エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
夏のしろくまギフトキャンペーン2019
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 一人暮らしの格安引越しなら単身パックがおススメ!特徴と注意点を紹介
 

一人暮らしの格安引越しなら単身パックがおススメ!特徴と注意点を紹介

家探し、引越し

一人暮らしの引越し費用を格安で済ませたいなら、単身パックがおススメです!料金が安く、各引越し業者によってさまざまなサービス内容があります。そんな単身パックをじょうずに利用するための注意点や、料金を抑えるポイントなどを解説します。

単身の引越しを格安で済ませたい!と考えている方はいませんか?引越しにはさまざまなプランがありますが、一人暮らしであれば単身パックの利用をおススメします。単身パックは、通常のプランに比べて運べる荷物の量が少ないですが、安く引越すことができます。

この記事では、単身パックの利用方法や注意点を解説していきます。

一人暮らしなど単身で引越しをする方向けの引越しプラン「単身パック」って?

「単身パック」は、一人暮らしや単身での引越しなど、荷物の少ない方向けのプランです。引越しプランの中でも格安の料金設定になっています。
引越し会社によってプランの名称はさまざまですが、一般的に「単身パック」と呼ばれています。

「単身パック」では、おおよそ高さ170cm×横幅110cm×奥行き100cmの大きさの専用コンテナボックスに、荷物を詰め込んで運びます。各引越し業者の規定サイズのコンテナボックスへ詰める分だけの荷物を運ぶので、荷物の量が把握しやすく、見積もりを出すのもカンタンで引越し料金が安いのが特徴です

コンテナボックスの大きさは引越し業者によって異なります。詳細は各引越し業者へお問い合わせください。

引越しで「単身パック」を利用するメリットとデメリット

単身で引越しをする人におススメの「単身パック」にはメリットだけでなく、デメリットもあります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

引越しで「単身パック」を利用する3つのメリット

「単身パック」を利用するメリットを紹介します。

料金が安い
「単身パック」は料金が安いことが魅力です。例えば、日通の「引越し単身パックS」なら1万6,200円(税込)から利用できます。参照:日通『引越し単身パックS』
見積もりのための事前訪問がない
2人以上での引越しの場合は正確な見積もりを取るために、事前に訪問を受け、荷物の量や部屋の広さ・間取りなどについての確認が必要になることほとんどですが、単身パックでは訪問見積もりなしでOKという場合が多くあります。
見積もりのために、引越し業者のスタッフを部屋に上げるのに抵抗がある、訪問時間を作ることができないなど、事前訪問に対応することが難しい人にはありがたいですね。
ほとんどの引越し業者で利用できる
特に都市部では単身で引越しをする人が多いため、多くの引越し業者で「単身パック」の引越しプランを用意しています。さまざまな引越し業者の中から、自分に合った「単身パック」を選ぶことができます。

引越しで「単身パック」を利用する3つのデメリット

「単身パック」を利用する時に必要な注意点を見ていきましょう。

荷造り・荷解きは自分でやらなければならない
「単身パック」には、基本的に荷造り・荷解きのサービスが付きません。そのため、仕事や勉強で忙しくても、荷造り・荷解きの時間を確保できるよう計画をしておきましょう。
荷物の量や大きさに制限がある
原則「単身パック」では、「単身パック」専用のコンテナボックスに積める分だけの荷物しか運べません。運べる荷物の量や大きさが限られるので、各引越し業者の「単身パック」のサービス内容をきちんと確認をし、自分の荷物がすべて運べるかどうか判断したうえで依頼するようにしましょう。
ダンボールなどの梱包資材がもらえないことも
通常の引越しプランの場合、ダンボールや緩衝材などの梱包資材はもらえることがありますが、「単身パック」の場合は梱包資材を自分で準備しなければならないことがほとんどです。
引越し用のダンボールは通販で購入したり、家電量販店やドラッグストア、スーパーなどでもらえたりします。緩衝材は100円ショップで安く購入できるので、おススメです。

荷物の量が多く「単身パック」が利用できないなら、「単身プラン」を検討してみよう

引越しで運びたい荷物が、すべて「単身パック」専用のコンテナボックスで運べない場合へは、「単身プラン」を検討してみてはいかがでしょうか。

「単身プラン」は、単身の引越しで荷物の量が多い人におススメのプランです。料金は単身パックより割高になりますが、家族の引越し向けのプランよりは安く設定されています。ベッドなどの大型家具も運ぶことができ、ダンボールや緩衝材などの梱包資材をもらえるサービスもあります。

「単身パック」と「単身プラン」の荷物の運び方の違い
「単身パック」は運べる荷物に上限がある
各引越し業者で準備される規定のコンテナボックスに荷物を積みます。運べる荷物の量はコンテナボックスに入る分だけで、引越し業者が他の輸送の荷物と一緒に運びます。
「単身プラン」は通常プランとほとんど同じサービス内容
トラックを1台を準備して荷物を運び、通常の引越しプランとサービス内容は変わりません。

