エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
夏のしろくまギフトキャンペーン2019
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 北海道電力(ほくでん)の電気料金プランを徹底解説!電気代を節約できるプランは?
 

北海道電力(ほくでん)の電気料金プランを徹底解説!電気代を節約できるプランは?

北海道電力の電気料金プランを見なおす

電気料金が高いといわれる北海道電力(ほくでん)ですが、なんとか電気代を節約したいと考えている人も多いはず。実は北海道電力でも自分の家庭にあった電気料金プランを選ぶことで電気代を今より安くすることが可能です。この記事では北海道電力が提供する各プランについてくわしく解説します。

北海道電力は旧一般電気事業者のなかでも電気料金が高いことで知られています。それだけに、なんとか電気代を安くしたいとお考えの方も多いでしょう。

そこで、この記事では北海道電力(ほくでん)が提供する電気料金プランを解説しつつ、電気代を安く抑えられるプランの選び方を紹介していきます。

各電気料金プランの特徴を押さえて自分の家庭に適したプランを選び、おトクに電気を利用しましょう。

記事を読み進める前に…
電力会社を変えると電気代が平均18000円安く!
電気代の節約には、電力会社・電気料金プランの見直しが効果的です。ライフスタイルにあったプランに切り替えれば、電気代を安くできる可能性があります。まずは、お住まいの地域の電力会社をチェックしましょう!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
記事を読み進める前に…
電力会社を変えると、電気代が平均
18,000円安くなります。
郵便番号を入力して、比較してみよう!
-

北海道電力(ほくでん)の一般家庭向け電気料金プラン

まずは一般的な電気の使い方をしている家庭に向けた電気料金プランを紹介します。毎月の電気使用量によっても一番おトクになるプランが変わりますので、毎月どれくらいの電気を使っているか確認しながら検討するとよいでしょう。

従量電灯B

「従量電灯B」は24時間同一料金の一般家庭向けの標準的な電気料金プランです。とくに電気料金の見直しを行っていない場合、このプランの契約になっていることが多いでしょう。

こんな家庭におすすめ!
  • 特定の時間帯に電気の使用が偏っていない家庭

従量電灯Bの料金表

区分単位北海道電力・従量電灯B料金
基本料金10A1契約334円80銭
15A502円20銭
20A669円60銭
30A1004円40銭
40A1339円20銭
50A1674円00銭
60A2008円80銭
電力量料金最初の120kWhまで1kWh23円54銭
121kWh〜280kWhまで29円72銭
281kWh〜33円37銭

「従量電灯B」はもっともベーシックな電気料金プランであるだけに、他のプランの検討をせず当たり前のものとして使い続けてきた家庭も多いでしょう。このプランを契約している家庭ではよりおトクに電気を使えるプランが可能性が高いので、他のプランとも比較してみましょう。

エネとくMプラン

「エネとくMプラン」は一般家庭向けのプランで、250kWh/月の使用量までは定額料金で、250kWhをこえる分は従量料金になる2段階の料金設定になっています。

こんな家庭におすすめ!
  • 毎月の電気代が8,000円~14,000円(電気使用量が250kWh~400kWh)程度の家庭

エネとくMプランの料金表

区分単位北海道電力・エネとくMプラン料金
基本料金10A1契約334円80銭
15A502円20銭
20A669円60銭
30A1004円40銭
40A1339円20銭
50A1674円00銭
60A2008円80銭
電力量料金最初の250kWhまで1契約6220円00銭
251kWh~1kWh31円74銭

例えば、ひと月に250kWhを使用した場合「従量電灯B」の電力量料金は6,688円40銭になりますが、「エネとくMプラン」なら6,220円で済みます。また、400kWhを使用した場合は「従量電灯B」の電力量料金は11,584円40銭となりますが、「エネとくMプラン」なら10,981円で済み、おトクに電気を利用できます。

エネとくLプラン

「エネとくLプラン」は「エネとくMプラン」同様、一定の使用量まで定額のプランです。400kWh/月の使用量までは定額料金で、400kWhをこえる分は従量料金になる2段階の料金設定になっています。

こんな家庭におすすめ!
  • 毎月の電気代が14,000円(電気使用量が400kWh)をこえる家庭

エネとくLプランの料金表

区分単位北海道電力・エネとくMプラン料金
基本料金10A1契約334円80銭
15A502円20銭
20A669円60銭
30A1004円40銭
40A1339円20銭
50A1674円00銭
60A2008円80銭
電力量料金最初の400kWhまで1契約10970円00銭
401kWh~1kWh31円69銭

