エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. インターネットの月額料金、平均はどれくらい?
 

インターネットの月額料金、平均はどれくらい?

通信費の節約

一般家庭のインターネットにかかわる平均月額をご紹介しながら、インターネットの料金を節約する方法を解説しています。

自宅のパソコンを使って必要な情報を検索したり、ネットでお買い物をしたり、本当にインターネットは便利!でも、インターネットにもお金がかかっていることを忘れていませんか?
インターネット料金も光熱費や水道代と同じように、毎月コンスタントに家計に負担がかかっていて、いつの間にか大きな出費になっていることもあります。今回はインターネット料金の平均月額や、毎月の節約のポイントなどについてご紹介していきます。

記事を読み進める前に…
電力会社を変えると電気代が平均18,000円安く!
電気代の節約には、電力会社・電気料金プランの見直しが欠かせません。自分のライフスタイルにあったプランに切り替えるだけで、電気代が安くなるんです。手続きも簡単!さっそく、アナタの住んでいる地域の電力会社をチェック。
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-

記事を読み進める前に…
電力会社を変えると、電気代が平均
18,000円安くなります。
郵便番号を入力して、比較してみよう!
-

インターネットの通信費の月額平均はどれぐらい?

pixta_19478790_M
う~ん、やっぱり高いかも…
自分の家のインターネット料金の節約を考えた時に気になるのが、「他の人って、どれぐらいインターネットにお金をかけているの?」ということですね。総務省統計局が毎年発表している家計調査の結果から、各世帯別のインターネット料金の平均月額をチェックしてみましょう。

家計調査に見るインターネット接続料の平均月額

家計調査では単なる家庭の平均支出だけでなく、家族の人数や就労状況などの条件ごとの支出額も掲示していますが、平成22年、27年の各世帯のインターネット接続料の全国平均金額は次のような結果になります。

年度総世帯総世帯(勤)2人以上世帯2人以上世帯(勤)単身世帯
平成22年1,874円2,456円2,099円2,610円1,336円
平成27年2,772円3,432円3,220円3,858円1,804円

着実に、インターネット接続料は年々増加していますね。これはインターネットの普及がどんどん進んでいたり、ネットでのショッピングが一般的になってきたことが影響をしています。平成27年中の統計では、ネットショッピングにかかった費用全体は減少傾向にあるのですが、

  • 衣類や靴のネット通販
  • 電子書籍や音楽アプリの購入
  • 旅行費用のインターネット決済

などは増加傾向にあり、多くの家庭で便利なインターネットを活用する機会はますます増えていることがわかります。
参照:総務省 家計消費状況調査 平成27年年次統計<品目分類>特定の商品・サービスの1世帯当たり1か月間の支出「3-1」全国・地方・都市階級別の表のうち「02」インターネット接続料参照:総務省 家計消費状況調査 平成22年年次統計<品目分類>特定の商品・サービスの1世帯当たり1か月間の支出「3-1」全国・地方・都市階級別の表のうち「03」インターネット接続料(プロバイダ料金など)

インターネットの接続料の平均はいくらと考えるべき?

家計調査の結果を見て分かるように、インターネットの接続料金は家族の人数や就労状況などで大きく違うことがわかります。家族の人数が増えれば増えるほど使用量が増えて費用が高くなっていくわけなのですが、一般家庭のインターネットにかかる平均月額としては、

  • インターネットにかかる月額平均 2,000~4,000円

と考えていきましょう。

インターネットにかかる月額料金を減らすポイント

pixta_20028608_M
使えば使うほどお金がかかる!?
年々増えて続けている家庭でのインターネット料金ですが、このまま増え続けるのはちょっと心配ですよね。どうやってインターネットの月額を減らして、家計を節約していけばいいのか、一緒に考えていきましょう。

