エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 引越しの見積もり、失敗しないための注意点と比較のやり方
 

引越しの見積もり、失敗しないための注意点と比較のやり方

引越し

引越しで重要になってくるのが、引越し業者への見積もりの取り方です。ここで失敗すると、業者を決めた後に思わぬ出費をとられることも!見積もりとってもらう方法別のメリット・デメリット、注意点などをご紹介します。

今回は、引越しの見積もりに関するあれこれについてお話します。この春引越しする方、注目!

見積もりの方法とメリット・デメリット

まずは、見積もりにはどんな方法があるか、メリットとデメリットを挙げながら見ていきましょう。

訪問で見積もりする

業者に直接連絡し、営業担当に来てもらって見積もりをとる方法です。次のようなメリットがあります。

訪問見積もりのメリット
実際に荷物の大きさ・量を見てもらえる
営業担当に家の中に入ってもらって、どんな荷物があるのか、大きさや量はどれくらいかを実際に見てもらうので、見積もりがスムーズに行きますし、後日必要な分の段ボールを届けてもらえます。
最適な値段を提示してもらえる
実際に荷物を見てもらうことで、必要な人員数やトラックの大きさが決められますので、その場で最適な値段を提示してもらえます。たいていの業者はこの時「他の業者と比較してみてください」と言って帰ります。依頼者は他社の見積もりも取ることを前提に訪問するわけです。
見積もり書を書いてもらえる
見積もりを行ったその場で、契約書に当たる「見積もり書」を作成してもらえます。見積もり書があれば、後々になっていろいろな理由をつけて値上げされる、というようなことを防げます。
訪問見積もりのデメリット
ある程度は時間を取らなければならない
訪問見積もりにはそれなりに時間がかかります。単身の引越しの場合は10分程度で終わることもありますが、家族で引越すとなると、見積もりに1時間以上かかることはざらにある話です。
「仕事が忙しくでなかなか時間が取れない!」という人には悩ましい話ですが、中には夜遅くでも訪問してくれる業者もあるので、相談するのがよいでしょう。
知らない人を家に上げなければならない
もちろん営業担当は赤の他人。知らない家に上げるのには抵抗がある人もいるかもしれません。しかし、営業担当にしてみれば、1日に何件も回っているわけですから、例え家の中が散らかっていようとさほど気にしてはいないのです。
断りを入れなければならない
せっかく複数の業者が訪問してくれても、最後に頼めるのは1社のみ。それ以外の業者には断りを入れなければなりません。なかなか心苦しいことではありますが、仕方のないことなのです。

電話で見積もりする

業者との電話で見積もりを取ってもらう方法です。次のようなメリットがあります。

電話見積もりのメリット
業者側の都合に合わせる必要がない
業者の訪問はないので、こちらの電話したいときに電話することができまます。
家に人を上げる必要がない
特に女性の一人暮らしなどでは、いくら業者とはいえ知らない男性を家に上げるのは抵抗があると思います。電話見積もりなら業者の訪問はないので、その点では安心でしょう。
電話見積もりのデメリット

電話見積もりはデメリットのほうが大きい感は否めません。

そもそも電話では見積もってくれない
多くの業者は、電話見積もりは単身者の引越しに限っています。単身者の荷物の量はだいたい相場が決まっているからなのですが、家族での引越しとなると、家庭によって荷物の量は大きく違ってきます。それ故、多くの業者は、家族での引越しの場合は電話見積もりは受け付けません。
長電話になる
電話見積もりの場合、名前や現住所、引越し先の住所等のほかに、どんな荷物がどれくらいあるのかを全て伝えなければなりません。これを電話で行うと短くても15分、長ければ30分はかかると身構えておく必要があります。もちろん複数の業者に電話で見積もる場合、その分時間がかかります。
段ボールは自分で用意しなければいけない業者も
電話見積もりでは、段ボールは自分で用意しなければならないこともあるようです。とはいっても、私自身が引越しの際に電話見積もりを使った際には後日段ボールを届けてもらえましたが……。こればかりは業者によりけりのようです。
料金が高くなる
電話見積もりの場合、訪問見積もりよりも高い料金が提示されます。引越し当日になって「見積もりの時に言っていなかったんだけどこれも……」というように荷物が増えてトラックに載せきれない、ということを防ぐため、電話見積もりでは申告した分よりもあらかじめ荷物の量が多めに設定されるからです。
情報がうまく伝達されないことも
見積もりの際にはきちんと伝えたのに、業者から「こんなに荷物があるなんて聞いていない」と言われるという具合に、こちらが電話で伝えた情報と、引越し当日に業者が把握している情報に食い違いが生じている、ということがあります。電話での見積もりではままあるトラブルと言われています。

見積もりサイト経由で依頼する

ネット経由で見積もりできる!

