エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 電気料金プランを変更する手順と方法を完全ガイド!実は超簡単です
 

電気料金プランを変更する手順と方法を完全ガイド!実は超簡単です

でんきの基本

電気代を今より安くしたいなら、電力会社や電気料金プランを変更するのがおすすめです。手続きに不安を感じている人は、この記事で電力会社・電気料金プランの変更の手順と方法をくわしく解説しますのでぜひご覧ください。自分の家庭にあったプランを選んで、おトクに電気を使いましょう!

電力自由化によって、電力会社や電気料金プランを自由に選べるようになりました。でも、「手続きが難しそう」「プラン選びが面倒くさそう」など、不安に思っている人も多いでしょう。

そこでこの記事では、電力会社や電気料金プランを変更する手順・方法をくわしく解説します。電力会社・電気料金プランの切り替えは、実は驚くほど簡単なんです!

電気料金プランの変更は誰でもできる?

電力会社や電気料金プランの切り替え手続きの前にまず気になるのが、自分の家が電力会社を切り替えられるのかどうかです。

結論から言うと、電力自由化によって原則的に誰でも電力会社や電気料金プランを選べるようになりました。

2016年4月の電力自由化は、正確には「電力小売全面自由化」のことを指します。

2000年3月に「特別高圧区分」の電力小売自由化が始まったあと、2004年4月・2005年4月の「高圧区分」にも区分が広がり、2016年にいよいよ一般家庭を含む「低圧区分」が自由化されたことで電力小売「全面」自由化となりました。

電力小売全面自由化となったことで、日本全国で、家庭で使う電気も自由に選べるようになっています。

賃貸住宅でも電気料金プランの変更は可能!

電力自由化は持ち家の世帯だけが対象なのでは?と不安に感じている人もいるかもしれません。

しかし、アンペアブレーカーや電力メーターといった装置は各物件の設備ではなく、各エリアの一般送配電事業者(例えば、関東であれば東京電力)の所有物のため、アパートやマンションなどの賃貸住宅にお住まいでも個別に電力会社や電気料金プランの切り替えが可能です。

電気料金プランの変更ができないケースもある?

電力自由化により、持ち家・賃貸にかかわらず一般家庭でも自由に電力会社を選べるようになりました。ただし、一部では切り替えができないケースもあります。

一部マンションなど、戸数の多い集合住宅では、世帯ごとに電気契約をするのではなく建物全体で一括契約する「高圧一括受電契約」をしていることがあります。

この場合、電力会社は各戸の居住者ではなく建物の管理会社やオーナーと契約を結ぶため、基本的に個別に契約を変更することはできません。そのため、集合住宅にお住まいの場合は電力会社の切り替えが可能か事前に確認しておくとよいでしょう。

電気料金プランの変更手順と方法

電力会社や電気料金プランの変更は以下の手順で行います。

手順1.変更する電力会社と電気料金プランを決める

電力自由化によって電力会社や電気料金プランの選択肢は大幅に増えています。

地域ごとに選べる電力会社が異なるため、まずは住んでいる地域や電気の使い方を確認しながら、最適な電力会社を探してみましょう。

電力会社・電気料金プラン選びは「エネチェンジ電力比較」が便利!

自分の家庭にぴったりの電力会社・電気料金プランを探すなら、「エネチェンジ電力比較」が便利です。

お住まいの地域の郵便番号や1カ月の電気使用量(または電気代)など簡単な情報を入力するだけで、もっともおトクになる電力会社・電気料金プランを診断し、各社を比較することができます。

お手元に検針票(電気ご使用量のお知らせ)を用意しておけば必要情報の入力がスムーズにでき、診断結果ページから気に入ったプランにそのまま申し込むことも可能です。まずは気軽に、自分の家庭でどれくらい電気代が節約できるのか診断してみましょう!

手順2.変更先の電力会社に新しい電気料金プランの契約を申し込む

新しく契約する電力会社や電気料金プランが決まったら、その電力会社へ切り替え手続きの連絡をしましょう。電力会社を変えずに電気料金プランだけを変更する場合は、契約している電力会社に連絡(またはWEB上で手続き)すればOKです。

「エネチェンジ電力比較」をご利用の場合は、診断結果からそのまま申し込み手続きを進めることができます。

手順3.現在契約している電力会社へ電気の使用停止の連絡をする

電力会社や電気料金プランの切り替え手続きは、引越しなど住所変更をともなうかどうかで手順が異なります。条件によっては、この「手順3」が不要な場合もありますので確認しておきましょう。

同一住所で切り替える場合
同一住所での切り替えの場合、基本的に新しく契約する電力会社が解約の手続きをしてくれるため、現在契約している電力会社へ電気の使用停止(解約)の連絡は原則不要です。
引越しなど住所の変更とあわせて切り替える場合
現在契約している電力会社へ電気の使用停止(解約)の連絡をし、最終使用日を伝えます

手順4.スマートメーターへの取り替え

電力会社・電気料金プランを変更する際は、従来のアナログ式の電力メーターからデジタル式の「スマートメーター」へ取り替える必要があります。

もし対象住居の電力メーターがまだスマートメーターに取り替えられていない場合、取替工事が行われます。スマートメーターの取替工事は、各エリアの一般送配電事業者が行います。交換工事にかかる費用は原則無料で、工事の際に立ち会う必要もありません

壁面の工事が必要なケースなどでは有料となる場合があります。また、オートロックの住居などでは立会いが必要な場合があります。

手順5.電気の供給開始

契約手続きをし、スマートメーターへの取り替えが完了したら、いよいよ新しい電力会社から電気の供給がスタートします。供給が開始されるタイミングは切り替え先の電力会社から事前に告知されますので確認しておくとよいでしょう。

電力会社・電気料金プランの切り替えにかかる日数は?