ひと月に400kWhを使用した場合を例に考えると、「従量電灯B」の電力量料金は11,584円40銭、「エネとくMプラン」なら10,981円ですが、「エネとくLプラン」なら10,970円です。さらに、それ以上使う場合の電力量料金も31円69銭と割安に設定されているため、電気を多く使う家庭ではこのプランがおトクです。

Web・eプラスB

「Web・eプラスB」は、契約アンペア数が30A以上の家庭で申し込めるプランです。「Web料金お知らせサービス」を利用のうえ、口座振替またはクレジットカード払いにすることで、毎月300円、年間で3,600円が電気代から割引になります。

こんな家庭におすすめ!
  • 契約アンペア数が30A~60Aの家庭

「Web料金お知らせサービス」とは?

「Web料金お知らせサービス」は、毎月の電気代などをWeb上で確認できるサービスです。従来、紙で発行されていた「電気ご使用量のお知らせ(検針票)」や「電気料金請求書」は受け取れなくなりますが、パソコンやスマートフォンでいつでも電気使用量や電気代の請求額を確認することができます

Web・eプラスBの料金表

区分単位北海道電力・Web・eプランB料金
基本料金30A1契約1004円40銭
40A1339円20銭
50A1674円00銭
60A2008円80銭
電力量料金最初の120kWhまで1kWh23円54銭
121kWh〜280kWhまで29円72銭
281kWh〜33円37銭

基本料金・電力量料金ともに「従量電灯B」と料金設定がまったく同じのため、30A以上でこのプランに契約できる家庭であれば、プランを変更したほうが確実にオトクです。

北海道電力(ほくでん)の季節によって料金設定が変わる電気料金プラン

北海道電力では、冬の寒さの厳しい北海道ならではの、季節によって料金設定が変わる電気料金プランも用意しています。

エネとくシーズンプラスB

「エネとくシーズンプラスB」は、電気使用量200kWhまでは定額、それ以上の使用は従量料金になるプランで、冬季(11月~翌2月)とそれ以外の時期で異なる料金が設定されています。また、エアコン(冷房)を設置している家庭なら、「エアコン割引」として毎月300円、年間で3,600円、電気代から割引されます。

こんな家庭におすすめ!
  • エアコン(冷房)を設置している家庭
  • 冬季はエアコンよりもガスや灯油の暖房がメインの家庭
  • 夏季にエアコンをよく使う家庭

エネとくシーズンプラスBの料金表

区分単位北海道電力・エネとくシーズンプラスB料金
基本料金30A1契約1036円80銭
40A1382円40銭
50A1728円00銭
60A2073円60銭
電力量料金冬季(11月1日〜翌
2月28日)
最初の200kWhまで(定額)1契約5302円80銭
201kWh~1kWh34円24銭
冬季以外(3月1日〜10月30日)最初の200kWhまで(定額)1契約4551円12銭
201kWh~1kWh28円84銭

冬季の電気代が高めに設定されているため、冬はエアコンよりも石油や灯油による暖房機器をメインに使っている家庭におすすめです。「エアコン割引」は、エアコンの台数や対応する広さ、使用量にかかわらず、エアコンを設置している家庭で適用となります。

北海道電力(ほくでん)のスマート電化住宅向け電気料金プラン

エコキュートやIHクッキングヒーターなどを利用するスマート電化住宅を対象とした電気料金プランも用意されています。

eタイム3プラス

「eタイム3プラス」は、スマート電化住宅を対象とした電気料金プランです。1日を3つの時間帯にわけて料金が設定されており、とくに夜間の電気料金が安くなっています。このプランを契約できるのは、以下のいずれかの機器を設置・利用している家庭です。

「eタイム3プラス」の加入条件(次のいずれかの電化機器をお持ちの方)
  • ヒートポンプ式給湯機(エコキュートなど)
  • ヒートポンプ式暖房機(温水暖房など)
  • 家庭用の電気式ロードヒーティング
こんな家庭におすすめ!
  • スマート電化住宅の家庭
  • 家庭用の電気式ロードヒーティングをお使いの家庭
  • 新規受付を終了した「融雪用電力(ホットタイム)」に代わるプランをお探しの家庭

eタイム3プラスの料金表

区分単位北海道電力・eタイム3プラスB料金
基本料金6kVAまで1契約2175円20銭
7kVA・8kVA2675円20銭
9kVA・10kVA3175円20銭
10kVAをこえる1kVAにつき464円40銭
電力量料金朝晩時間(8時~13時)1kWh39円94銭
午後時間(13時~18時)30円35銭
夜間時間(18時~翌8時)14円37銭

