【重要】 電力会社を切り替えていても、災害時の復旧作業は不利なく行われます。
冬の電気代を安くしたいなら、今すぐ手続き!
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 床暖房のガス代比較!電気ヒーター式とヒートポンプ式、どっちがおトク?
 

床暖房のガス代比較!電気ヒーター式とヒートポンプ式、どっちがおトク?

ガス代の節約

足元からポカポカとあたたかくなる床暖房。ガス代がどれくらいかかるか気になりませんか?この記事では、床暖房のガス代の目安、電気ヒーター式とヒートポンプ式の電気代、ガス代を上手に節約する床暖房の使い方を紹介します。

足元からぽかぽかと部屋全体を暖めるガス床暖房。空気は乾燥せず、部屋全体がムラなく暖かくなります。

導入してみたいけどガス代が気になるという方、使ってみたら思ったよりもガス代がかかったという方。やはりランニングコスト、床暖房のガス代がどれほどなのかが気になりますよね。

温水式ガス床暖房のガス代は一般的にどの程度なのか、そして他の種類の床暖房や暖房器具と比べてガス代は高いのか安いのか。ガス床暖房のガス代を節約する方法もお伝えします。

1ヶ月のガス床暖房のガス代はどのくらい?

温水式ガス床暖房にかかるガス代は、暖房機器や住宅の性能で大きく異なりますが、目安は以下のようになります。

ガス床暖房のひと月あたりのガス代

畳数都市ガスボイラー
6畳約2,780円
8畳約3,710円
10畳約4,640円
12畳約5,570円
16畳約7,426円

参考:大東ガス―ご利用ガイド/ガス機器のご案内/床暖房
1日8時間30日使用時。プロパンガスボイラーの場合は約1.5倍ほどガス代がかかります。
この他に電気代が月々500円~600円かかるので、ガス代と合算した額が温水式ガス床暖房の月々のランニングコストになります。

またエコジョーズやエコワンといった最新式のガス給湯器を用いれば、ランニングコストはここから約1割~2割安くなリます。

ガス式床暖房とその他の床暖房はどちらが安くすむ?

これから床暖房の導入を考えていらっしゃる皆様は、どのタイプの床暖房を導入するべきか迷われていることでしょう。ここでは他の代表的な床暖房の電気ヒーター式床暖房ヒートポンプ式床暖房の電気代目安を紹介します。

電気ヒーター式床暖房との電気代比較

出典:電気式床暖房/Panasonic
電気ヒーター式床暖房とは、温水ではなくPTCヒーターや熱線を用いて電気の力で暖める床暖房です。温水式と比べると工事が簡単なのが特徴です。ただしガス温水式に比べると立ち上がりの時間が遅いというデメリットもあります。

電気ヒーター式床暖房ひと月あたりの電気代目安

畳数ひと月あたりの電気代
6畳約3,900円
8畳約6,100円
10畳約7,300円
12畳約8,500円
16畳約11,500円

出典:電気床暖房フリーほっと|内装選びの本[木質床材・床暖房編] | カタログ | Panasonic

温水式電気床暖房との電気代比較

出典:温水式床暖房/Panasonic
主にヒートポンプという熱源機を電気で動かして温水を作る床暖房です。ヒートポンプは空気中から熱をかき集める技術を用いた熱源機で、ランニングコストはガス床暖房や電気床暖房よりも安いのが特徴です。ただし設置費は床暖房用のヒートポンプで約50万円、エコキュート(多機能ヒートポンプ)で約100万円ほどかかります。

温水式電気床暖房ひと月あたりの電気代目安

畳数電気代
8畳約2,800円
10畳約3,900円
12畳約4,900円
16畳約6,500円

出典:電気床暖房フリーほっと|内装選びの本[木質床材・床暖房編] | カタログ | Panasonic

ガス床暖房のガス代電気代比較まとめ

温水式ガス床暖房と電気ヒーター式床暖房、温水式ガス床暖房のガス代と電気代は以下のようになりました。

畳数温水式ガス床暖房電気ヒーター式床暖房温水式電気床暖房
8畳約3,710円約6,100円約2,800円
10畳約4,640円約7,300円約3,900円
12畳約5,570円約8,500円約4,900円
16畳約7,420円約11,500円約6,500円

他の暖房器具との費用や差は?

ここでは部屋全体を暖める暖房器具(エアコン・ガスファンヒーター・オイルヒーター)と比較します。

エアコン

スイッチを入れてから数分で温風が吹き出すため、比較的早く温まりますが、暖気が部屋上部に集まるため、暖かさを感じにくい傾向があります。
また、空気が乾燥し、ほこりが舞い上がるため花粉やハウスダストなどによるアレルギーを起こしてしまうこともあります。ガス床暖房は足元から風を吹き出させないで暖めるためこのようなデメリットはありません。

エアコンの電気代の目安(パナソニックのエアコンXシリーズ)

畳数ひと月の電気料金
6畳約2,851円
8畳約3,337円
10畳約4,471円
12畳約5,929円
16畳約9,720円

エアコン電気代の出典:17年度「Xシリーズ ハイスペックな、高性能モデル。」 | エアコン | Panasonic

ガスファンヒーター

gas-heater
次にガスファンヒーターのランニングコストを紹介します。
東京ガスのガスファンヒーター(35号タイプ、10畳向け)のひと月あたりのコストは以下のようになります。
ガス式暖房器具(都市ガス)
ひと月約4,440円出典:東京ガス : ガス機器・設備 / ガスファンヒーター / ガスファンヒーターのメリット

