エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. ボルトとアンペアはどう違うの?
 

ボルトとアンペアはどう違うの?

でんきの基本

ボルトとアンペアの違い知ってますか?それぞれの違いと家庭のアンペア数について、ご説明します。

表示がボルトだったりアンペアだったりすると良く分からないですよね。計算方法が分かってもそれ自体が何なのか良く分からないという人も多いはず。そこで今回は、それぞれの意味と求め方を分かりやすく説明しますよ。

100万世帯以上が切り替えています
電力会社を変えると電気代が平均18,000円安く!
電気代の節約には、電力会社・電気料金プランの見直しが欠かせません。自分のライフスタイルにあったプランに切り替えるだけで、電気代が安くなるんです。手続きも簡単!さっそく、アナタの住んでいる地域の電力会社をチェック。
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
記事を読み進める前に…
電力会社を変えると、電気代が平均
18,000円安くなります。
郵便番号を入力して、比較してみよう!
-

V(ボルト)とA(アンペア)

V(ボルト)とA(アンペア)と聞いてもピンと来ないのは、目に見えないからではないでしょうか?理解するために、目に見えるもので置き換えてみましょう。電気を説明する例としてよく使われるのは水です。水がホースを通って外に出ていく様子を電気に置き換えてみると…

  • 流れている水=電流(A)
  • 流れようとする水の力=電圧(V)

ということになります。つまり、アンペアは1秒間に流れている電気の量その電気を流す力がボルトという単位で表されているということです。ちなみに、イタリアの電池を発明した物理学者ボルタさんからとって電圧をボルト、フランスの電気学者アンペールさんからとって電流をアンペアというように、名前が付けられたそうですよ。

一人暮らしの契約アンペア数はどれくらいがいいの?

アンペアといえば、実はわたしたちの生活にとても身近なんです。それは、毎月の電気代の契約でアンペア(A)が使われているから!電気の基本料金は、アンペアの契約なんですよ。東京電力を例に挙げると、契約できるアンペア数と基本料金は7種類あります。

10A
赤色:280円80銭
15A
ピンク色:421円20銭
20A
黄色:561円60銭
30A
緑色:842円40銭
40A
灰色:1,123円20銭
50A
茶色:1,404円00銭
60A
紫色:1,684円80銭

アンペアブレーカーをチェックすればこのアンペア数か色で、契約しているアンペア数が分かるはずです。では、一人暮らしで使われている家電製品はどのくらいのアンペアが必要なのか見てみましょう。

  • 照明:2A
  • テレビ:平均1.5A
  • 冷蔵庫:2A
  • エアコン:5~12A
  • ドライヤー:12A
  • 電子レンジ:15A
  • 洗濯機:洗濯時2A/乾燥時6A

テレビ・冷蔵庫・照明は付けたままだとしても、5.5Aです。ドライヤーや電子レンジを使う時にはエアコンを消すなどして使えば、1人暮らしであれば20Aの契約で十分だと言えます。例えば今の電気の契約が「東京電力/従量電灯B/30A」だった場合、20Aに変更すると基本使用料が月額281円安くなりますね。1年間で3,372円安くなることになりますし、アンペアを意識しながら生活することで電気代の節約につながります。

ブレーカーがおちる?

すぐブレーカーが落ちるという方は、まず検針票をチェックしてみましょう。「契約容量」の欄に今契約しているアンペア数が記載されています。その契約アンペア数が20Aだったとして計算してみますね。

  • 冷蔵庫(2A)+照明(2A)+テレビ(1.5A)+洗濯機(6A)=11.5A

これらの電気を使っている状態でヘアドライヤーを使った場合、12Aが追加されて合計で23.5A必要になります。契約している20Aを超えてしまったのでブレーカーが落ちてしまう……というわけですね。つまり、ヘアドライヤーのようにアンペア数が高い家電を使う場合は、他の家電と使う時間帯をずらす必要があるのです。
一人暮らしであれば、可能な限りスイッチのON OFFの調節をすることで電気代が節約できます。しかし、家族が増るとそうはいきませんので契約のアンペア数を人数に合わせる必要がありますね。

V(ボルト)とA(アンペア)まとめ

ボルトは電圧、アンペアは電気の量ということが分かりましたね。この機会に1度自宅の契約アンペア数をチェックしてみると良いかもしれません。注意点としてアンペア契約は基本的に年間契約になっているので、冷房器具や暖房器具を使う機会の多い夏や冬だけアンペアを増やしたいというのは不可能になります。居住者の人数に合わせたアンペア数に設定することが大事になりますね。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。