【重要】 「廃止になる東京電力EPプラン」ご利用中の方へ
引越し先での電気の手続き
 

電気料金の段階制料金って何?

でんきの基本

電気を使った量が多くなると料金単価が高くなる「段階制料金」の仕組みと特徴をご説明いたします。料金単価が高くなる、とはどういうことなのか、また適用されるプランをご紹介します。

電気料金のプランごとに、1kWhあたりの電力量単価が設定されていますが、プランによっては「段階制料金」という設定で電力量単価が定められているものがあります。

「段階制料金」というのはどんなもので、どんなしくみとなっているのでしょうか?以下にご説明します。

段階制料金とは

段階制料金とは、電気使用量に応じて変わる電力量料金単価をいいます。

電気料金プランごとに、1kWhあたりの電力量料金単価が定められています。その、1kWhあたりの電力量料金単価は、どれだけたくさん電気を使っても料金単価が変わらない「固定制」のものと、電気をたくさん使うほど料金単価が高くなる「段階料金制」のものがあります。

「たくさん使えば高くなるのは当たり前」と思うかもしれませんが、変わるのは電気料金の総額ではなく「単価」です。電気の使用量がある量を超えてしまうと、それ以降の電気料金の「単価」が高く計算されるので、多く使うほど不利になります。

「段階制料金」のプランの特徴

「段階料金制」の電力量料金単価は、3段階に分けられており、段階ごとに1kWhあたりの電力量料金単価が変化していきます。

段階制料金には以下のような特徴があります。

第1段階
割安な料金単価
第2段階
平均的な料金単価
第3段階
割高な料金単価

第1段階は、ナショナル・ミニマム(国が保障すべき最低生活水準)の考え方を導入した比較的低い料金、第2段階は標準的なご家庭の1か月のご使用量をふまえた平均的な料金、第3段階はやや割高な料金となっています。

出典:東京電力

「段階制料金」を採用しているプラン

基本的な料金プランである従量電灯プランや、時間帯別の料金プランのうち、「段階制料金」を採用しているプランは従量電灯プラン、一部の時間帯だけに段階制が適用される朝得プランおトクなナイトプラン、などがあります(東京電力例)。

お住まいの地域の電力会社ごとにプランは異なりますが、どの電力会社の料金プランにも「段階制料金」を採用しているプランとそうでないプラン(固定制料金)があります。

ご家庭でひと月に電気をたくさん使う場合は、段階制でなく固定制の料金のほうがお得な場合が多いです。

ご家庭に最適な料金プランを知りたい場合は、エネチェンジプラン診断で簡単にプランのシミュレーションができます。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。