上記のガス式床暖房のコストは都市ガスの場合です。都市ガスではなくプロパンガスになるとコストは上がります。

オイルヒーター

オイルヒーターは部屋全体をふく射熱で暖め、空気を汚さない暖房器具です。床暖房と同様に足元から暖かくなるのも特徴です。ただし暖まるのは遅く、広い部屋や換気が行われる部屋では暖房効果を発揮できないというデメリットがあります。デロンギオイルヒーターの10畳の部屋での電気代の目安は以下のようになります。
デロンギオイルヒーター
ひと月約4,368円(ECOモード使用時:約3,494円)出典:電気代ってどれくらい?/デロンギ・オイルヒーター

床暖房と他の暖房器具のコスト比較まとめ

各種床暖房と暖房器具のひと月あたりのランニングコストは以下のようになりました。

暖房器具10畳あたりのガス代電気代目安
温水式ガス床暖房約4,640円
電気ヒーター式床暖房約7,300円
温水式電気床暖房約3,900円
エアコン約4,290円
ガスファンヒーター約4,440円
オイルヒーター約4,368円(ECOモード使用時:約3,494円)

床暖房のガス代を抑える3つの節約法

床暖房のガス代が思ったよりも高かった!という皆様。これから紹介する3つの節約法を使うことでガス代を抑えより快適に過ごせるようになるでしょう!

1)オンオフを繰り返さない

車にしても電気製品でもそうですが、電源をオンにした時に一番エネルギーが必要なのは床暖房も変わりません。東京ガスによると1時間あたりのランニングコストは

立ち上がり時
約31円
安定時
約7円

引用:ガス温水床暖房の活用方法/東京ガス
と実に4~5倍の差にもなるのです。ですから、少し家を空けるからといちいちオフにするのでなく、少々の時間でしたらつけっぱなしにするほうがガス代もかからずエコなのです。

2)カーペットなど床を覆うものを置かない

床暖房は床からの「ふく射熱」や「熱伝導」で部屋を暖めるので、カーペットなどを床暖房が設置されている床の上においてしまうと熱が部屋の空気に伝わりにくくなってしまいます。床暖房がある床の上には何も敷かないでおくことが、ガス代を節約する効率のよい使い方になります。

3)タイマーの有効活用

床暖房は部屋が暖まるまで30分~1時間かかるのですが、電源を切っても余熱で30分程は部屋は暖かいのも特徴です。お出かけなどで部屋を空ける30分前に、タイマーでオフの設定をしておけばその分節電になります。また、立ち上がり時の電気代を抑えてゆっくり部屋を暖める省エネモードを搭載している床暖房の場合は、起床や帰宅の1時間前にタイマーをオンにしておけば立ち上がり時のガス代を節電することが可能です。

  • お出かけの30分前にタイマーでオフにする
  • 起床時や帰宅時の1時間前にタイマーでオンにする

床暖房設置でガス代が安くなる!

多くのガス会社ではガス床暖房を導入すると、全体のガス代が一定割合安くなるプランが用意されています。また床暖房に加えて「ガス温水浴室暖房乾燥機」「エコジョーズ」などを設置すると、さらなる割引きプランを用意している会社もあります。

ガス代がお得になるガス料金プランは、家庭ごとに異なります。自分に見合ったガス会社のプランをしっかり選ぶことで、ガス代を無駄なく節約していくことができますよ。

ガス代が今よりも安くなるガス料金プランを探す!

まとめ

床暖房のコスト比較はいかがだったでしょうか。
部屋全体を空気を汚さず足元から暖める床暖房。一度設置するとそうそう変更することのできない大掛かりな暖房システムですが、その快適度はほとんどの暖房器具をしのぎます。ランニングコストもそこまで他の暖房器具と変わらないのですから一度検討してみてはいかがでしょうか。

1ヶ月の床暖房のガス代はどのくらい?

床暖房のひと月あたりのガス代
畳数都市ガスボイラー
6畳約2,780円
8畳約3,710円
10畳約4,640円
12畳約5,570円
16畳約7,426円

ガス式床暖房とその他の床暖房はどちらが安くすむ?

ひと月あたりの電気代で比較
畳数温水式ガス床暖房電気ヒーター式床暖房温水式電気床暖房
8畳約3,710円約6,100円約2,800円
10畳約4,640円約7,300円約3,900円
12畳約5,570円約8,500円約4,900円
16畳約7,420円約11,500円約6,500円

他の暖房器具との費用や差は?

ひと月あたりのガス代電気代
暖房器具10畳あたりのガス代電気代目安
温水式ガス床暖房約4,640円
電気ヒーター式床暖房約7,300円
温水式電気床暖房約3,900円
エアコン約4,290円
ガスファンヒーター約4,440円
オイルヒーター約4,368円(ECOモード使用時:約3,494円)

床暖房のガス代を抑える3つの節約方法

オンオフを繰り返さない
立ち上がり時のガス代は安定時のなんと4,5倍!
カーペットなど床を覆うものを置かない
床から熱が出るのでカーペットなどを敷いてしまうと逆効果になってしまいます。
タイマーの有効活用
床暖房は停止後30分程度はまだ暖かいのでタイマーで早めにオフにしたり、タイマーを早めに設定しておいてエコモードを使うことで節電につながります。

ガス代の節約のために、ガス会社を見直そう!

2017年4月のガス自由化で、ガス会社が自由に選べるようになりました。ガス代は、自分の生活スタイルやガスの使い方に見合ったガス会社のプランを選ぶことで節約が可能です。

エネチェンジでは都市ガスの料金プランを比較できるガス料金比較サービスも提供しています。郵便番号をいれるだけで、アナタの住んでいるエリアで選べるガス料金プランがわかりますよ。都市ガス会社選びは、エネチェンジで!

ガス会社のガス料金プランを探す

電力会社切り替えはエネチェンジ電力比較を引き続きご活用ください。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数