ポイント1. 毎月のインターネットの料金の内訳を知っておきましょう

毎月のインターネットにかかる料金の内訳は、次のとおりです。

  • 回線使用料 ⇒ インターネット回線を設置している会社に支払う料金
  • プロバイダ料金 ⇒ プロバイダ=インターネット接続業者に支払う料金
  • オプション料金 ⇒ アプリなどのオプションサービスに支払う料金

この3つの料金をいかに減らしていくかが節約のポイントですので、よく理解しておいてくださいね。

ポイント2. 回線使用料は割引を利用しましょう

フレッツ光やなどのインターネット回線を引いている業者に支払う回線料金は、プロバイダ料金とセットになっていることも多いのですが、

  • 2年利用割引
  • 長期利用割引

などの契約期間による割引をつかうと、大幅に節約できます。割引の設定や割引率は各会社で違いますので、契約している会社のショップ窓口で相談してみてくださいね。

ポイント3. プロバイダ料金は各種キャンペーンを活用しましょう

プロバイダは、インターネット回線を設置している会社と契約しているプロバイダの中から、自由に変更ができます。そういったプロバイダは新規契約者を獲得するために、

  • キャッシュバック
  • 商品券や現金などの付与
  • 数か月分のプロバイダ料金無料キャンペーン

などを実施していることが多いので、サービスや料金を比較して一番お得なプロバイダに乗り換えていくことも節約になります。キャンペーンのキャッシュバックは、契約後に自分で申請しなくてはいけないものが多いので、もらい忘れがないように注意をしてくださいね。

ポイント4. オプション料金は定期的に見直しましょう

オプションサービスは回線会社でもプロバイダでも提供していますが、契約時にキャッシュバックなどの適用とセットにして、半ば強制的に加入しているケースがほとんどです。オプションサービスには、

  • 留守番機能サービス
  • 地図・ナビゲーター昨日
  • ゲームなどのアプリ

などのさまざまなバリエーションがあってためになるものも多いのですが、どれも数百円程度のお金がかかります。オプションサービスはいくつも契約していると大きな無駄になりますので、定期的に契約を見直して、必要のないものや使っていないオプションは解約しましょう。

ポイント5. 焦って通信会社を変更するのはやめましょう

回線使用料は各回線を設置している通信会社で金額が違うのですが、今使っている回線よりもお得な通信会社をみつけたからと慌てて解約すると、逆に出費を増やしてしまうかもしれません。インターネットは契約する時に、

  • 契約料
  • 初期工事費
  • 設備費

などの費用を支払っていますが、初期工事費などは契約して2年未満で解約する場合は、工事費を一部負担するなどのしばりがあります。通信会社を変更したい場合はもう一度契約書を確認するとともに、それぞれの通信会社にかかる総費用を比較して、よく検討してからにしましょう。

インターネットの平均月額と節約のポイント・まとめ

pixta_24525589_M
子供の娯楽にも、学習にも使えて便利!
平成27年度版情報通信白書で端末別インターネット利用状況をみてみると、私達が頻繁にインターネットを使う端末は、

  • 自宅のパソコン 53.5%
  • スマートフォン 47.1%
  • 自宅以外のパソコン 21.8%

となっていて、家庭での使用が一番大きいことがわかります。

だからこそ、自宅のインターネット料金の節約を考えることが大事なんですね。インターネットにかかる料金は毎月コンスタントにかかっていて大幅な変動がないため、家計簿の中で見逃してしまいがちなのですが、契約などを見直していけば減らせます!
少しでも節約しながらインターネットを利用して、浮いたお金で快適にネットショッピングなどを楽しんでくださいね。
参照:総務省 白書平成27年版 インターネットの普及状況

インターネット料金の節約だけじゃなく格安SIMでスマホの料金も節約しよう!

インターネット料金の他にスマホ代も節約したいなら、格安SIMがおススメです!

格安SIMならたくさんのMVNOから自分の使う通信の量にあわせてぴったりなプランやオプションを選べます。余分なオプション料金がかからないから、乗り換えると大幅にスマホ代が節約できますよ。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。