年11月9日
中国電力近日発表2016年12月9日

商店や個人事業主の人にとっても、使った分だけ電気代を支払うというプランは魅力的なのではないでしょうか。申し込み開始までの間でじっくり検討していきたいですね。

被災地の人たちに何かしたい!その想いが伝わるキャンペーンも

Looopの会社設立のきっかけになったのは、2011年の東日本大震災でのボランティア。今回の東北エリアへの拡大にもかなりの思い入れがあるようで、エリア拡大をするときは東北からと決めていたようです。創業時のパッションをしっかりと持ち続けているのはステキですね。2016年の熊本地震でもLooopは仮設太陽光発電所の設置ボランティアを実施しており、東北の次が九州なのは復興支援の意味があるとのこと。
そして「被災地の人たちに何かしたい」ということで、各エリアで切り替え申し込みをした家庭の中から1,000名が初月無料になるんです!

エリア拡大キャンペーン
  • 福島県、宮城県、岩手県に在住の方
  • 熊本県に在住の方

上記のそれぞれに対し、切り替え申し込みをした人の中から抽選で1,000名の初月電気代が無料に。

申込期間
東北電力管内:2016年9月9日〜2週間
九州電力管内:2016年10月9日〜2週間
申し込み方法
WEBより別途キャンペーンの申し込みが必要

エネルギーフリーの未来を作るために、Looopでんきの描く夢

Looopでんきがエリア拡大ということで、東北や北海道に在住の人にとっては新しい選択肢が増えます。電気代が安いということも特徴のひとつではありますが、電源構成に再生可能エネルギーが入っているということも考えて、最終的な電力会社選びをしてみてください。

「この会社を応援したい!」というのも電力会社選びでは大切な要素

looop-0804
Looop代表取締役社長兼CEO・中村創一郎氏
記者会見で印象的だったのは「エネルギーフリー(電気もタダ、ガスもタダ)の未来を作りたい」という中村社長の言葉でした。そのためにもすでに行っている太陽光だけでなく風力、地熱も含めた自然エネルギーを扱っていきたい。
太陽光パネルを作るところから、そこで発電された電気を消費者に売るところまでをすべて自社で取り組んでいるのは、電力会社の中でもLooopだけです。そこを強みとした電気料金プランやサービス、今後どんなものがでてくるのか楽しみですね。

エネチェンジではアナタに最適な電気料金プランを比較検討できるサービスエネチェンジ電力比較を提供しています。電力自由化後の最適な電気料金プラン探しに、ぜひご活用ください。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。