最近では、ウェブ上の見積もりサイトで一括して見積もりして、複数の業者を比較することができます。見積もりサイトでの見積もりの取り方は以下のような流れとなります。

  1. 見積もりサイトで一括で見積もって比較する
  2. 各業者から連絡が来る or 各業者に連絡する
  3. 各業者で詳しく見積もる
見積もりサイトを使うメリット
複数の業者を一括で比較できる
なんといっても、複数の業者を一括で比較できる点は最大のメリットです。サイト上に引越しの距離、荷物の多さ、家族の人数等を入力するだけで、複数の業者の値段や口コミ等が表示されます。
検索結果をもとに業者を絞り込める
見積もりサイトを使うことで、値段や口コミをもとにある程度業者を絞り込むことができるので、手当たり次第に業者に連絡するという手間が省けます。
見積もりサイトを使うデメリット

便利な見積もりサイトですが、デメリットもあります。

サイトによって見積もり価格がバラバラのことも
同じ条件を入力しても、見積もりサイトAと見積もりサイトBでは同じ会社でも見積もり価格が異なるということがあります。複数の見積もりサイトでさらに比較するのが良いでしょう。
業者からの電話が止まない
詳しくは後述します。

見積もりの注意点

見積もりの注意点は、どのようなものがあるでしょうか。

見積もりで失敗しないためには

見積もりで失敗しないために心得ておくべきことをリストアップしました。

引越し日がおおよそ決まってから見積もる
見積もりは、引越しの日時が決まってからか、複数の日にちが挙げられるようになってからにしましょう。見積もりの際に「日時はいつでもいい」などと伝えてしまうと、業者は困ってしまいます。
平日なのか土日なのか、また3月下旬~4月上旬の引越し繁忙期と重なるのか等で料金は変動します。「いつでもいい」と言われると適切な値段が出せず、一番高い見積もり料金を提示しなければならないことになってしまいます。
荷物の詳細をしっかり伝える
上でも書いたことですが、後々トラブルになることを防ぐためにも、運んでもらう荷物は全て伝えましょう。申告漏れならまだしも、見積もりの際に「これは自分で運びます」と伝えたのに当日「運べ」と言っても、業者は運んでくれないか、運んでくれても割増料金が付きます。
引越し先の周辺の道路は?
見積もりの前に、引越し先の物件の周辺の道路の大きさを確認しておきましょう。それなりの道幅のある道路でないとトラックが入れず、少し離れたところで荷物を降ろして運ぶ、ということになります。事前に把握して伝えれば問題ありませんが、当日にこういう状況になれば割増料金がかかります。
訪問見積もりは1社ずつ
訪問見積もりの際は1社ずつ行いましょう。「時間がないからとめて入って見積もってもらおう」と同じ時間で複数の業者を呼んで見積もりをお願いするというのは、業者にも悪い印象を与えてしまうのでやめましょう。

「安かろう悪かろう」にならないようにするためには?

引越しの際の出費は大きいものですから、なるべく安い業者を選ぼうとするのは当然の心理ですよね。安い業者を選ぶ際の注意点としては、いかなる見積もりの方法であれ、「複数の業者と比較する」ということです。

最初の1社目の営業マンが「今この場で契約してくれたらもっと安くしますよ!」と言ってきても、そこは心を強く持って「他と比較してみます」と宣言しましょう。昔から「安物買いの銭失い」という言い回しもあるように、安さにはなにか裏があるはずです。

1番安い業者を選んだら作業が雑で、家具に傷が付いてしまった、なんていう話はよく聞きます。もしかしたら、数千円高いけど口コミはとても良い業者があるかも知れません。見積もりサイト上の口コミ等を参照し、本当に安くて質が高い業者なのか、他の業者と比較しながら確かめましょう。

おすすめ見積もりサイト

最後に、おすすめの引越し見積もりサイトをご紹介します。


「ズバット引越し比較」は見積もり可能の業者の数が220社以上と、見積もり比較サイトの中で1番多いサイト。

各業者のサイトを一つひとつ見て、個別に見積依頼をして……という手間が一気に省けます。引越しの条件合った業者の中から相見積もりを取って比較できるので、納得して業者選びができるでしょう。

まとめ

引越しの見積もりのあれこれについて見てまいりました。

見積もりの方法は?
  1. 訪問で見積もりする
  2. 電話で見積もりする
  3. 見積もりサイト経由で依頼する
見積もりの注意点は?
  1. 見積もりで失敗しないために心得ておくべきことは4つ!
  2. 見積もりサイトで電話番号を入力したあとは業者からの電話に注意!
  3. 「安かろう悪かろう」にならないために、必ず複数の業者を比較しよう!

しっかりと見積もりして、気持ちよく引越ししたいですね。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。