表のとおり、夜間時間(18時~翌8時)の電力量料金が割安に設定されており、エコキュートなどの機器をおトクに利用することができます。

なお、このプランでは、温水暖房などのヒートポンプ式暖房機や、家庭用の電気式ロードヒーティングを利用している場合、冬期間(12~翌3月分)の電力量料金が10%割引になる「暖房融雪割引」が適用になります。

割引上限額は、使用している機器によって変わります。くわしい金額は以下の表をご覧ください。

利用する機器ごとの暖房融雪割引上限額

割引区分割引上限単価(円/kVA)割引機器上限容量
ヒートポンプ式暖房機1350円00銭5kVA
ヒートポンプ式暖房機+その他暖房機810円00銭
ヒートポンプ式ロードヒーティング864円00銭
その他ロードヒーティング432円00銭
ヒートポンプ式暖房機+ヒートポンプ式ロードヒーティング1188円00銭10kVA
ヒートポンプ式暖房機+その他ロードヒーティング918円00銭
ヒートポンプ式暖房機+その他暖房機+ヒートポンプ式ロードヒーティング810円00銭
ヒートポンプ式暖房機+その他暖房機+その他ロードヒーティング702円00銭

「その他暖房機」とは、ヒートポンプ式暖房機および蓄熱式電気暖房器以外の定格電圧200Vの電気暖房機のことを指します。「その他ロードヒーティング」とは、ヒートポンプ式ロードヒーティング以外の定格電圧200Vの電気ロードヒーティングのことを指します。

北海道電力(ほくでん)の融雪用電力「ホットタイム」は新規受付を終了

電気式ロードヒーティングなどで冬季のピーク時間帯以外に電気を使う際におトクになる融雪用電力の以下プランについては、それぞれ2017年10月31日をもって新規加入の受付を終了しています。

  • 融雪用電力A(ホットタイム19)
  • 融雪用電力B(ホットタイム22)
  • 融雪用電力C(ホットタイム19エコ)
  • 融雪用電力D(ホットタイム22エコ)
  • 融雪用電力L(ホットタイム22ロング)

参考:融雪用電力 – 北海道電力

「ホットタイム」に代わる電気料金プランは?

2019年4月現在、「ホットタイム」に代わる新しい電気料金プランは提供されていませんが、もし電気式ロードヒーティングをご利用の場合は「eタイム3プラス」を選択するとよいでしょう。

「eタイム3プラス」は、電気式ロードヒーティングを利用している家庭を対象に、冬期間(12~翌3月分)の電力量料金が10%割引になる「暖房融雪割引」が適用になります。

割引の上限額は利用している機器によって異なります。くわしくは、「利用する機器ごとの暖房融雪割引上限額」の表をご確認ください。

北海道電力(ほくでん)の契約手数料、支払い方法や請求書は?

北海道電力と契約する上での手数料や支払い方法などを紹介します。

契約手数料
かかりません。
支払い方法
クレジットカード決済、口座振替、振込票(金融機関・コンビニエンスストア)による支払いから選択できます。振込票での支払いを選択した場合、振込票に記載されたバーコードをスマートフォンアプリで読み取って支払うこともできます。
請求書の確認
「Web料金お知らせサービス」に登録することで、検針日の4~6日後からマイページにて確認できます。紙の請求書と併用できないため、紙でほしい場合は「Web料金お知らせサービス」を解約する必要があります。

北海道電力(ほくでん)の解約時の手数料や違約金は?

北海道電力を解約する場合の手数料などを確認しておきましょう。

契約期間
1年間です。
解約手数料
かかりません。
解約違約金
かかりません。

北海道電力(ほくでん)で自分の家庭にあった電気料金プランを選ぼう

北海道電力(ほくでん)の電気料金プランについてくわしく解説しました。

電気料金が高いといわれる北海道電力ですが、自分の家庭にあった電気料金プランを選ぶことでおトクに電気を利用することができます。毎月の電気使用量や、利用している設備などにあわせてかしこくプランを選びましょう。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。