PinTガスは高い?メリット・デメリットから料金比較まで解説

PinTガスは高い?メリット・デメリットから料金比較まで解説
ガス会社・ガス料金プランの選び方

PinTガスの都市ガス料金プランについて解説。供給エリアやプランの特徴、メリット・デメリットも合わせてご紹介します。「PinTガスの都市ガス料金プランは、東京ガスと比べて高い?」「違約金や解約手数料はある?」といった疑問も解決しますよ。

本記事では、PinTガスの都市ガス料金プランの特徴や、切り替えた場合のメリット・デメリットなどについて、詳しくご紹介します。

更新日
2022年11月14日

PinTガスのサービスの概要

ここではPinTガスについて、供給エリアやガス料金プランの特徴などをご紹介します。

株式会社PinTとは

PinTガスは、東京電力エナジーパートナーのグループ会社である株式会社PinTが販売する都市ガスです。PinTではガス小売事業のほかにエネルギー関連サービスの開発・販売も手掛けており、「PinTでんき」のブランド名で小売電気事業にも参入しています。

PinTガスの供給エリア

東京ガスエリア
東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県
東邦ガスエリア
愛知県、岐阜県、三重県
大阪ガスエリア
大阪府、兵庫県、京都府、奈良県、和歌山県、滋賀県、岡山県

PinTガスの契約料金・解約金について

契約手数料は?
かかりません。
契約期間は?
契約期間の決まりはありません。
解約違約金は?
かかりません。

PinTガスのメリット・デメリット

ここでは、PinTガスのメリットやデメリットについて、詳しくご紹介します。

PinTガスのメリット

PinTガスには、次のようなメリットがあります。

東京ガス「一般料金(東京地区等)」よりもガス料金が安い

PinTガスは東邦ガスエリア・大阪ガスエリアにおいて、基本料金・従量料金単価ともに東邦ガス「一般ガス料金」・大阪ガス「一般料金」と同額に設定されていますが、東京ガスエリアのPinTガス「PinTガス」は、東京ガス「一般料金(東京地区等)」と比較して、基本料金・従量料金単価ともに割安に設定されています。

PinTアカウント割引で利用料金が割引される

PinTアカウント割引の適用で、毎月の利用料金の合計額に応じて最大7%の利用料金が割引されます。「PinTでんき」や「TEPCOひかり」など、株式会社PinTが提供する別サービスもガスとまとめて契約することで、電気代や通信費もまとめて節約できます。

「PinTアカウント割引」の割引率一覧
サービス料金合計額割引率
5,000円までの1円につき1%
5,000円をこえ20,000円までの1円につき3%
20,000円をこえ50,000円までの1円につき5%
50,000円をこえる1円につき7%

ガスの利用料金とは、基本料金と従量料金(原料費調整額を含む)の合計金額を指します。契約が5つ以上ある場合、その契約数に5,000円を乗じて算定された金額が、ご利用のサービス料金の合計金額を上回るときの割引率は1%となります。割引額の単位は1円とし、その端数は切り上げとなります。

PinTガスのデメリット

PinTガスの都市ガスは、東京ガスエリア・東邦ガスエリア・大阪ガスエリアに対応していますが、それぞれの都市ガス供給エリアに限られています。供給エリア外にお住まいの方は申し込めない点は、デメリットと言えるでしょう。

PinTガスの都市ガス料金は高い?他社と比較

ここではPinTガスの都市ガス料金について、東京ガスや東邦ガスなどの都市ガス料金プランと比較します。

PinTガスと東京ガス「一般料金(東京地区等)」を比較

区分1カ月のガス使用量PinTガス「PinTガス」東京ガスエリア基本料金(消費税率10%)東京ガス「一般料金(東京地区等)」基本料金(消費税率10%)PinTガス「PinTガス」東京ガスエリア従量料金単価(消費税率10%)東京ガス「一般料金(東京地区等)」従量料金単価(消費税率10%)
1件につき1件につき1㎥につき1㎥につき
A表0㎥ をこえ20㎥ まで736円23銭759円00銭140円94銭145円31銭
B表20㎥ をこえ80㎥ まで1024円32銭1056円00銭126円54銭130円46銭
C表80㎥ をこえ200㎥ まで1195円04銭1232円00銭124円40銭128円26銭
D表200㎥ をこえ500㎥ まで1835円24銭1892円00銭121円20銭124円96銭
E表500㎥ をこえ800㎥ まで6103円24銭6292円00銭112円67銭116円16銭
F表800㎥ をこえる場合12078円44銭12452円00銭105円20銭108円46銭

