エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
夏のしろくまギフトキャンペーン2019
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 引越し料金がおトクになる、見積もりを取るのにベストな時期っていつ?
 

引越し料金がおトクになる、見積もりを取るのにベストな時期っていつ?

家探し、引越し

引越しの見積もりは、いつ取るとよいのでしょうか。引越し料金は、見積もりの取り方や取る時期によって安くすることができるんです!おトクに引越しをするための見積もりの取り方について、ポイントを紹介します。引越しを予定している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

引越しの見積もりを取る時期は、引越しをする人数や荷物量によって変わります。見積りをいつどうやって取るかで、引越し料金がおトクになったり、希望にあった引越しがしやすくなったりします。

おトクに引越しをするためには、いつ頃見積もりを取ったらよいのでしょうか。見積もりの取り方などについて、解説します。

引越しの見積もりを取る前に、引越しの段取りをきちんと計画!

引越しの見積もりを取る前に、まずは引越しの段取りを決めておくとスムーズです。

引越しをする時期や荷物量が曖昧なままで、引越し業者へ見積もりを依頼しても、正確な見積もりは出ません。まずは、わかる範囲でいいので引越しの段取りを決めましょう。

現在の住まいの退去日を計画する

賃貸物件の場合、退去予告の通知期限が1カ月前に設定されていることが一般的です。この期限を把握しておかないと、退去後に家賃が発生してしまう場合があるので注意しましょう。

月の途中で退去する場合、退去日当日までの日割りで、家賃の精算が可能なら余計な家賃の支払いがなくて済みますが、月割り契約だと月末日までの家賃を支払わなければなりません。

また、退去予告については、書面による通知が必要とされていることが多くあります。中には、2カ月前までに通知告が必要な物件もあるので、事前に賃貸契約の内容を確認をしておきましょう。

新しい住まいの入居日を計画する

賃貸物件で入居日が月の途中になる場合、新しい住まいの家賃は入居日からの日割りで計算されるのが一般的です。現在の住まいの家賃が月末日までの月割り精算(月割り契約)の場合、現在の住まいの最終家賃と、新しい住まいの家賃を二重に支払わなければならない期間が発生してしまいます。

新しい住まいを契約する際は、現在の住まいの退去日となるべく重ならないように計画をして、二重家賃の期間を最短にしたいですね。積極的に、仲介の不動産業者へ相談してみるとよいでしょう。

引越しで運ぶ荷物を確認しておく

新しい住まいが決まって引越し予定日が計画できたら、いよいよ引越し業者を探して見積もりを取ります。

引越し業者は荷物量や荷物の大きさをもとに、引越し料金の見積もりを出します。荷物量からトラックの大きさを決めて引越し料金を算出するので、見積もり後に荷物が増えると追加料金が発生してしまうことがあります。逆に、見積もり後に荷物量が少なくなっても、料金は安くなりません。

正確な見積もりを出すためには、正確な荷物量を引越し業者へ伝えるようにします。また、あらかじめ引越しで運ぶ必要がある荷物と不用な荷物の分別をしておくとスムーズですね。

引越し見積もりを取るタイミングはいつがベスト?

引越しする人数によって、見積もり取るのによいタイミングが異なります。ファミリーの引越しと単身者の引越しの、それぞれの最適なタイミングを把握して、効率的に見積もりを取りましょう。

ファミリーの引越しは、1カ月前までに見積もりを取ろう

荷物量が多いファミリーの引越しは、引越し業者のトラックの予定が抑えられるかどうかがポイントになります。

早めに引越しの見積もりを取って予約ができると、トラックの予定にも余裕があるので、引越し日時の時間指定や引越し料金の大きな値引きが期待できることもあります。

引越し予定日直前に見積もりを取ると、トラックの空き時間が少ないため、引越し日時の細かい指定ができなかったり、希望する引越し予定日を変更しなければならなくなったりする可能性もあります。

また、早めに予約ができると、不用品の処分や荷物の梱包などの引越し準備に余裕ができます。

単身者の引越しは、10日前までに見積もりを取ろう

荷物量が少ない単身者で、単身者向けの引越しプラン「単身パック(※)」の利用を選択する場合は、個別にトラックの予定を抑える必要がありません。また、「単身パック」は大まかな荷物量のみで引越し料金を算出することができるため、一般的に訪問見積もり(※)をしません。見積りを取るための時間を割かずに済むでしょう。
単身パックは、専用のコンテナボックスに荷物を積んで運ぶ引越しプランです。運べる荷物量はコンテナボックスに積める分だけで、積めない荷物については追加料金がかかる場合があるので注意しましょう。訪問見積もりとは、引越し業者の担当者が実際に現在お住まいの部屋に訪問し、荷物量や物件の立地条件・建物条件などを確認して見積もりをする方法をいいます。

ファミリーの引越しと比べ、見積もりを取る時期が多少遅くなっても引越しは可能です。おおよそ半月から10日前までを目安に、見積もりを取りましょう。

急な引越しも慌てずに!