単身の引越しを格安で済ませるコツ

単身の引越しを安く済ませるコツを3つ紹介します。

引越し時期はできるだけ繁忙期の3月を避ける

3月は引越しをする人が多く、「単身パック」の利用者も多くなる時期です。4月から進学する学生や新社会人など、単身の引越しが増える時期で引越しの繁忙期となり、料金が高くなります。

学校や会社の都合で難しい場合も多いかもしれませんが、3月の引越しをなるべく避けて、2月や4月に時期をずらすと引越し費用を少し安くできるでしょう。

引越し前に荷物の量を減らしておく

「単身パック」専用のコンテナボックスに入らない場合は、コンテナボックス増やしたり、「単身プラン」へ変更したりして、料金が高くなってしまいます。荷物の量はできるだけ少なくしておくとよいでしょう。

不要な物を処分したいけど捨てるのはもったいないという人は、フリマアプリやオークションサイト、リサイクルショップなどで売ってしまうのが便利でおススメです。

また、大型の家具や家電は引越し前に処分をし、引越し先で新たに購入することで、さらに運ぶ荷物の数を減らすことができます。

引越し業者の、引越し料金割引サービスを活用する

引越し業者はさまざまな引越し料金割引サービスを用意しています。代表的なものとして、平日割り、WEB申し込み割り、早期申し込み割りなどがあります。
予約申し込み時点で割引適用になる、引越しが完了した時点で割引適用になる、など適用条件は引越し業者によって異なります。割引サービスを検討する時は、適用条件の確認をしましょう。

平日割り
平日の引越しで適用される割引です。土日の引越しは希望する人が多いため、引越しの予約申し込みが集中し、希望日で引越しができないことも多いでしょう。日程の調整が可能であれば、平日割りをじょうずに活用しおトクに引越しをしてしまいましょう。また、朝から昼すぎくらいの時間帯を避け、夕方以降の引越しを指定することでさらに料金が安くなることがあります。
WEB申し込み割り
引越し業者の公式サイトから引越しの予約申し込みをすると適用される割引です。公式サイトからの申し込みは24時間365日受け付けているので、都合のいいときに申し込みができて便利です。
早期申し込み割り
引越し予定日より30日以上先など、早めに引越しの予約申し込みをすることで適用される割引です。早めに申し込めば希望の日程で予約が取れやすかったり、荷造りなど引越しの準備時間が余裕をもって取れたりなど、メリットもたくさんあるので、引越しが決まったら早めに申し込みをするようにしましょう。

格安の「単身パック」を探すなら引越し一括見積もりサイトが便利!

どの引越し業者のプランが自分に合っているの?一番安い引越し料金はどの引越し業者なの?など、どうやって引越し業者を選べばいいのか迷ってしまいますよね。選んだあとに1社1社へ問い合わせをするのも、時間がかかるので大変です。

引越し一括見積もりサイトを利用すれば、引越し業者をカンタンに選ぶことができるんです!

引越し一括見積もりサイトで効率的に引越し料金を比較しよう

引越し業者を選ぶのに時間をかけたくないという人は、引越し一括見積もりサイトを使ってみてはいかがでしょうか?引越し一括見積もりサイトを利用すれば、時間や手間をかけず、カンタンに複数の引越し業者から見積もりを取ることができます。

おススメは、全国200社以上の引越し業者の中から最大10社の見積もりを取り寄せることができる「ズバット引越し比較」です。これまで560万人以上の利用実績があるので信頼性も十分ですね。

引越し一括見積もりサイトの利用方法はとってもカンタン

引越し一括見積もりサイトは、パソコンやスマートフォンから簡単に利用できます。Web上で引越し希望日・引越し先住所・荷物の量や種類などを入力し送信して、あとは待つだけです。

入手した見積もりをもとに交渉しよう

引越し一括見積もりサイトで見積もりの依頼をすると、当日~翌日くらいに引越し業者から電話やメールなどで連絡がきます。この時点で概算の見積もり金額を知ることもできます。概算の見積もり金額を比較して2~3社を選び、必要に応じて訪問見積もりを依頼してみましょう。

引越し日や時間帯などを繁忙期からずらしたり、複数の引越し業者と料金交渉をすることで、自分に合った引越しプランをさらにおトクに利用できます。
「単身パック」の場合は引越し料金が決まっていて料金交渉ができない場合があります。

格安の「単身パック」をじょうずに利用して、おトクに引越しをしよう

格安で単身の引越しをするなら、「単身パック」を利用するのがおススメです。「単身パック」専用のコンテナボックスに決められた量の荷物を運ぶプランで、引越し料金が格安なので、荷物の少ない単身の引越しにぴったりです。

自分に合った引越し業者や引越しプランを探すには、引越し一括見積もりサイトを利用しましょう。

カンタンに見積もりの依頼ができ、複数の引越し業者から見積もりを一度に取ることができます。効率よく引越し業者を選びたいなら、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。