上記料金に原料費調整額は含まれていません。
PinTガス「PinTガス」は、一般家庭向けの都市ガス料金プランです。東京ガス「一般料金(東京地区等)」と比較すると、基本料金・従量料金単価ともに割安に設定されています。

PinTガスと東邦ガス「一般ガス料金」を比較

区分1カ月のガス使用量PinTガス「PinTガス」東邦ガスエリア基本料金(消費税率10%)東邦ガス「一般ガス料金 」基本料金(消費税率10%)PinTガス「PinTガス」東邦ガスエリア従量料金単価(消費税率10%)東邦ガス「一般ガス料金」従量料金単価(消費税率10%)
1件につき1件につき1㎥につき1㎥につき
A表0㎥から20㎥まで759円00銭759円00銭210円52銭210円52銭
B表20㎥をこえ50㎥まで1588円88銭1588円88銭169円03銭169円03銭
C表50㎥をこえ100㎥まで1833円33銭1833円33銭164円14銭164円14銭
D表100㎥をこえ250㎥まで2077円77銭2077円77銭161円70銭161円70銭
E表250㎥をこえ500㎥まで2648円14銭2648円14銭159円41銭159円41銭
F表500㎥をこえる場合7109円25銭7109円25銭150円49銭150円49銭

上記料金に原料費調整額は含まれていません。
PinTガス「PinTガス」は、一般家庭向けの都市ガス料金プランです。東邦ガス「一般ガス料金」と比較すると、基本料金・従量料金単価ともに同額に設定されています。

PinTガスと大阪ガス「一般料金」を比較

区分1カ月の
ガス使用量
PinTガス「PinTガス」大阪ガスエリア基本料金(消費税率10%)大阪ガス「一般料金」基本料金(消費税率10%)PinTガス「PinTガス」大阪ガスエリア従量料金単価(消費税率10%)大阪ガス「一般料金」従量料金単価(消費税率10%)
1件につき1件につき1㎥につき1㎥につき
A表0㎥から20㎥まで759円00銭759円00銭174円81銭174円81銭
B表20㎥をこえ50㎥まで1364円81銭1364円81銭144円52銭144円52銭
C表50㎥をこえ100㎥まで1635円74銭1635円74銭139円10銭139円10銭
D表100㎥をこえ200㎥まで2074円72銭2074円72銭134円71銭134円71銭
E表200㎥をこえ350㎥まで3506円75銭3506円75銭127円55銭127円55銭
F表350㎥をこえ500㎥まで3834円72銭3834円72銭126円62銭126円62銭
G表500㎥をこえ1000㎥まで6981円94銭6981円94銭120円32銭120円32銭
H表1000㎥をこえる場合7307円87銭7307円87銭120円00銭120円00銭

上記料金に原料費調整額は含まれていません。
PinTガス「PinTガス」は、一般家庭向けの都市ガス料金プランです。大阪ガス「一般料金」と比較すると、基本料金・従量料金単価ともに同額に設定されています。

都市ガスを利用している方は、ガスプランの比較がおすすめ

PinTガスは、東京ガスと比較して割安に設定された料金や、アカウント割引の適用で光熱費の節約に繋がるのが魅力。

国内最大級の電気・ガス比較サイト「エネチェンジ」では、郵便番号などを入力するだけで、あなたにぴったりのガス会社・ガス料金プランを見つけられます。ぜひ試してみてくださいね。

  • twitter アイコン
  • Facebook アイコン
  • はてな アイコン
  • LINE アイコン
切り替えるといくら節約できる? 電気料金を比較・節約!
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
エネチェンジ利用規約 」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「この条件で電気代比較」ボタンを押してください。