エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. エアコンやストーブ、冬の暖房コストを徹底比較!灯油代と電気代どっちがお得?
 

エアコンやストーブ、冬の暖房コストを徹底比較!灯油代と電気代どっちがお得?

電気代の節約、節電テクニック

冬は暖房で灯油代や電気代が多くかかります。暖房ごとにランニングコストはどのくらい違うのでしょうか?石油ストーブ、電気ストーブ、エアコンの1時間あたりのコストを比較しました。また、ランニングコストを抑えながら、暖かく冬を過ごしていくための方法もご紹介しています。

冬の寒さをしのぐためには、暖房が欠かせません。エアコン、ストーブ、そのほかにもさまざまな暖房器具がありますが、気になるのは灯油代や電気代などのランニングコスト。なるべく安く抑えられるなら、それに越したことはないですよね。石油ストーブ、電気ストーブ、エアコンの1時間あたりのコストを比較し、ご紹介します。

1300万世帯以上が切り替えています
電力会社を変えると電気代が平均18,000円安く!
電気代の節約には、電力会社・電気料金プランの見直しが欠かせません。自分のライフスタイルにあったプランに切り替えるだけで、電気代が安くなるんです。手続きも簡単!さっそく、アナタの住んでいる地域の電力会社をチェック。
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「探す」ボタンを押してください。
記事を読み進める前に…
電力会社を変えると、電気代が平均
18,000円安くなります。
郵便番号を入力して、比較してみよう!
-
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「」ボタンを押してください。

石油ストーブ、1時間あたりのコストはどのくらい?

灯油を熱源とする石油ストーブ。広い空間を長時間あたためるのに向いている暖房器具です。

コロナの石油ストーブ「RX-2919WY(8畳向け)」は、1時間あたりの燃料消費量が0.279リットルです。1リットルあたりの灯油価格を91.7円(石油情報センター 2019年11月11日時点での店頭価格平均)として計算すると、1時間あたりの灯油代の目安は以下のようになります。

  • 91.7(円・灯油価格)×0.279(リットル・燃料消費量)=1時間あたり25.58円

石油ストーブのランニングコストを節約できる使い方は?

灯油価格はつねに変動するため、価格が高い時期は灯油をたくさん使いたくないですよね。石油ストーブをメイン暖房で使っているご家庭は、寒い日は電気代が少ないこたつ(1時間あたりの電気代が約2円~5円)をサブ暖房として使用するなど工夫をして使っていくことで、ランニングコストを抑えていくことが可能です。

電気ストーブ、1時間あたりのコストはどのくらい?

電気を熱源とする電気ストーブ。人がいる場所(狭い空間)をピンポイントで短時間あたためるのに向いている暖房器具です。

山善の電気ストーブ「DBC-J122」の消費電力量は強1200W/中900W/弱300Wです。電気代を1kWhあたり27円として計算すると、1時間あたりの電気代の目安は以下のようになります。

「強」
1200(W)÷1000×1(時間)×27円=1時間あたり32.4円
「中」
900(W)÷1000×1(時間)×27円=1時間あたり24.3円
「弱」
300(W)÷1000×1(時間)×27円=1時間あたり8.1円

電気ストーブのランニングコストを節約できる使い方は?

寒い日に電気ストーブを「強」で長時間使い続けてしまうと、1時間あたりの電気代は32.4円と高いので、電気代が多くかかってしまいます。電気ストーブはメイン暖房として使うのではなく、サブ暖房として使うのに向いています。エアコンのスイッチを入れてから部屋があたたまるまでの間や、短時間だけ暖房を使いたい時などに使っていくことをおすすめします。

エアコン、1時間あたりのコストはどのくらい?

電気を熱源とするエアコン。広い空間を長時間あたためるのに向いています。

三菱電機のエアコン「MSZ-ZW2519(8畳向け)」の消費電力は105W〜1,480Wです。電気代を1kWhあたり27円として計算すると、以下のようになります。

  • 105(W)÷1000×1(時間)×27円=1時間あたり最小2.8円
  • 1480(W)÷1000×1(時間)×27円=1時間あたり最大39.9円

エアコン(8畳向け)の1時間あたりの電気代の目安は、2.8円〜39.9円となります。

エアコンのランニングコストを節約できる使い方は?

エアコンは室温をあげて設定温度にするまでの間がいちばん電気代がかかるので、自動運転モードで運転(※)し、こまめなオンオフをくりかえさないようにしましょう。

エアコンの自動運転モードは、一気に設定温度まで室温をあげ、その後は微弱運転や送風運転で室内温度を保ちます。短時間で設定温度にするため、無駄な電気代がかかりません。

また、エアコンを冬のメイン暖房として使っているご家庭で、電気代が高いと悩んでいる場合、契約している電力会社のプランを見直してみましょう。ご家庭での電気の使い方に見合っていないプランを使っている場合は、最適なプランに切り替えるだけで同じエアコンの使い方をしていても電気代を今よりも安くできる可能性があります。

また、オール電化のご家庭で、夜の電気料金単価が安い料金プランを契約されている場合、日中の電気料金単価が高く設定されている時間帯にエアコンをたくさん使っていることで、電気代が高くなってしまっている場合もあります。オール電化のご家庭も、オール電化向けプランの中からご家庭の生活スタイルに見合ったプランをきちんと選ぶことで、電気代を今よりも安くできる可能性があります。

今お使いのプランよりも最適な電力会社のプランがあるかどうか、エネチェンジ電力比較で簡単にシミュレーションができます。ぜひご利用ください。

ランニングコストを抑えながら、暖かく冬を過ごしていきましょう

石油ストーブ、電気ストーブ、エアコンの1時間あたりのコストを比較、ご紹介しました。
石油ストーブ、電気ストーブ、エアコンの1時間あたりのコストまとめ
石油ストーブのランニングコスト目安
1時間あたり25.58円
電気ストーブのランニングコスト目安
1時間あたり強32.4円/中24.3円/弱8.1円
エアコンのランニングコスト目安
1時間あたり2.8円〜39.9円

暖房器具ごとに、得意とするあたため方が違います。エアコンや石油ストーブは、広い空間を長時間あたためることが得意で、電気ストーブは、人がいる場所をピンポイントで短時間あたためることが得意です。そのため、エアコンのオンオフをこまめにくりかえしたり、電気ストーブを広い部屋で長時間使うなど、その暖房器具が不得意なことをしてしまうと、ランニングコストが高くついてしまいます。

暖房器具ごとの特徴に見合った使い方をして、ランニングコストを抑えながら、暖かく冬を過ごしていきましょう。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「この条件で電気代比較」ボタンを押してください。
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。