資源エネルギー庁によると、切り替えにかかる期間は以下のように説明されています。

切り替えに要する標準的な期間は、(1)スマートメーターへの交換工事が必要となる場合は、およそ2週間程度、(2)交換工事が不要である場合はおよそ4日程度とされています。 具体的な切り替え日については切り替え先の電力会社にご確認下さい。 なお、2016年4月の小売全面自由化の開始の直前・直後など、切り替え申し込み数が非常に多い場合は、切り替えに時間がかかる可能性があります

出典:電力会社を切り替えるには?|電力小売全面自由化|資源エネルギー庁

引越しが増える3月~4月も電力会社の切り替えが混雑しやすい時期です。引越しをともなう切り替えで、引越しの当日から電気を使いたい場合は、できるだけ早めに手続きを進めたほうがよいでしょう。

電気料金プランを変更する際の注意点

電力会社や電気料金プランの切り替えの際には注意しておきたいこともあります。切り替えたあとに後悔せずに済むよう、事前に確認しておきましょう。

契約の条件や解約違約金などを確認しておく

電力会社の中には、あらかじめ契約期間が定められていてその期間内に解約した場合に解約違約金がかかるところもあります。短期間で再度切り替えをする可能性がある場合は余計な費用がかかる可能性があるため、事前に契約期間や解約時にかかる費用を確認しておきましょう。

もともと契約期間の定めや解約違約金がない電力会社もありますので、その中から選ぶのもよいでしょう。

紙の明細書が発行されないケースがある

電力自由化以降に登場した新しい電力会社では、電気使用量の明細や請求額をWEBサイトやアプリでいつでも確認できるようになっていることがほとんどです。

ただし、逆に紙の明細書や請求書の発行が有料だったり、そもそも発行していない場合もありますので、どうしても紙でほしい場合は契約前に確認しておいたほうがよいでしょう。

電気料金プランの変更にあわせて契約アンペア数も確認しておこう

北海道電力、東北電力、東京電力、中部電力、北陸電力、九州電力では「アンペア制」を採用しており、該当エリアの一般的な家庭向けプランでは契約アンペア数に応じて基本料金が変わるようになっています。

契約アンペア数が大きいほど同時にたくさんの電気を使うことができますが、基本的に契約アンペア数が大きくなると電気料金(基本料金)も高くなります。

契約アンペア数を見直すことで電気代を安くできる可能性がありますので、電力会社・電気料金プランを変更するのにあわせて見直しを検討してみましょう。

こんな家庭は契約アンペア数の見直しがおすすめ!

例えば、世帯人数に変化があった場合では最適な契約アンペア数でなくなっている可能性があります。もし世帯人数に対して契約アンペア数が大きい場合は、電力会社・電気料金プランの変更にあわせて契約アンペア数を見直すことで電気代の節約になります。

逆に子どもが生まれるなどして世帯人数が増え、人数に対して契約アンペア数が小さい(すぐにブレーカーが落ちてしまう)場合は、大きくすることで快適に電気を使えるようになるでしょう。

契約アンペア数の変更は、各電力会社に連絡して行います。変更したあとは原則1年間は再変更できないため、慎重に決めましょう。

契約アンペア数に電気代が左右されないプランを選ぶという手も

契約アンペア数を変更する方法の他に、アンペア数による基本料金の違いがない「基本料金0円」の電気料金プランを提供している電力会社もあります。

「世帯人数が増えて同時に使う電気が増えたけれど、できるだけ電気代は抑えたい」という場合は、基本料金0円の電力会社・電気料金プランに切り替えることでおトクに電気を使える可能性があります。

なお、関西電力、中国電力、四国電力、沖縄電力では、電気使用量にかかわらず1契約ごとに一定の最低料金がかかる「最低料金制」を採用しており、アンペアの契約自体がありません。

生活スタイルにあわせて電気料金プランを変更すれば電気代を安くできる!

電力会社や電気料金プランの変更手順や方法について紹介しました。

電力会社を自由に選べることは知っていても、手続きがおっくうだったり、選び方がわからなかったりして切り替えを済ませていないという人も多いのではないでしょうか。しかし記事で紹介したように、実際の切り替え手続きは非常に簡単です。

エネチェンジ調べでは、家庭の生活スタイルにあった電力会社・電気料金プランに切り替えることで、今までと同じように生活していても年間平均18,000円もの電気代が節約できるというデータも出ています。

まずは、ご自身の家庭でどれくらい電気代が安くなるのか診断するところから始めてみましょう!

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。