エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
引越し先での電気の手続き
 

アンペアとは

でんきの基本

電気料金に関する単語で良く聞くアンペアですが、アンペアって何のことでしょうか? アンペアとはどういうもので、アンペアの大きさが違うと何が変わるのか、ご説明します。

電気料金に関する単語で良く聞くアンペアですが、アンペアって何のことでしょうか?また、電気料金とアンペアはどう関係しているのでしょうか?

アンペアとはどういうもので、アンペアの大きさが違うと何が変わるのか、ご説明します。

アンペアとは

アンペアというのは電流の単位です。電力会社によっては、「アンペア制」という、契約するアンペアの大きさによって電気の基本料金が異なる制度を採用しているところがあります。

アンペア制は、主に「従量電灯」というプランに使われていて、10A(アンペア)・15A・20A・30A・40A・50A・60Aと7段階で契約数ごとに異なる基本料金が設定されています。
例えば、東京電力「従量電灯B」の場合は以下ような料金設定がされています。

区分 単位 料金単価(税込)
基本料金 10A 1契約 280円80銭
15A 421円20銭
20A 561円60銭
30A 842円40銭
40A 1123円20銭
50A 1404円00銭
60A 1684円80銭
区分 単位 料金単価(税込)
電力量料金 最初の120kWhまで 1kWh 19円52銭
121kWh〜300kWh 26円00銭
301kWh〜 30円02銭

料金には消費税10%を含みます。

このように、契約アンペア数が大きくなると基本料金もその分上がるしくみとなっています。

Q.アンペア数によって何が変わるの?

アンペア数が大きくなるほど、ご家庭で一度に使える電気の量が増えます。

電気を一度にたくさん使ったらアンペアブレーカーが落ちてしまった、という経験をしたことがある方は多いでしょう。契約しているアンペアの大きさによって一度に使える電気の量が限られるので、例えば20A契約で、一度に20A以上電気を使ってしまうとアンペアブレーカーが落ちてしまいます。

そのため、ご家庭の電気の使用状況に見合ったアンペア数を契約しなければなりません。

Q.ちょうどいいアンペア数はどうやって選べばいいの?

ご家庭に最適なアンペア数は、一年のうちに一番電気をたくさん使う季節の、一日で一番電気を使う時間帯を中心に目安をたてていくと良いでしょう。

ご家庭に最適なアンペア数の目安の立て方は、以下の記事で詳しくご紹介しています。
自分の家のアンペア数を契約・見直す際の目安はどれくらい?
アンペア数を計算する際の、主な家電のアンペア数は以下の記事で詳しくご紹介しています。
アンペア数が高い(消費電力が大きい)家電を知って、上手に節約しよう

また、家族が多いご家庭など電気をたくさん使うご家庭は、アンペア制のプランではなく他のプランを使ったほうが電気代を安く抑えることができる場合があります。

今、ご家庭で契約している電気料金プランが最適なものかどうか、
エネチェンジプラン診断で簡単に診断することができ、そのプランが見合っていない場合は最適なプランを一緒に診断することができます。ぜひご活用ください。

100万世帯以上が切り替えています
電力会社を変えると電気代が平均18,000円安く!
電気代の節約には、電力会社・電気料金プランの見直しが欠かせません。自分のライフスタイルにあったプランに切り替えるだけで、電気代が安くなるんです。手続きも簡単!さっそく、アナタの住んでいる地域の電力会社をチェック。
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。