突然引越しが決まっても、慌てる必要はありません。引越しの繁忙期だと業者が決まらないのでは?と不安に思うかもしれませんが、繁忙期こそ急な引越しって多くなりますよね。

引越しが急に決まった場合、準備に時間がなく、訪問見積もりの時間が確保できないことがあるでしょう。しかし、そのような場合でも、ほとんどの引越し業者がネットや電話での見積もり対応をしてくれます。

ネットや電話の見積もりでは、家具や家電の大きさを把握しておくとよいでしょう。縦横の幅などの詳細な情報を引越し業者へ伝えれば、適したトラックの手配もしやすくなり、より正確な見積もりを取ることができます。

急な見積もりの依頼になると、最短で翌日の引越しに対応可能な引越し業者もあります。慌ててしまい必要な情報をうっかり伝え忘れてしまうと、余計な追加料金が発生してしまうこともあります。焦らずに引越し業者探しを進めましょう。

引越し予定日の時期や曜日を工夫して、引越し料金をおトクに

引越し料金は、予定日の時期や曜日によって変動します。
引越し予定日を工夫すれば、さらにおトクに引越しができるでしょう。

引越しの繁忙期を避ける

3~4月の引越しの繁忙期以外の時期は、引越しの需要が減るため、引越し料金の交渉がしやすいです。引越し予定日を調整できるなら、繁忙期を避けて計画すればさらにおトクな料金で引越しができるでしょう。

おトクになる曜日や時間を狙う

引越しの時間帯は午前便や午後便、フリー便(時間帯の選択無し)などから選択できますが、朝一番から引越しができる午前便は人気があり、料金が高くなる傾向があります。また、休日に引越しを希望する人が多いため、平日よりも土日祝日の方が料金が高くなります。

引越し予定日の融通が利くのであれば、午後便やフリー便、平日の引越しを利用すると、おトクに引越しができるでしょう。

また、大安よりも仏滅を選ぶと安くなる場合もあります。見積もりの時点で、安い料金で設定されている日程を、引越し業者へ相談することもオススメです。

引越し一括見積もりサイトで、見積もりを取る

引越しの予定日を調整すると引越し料金を安くすることができますが、できれば希望どおりの日程で安く済ませたいですよね。そんな時には、引越し一括見積もりサイトの利用がおススメです!

引越しに必要な情報をWeb上で一度入力するだけで、複数の業者から見積もりが取れるため、かんたんに引越し料金が一番安い引越し業者を見つけられるでしょう。また、希望の日程に対応可能な業者をサイトが選定してくれるので、引越し予定が立てやすいのも大きなメリットです。

早めに見積もりを取って、引越し料金をおトクに

早めに見積もりを取ることで、引越し料金が安くなる場合があります。なかには、おトクな割引を設定している引越し業者もあります。

また、早めに見積もりを取れば、引越し業者の予約状況にも余裕があるので、引越し料金の交渉がしやすくなります。

引越しの繁忙期に引越しを予定するなら、早めに見積もりを取ろう

引越しの繁忙期はできるだけ早くに見積もり取るようにしましょう。

引越しの繁忙期は、3月~4月といわれています。新生活が始まる時期のため、引越し希望者が集中するので、1カ月前に見積もりを取ったとしても予約が取りづらい時期となります。3月~4月に引越しを予定する場合は、できるだけ早めに引越しの見積もりを取るようにしましょう。

また、繁忙期以外でも、引越し予定日が土日や大型連休、月末などと重なる場合は、早めに見積もり取った方がよいですね。

見積もりを取る時期を工夫して、引越し料金を安くする

引越しの見積もりは早い時期に取ることが重要です。

見積もりを早く取れば、予定した日程や時間帯で引越しができたり、引越し料金が安くなったり、自分の希望に合った引越しを選択できます。また、早くに見積もりを取ると利用できる割引があれば、さらにおトクになることもあります。

引越し一括見積もりサイトなら、希望の引越しが実現できる

引越し一括見積もりサイトでは、複数の引越し業者から一括で見積もりを取れます。割引や引越しプランのサービス内容、引越し料金などをカンタンに比較できるので、便利です。

引越しに必要な情報を入力するだけで、最短1分で完了です。あとは引越し業者からの見積もりを待つだけ。手間と時間を節約して、スムーズに引越しを進めましょう。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。