エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 4Kテレビが欲しい!ソニー製4Kテレビの特徴とは
 

4Kテレビが欲しい!ソニー製4Kテレビの特徴とは

毎日の暮らし

音響機器や映像機器などの分野でさまざまな技術革新をすすめてきたソニーですが、いまや4Kテレビの販売市場でも高いシェアを誇っています。人気のソニー製4Kテレビの電気代や特徴についてご紹介します。

ブラウン管からプラズマへと次々に進化していくテレビですが、4Kテレビのバリエーションも増えてきました。今回はソニー製4Kテレビの電気代や特徴についてご紹介していきます。

知っておきたい4Kテレビのメリット・デメリット

(※)テレビの映像はフィクションです。撮影用に作成したイメージとなります。 
購入の検討にメリット・デメリットをよく理解しましょう

ブラウン管から液晶へと変わってどんどん画面サイズが大きくなり、家庭でも大型テレビが増えてきましたが、いまや大型テレビの約25%は4Kテレビが占めているといわれています。2013年は8%だった構成比が2014年には33%に拡大するなど、圧倒的なスピードで普及を始めた4Kテレビには、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?あわせてソニー製4Kテレビの特徴についてもご紹介します。

メリット・なんといっても画像がキレイ!

4Kテレビの画素数は従来のフルハイビジョンテレビの約4倍で、829万画素の高解像度で細部までリアルな画像を再現できます。4Kテレビの画面は近くでみても疲れにくく、視聴距離を短くできるので、限られたスペースでもテレビが設置できるというメリットがあります。地デジやブルーレイなどの映像を4K画面に自動変換する機能もついているので、従来の画像もキレイに再現できるのも魅力です。

ソニー製4Kテレビはここがスゴイ!

ソニーのBRAVIAはあらゆる映像を的確に分析して高精細な4K映像に変換する超解像エンジン、4K X-Reality PROを搭載していて、精細感・色域・コントラストのバランスのよい美麗な画質と、オーディオメーカーならではの高音質で、臨場感のある映像を体感できます。

デメリット・電気代が少しかかるかも…

同サイズの4Kテレビとフルハイビジョンテレビを比べると、どうしても画素数の多い4Kテレビは電気代が少し高くなってしまいます。フルハイビジョンテレビの電気代の平均が年間約1,500円程度なのに比べて、4Kテレビの場合は年間約5,500円と約3.6倍!テレビを長時間見る家庭だと、家計の負担になってしまうかもしれません。

ソニー製4Kテレビの節電方法

ソニーのBRAVIAではLEDバックライト方式を採用していて、電気消費量の多い4Kテレビでも低消費電力化を実現しています。その他にも次の節電機能がついていますので、活用して電気代を節約しましょう。

  • 明るさセンサー ⇒ 部屋の明るさに合わせて、液晶の明るさを自動調節する機能
  • ECOパネル制御 ⇒ LEDバックライトとパネルを高精度に制御して、無駄を調整する機能

参照:ブラビアの特長 | 高画質 | 高音質 | 使いやすさ | Android TV機能搭載 | 液晶テレビ BRAVIA ブラビア | ソニー

ソニーのおススメ4Kテレビはコレ!

ますます人気と需要が高まっている、ソニー製4Kテレビのおススメ商品をご紹介します。

臨場感のある迫力なら 9400Cシリーズ

KJ-75X9400C_image
かつてない臨場感を生みだす高画質&高音質モデルです
BRAVIA KJ-75X9400Cの最大の魅力は75V型の大型画面に再現される高画質な映像と臨場感のある音響です。あらゆる映像を息をのむような美しさで再現できる4K高画質プロセッサーX1を搭載し、画面左右にある磁性流体スピーカーでひずみの無い高音質な音声を対価できるので、コンサートやライブ、スポーツスタジアムの興奮を感じ取れるようなリアルな映像を自宅で楽しむことができます。

出典:X9400Cシリーズ | 液晶テレビ BRAVIA ブラビア | ソニー

使いやすさなら X8500Cシリーズ

KJ-65X8500C_image1
テレビ番組も4K映像にアップコンバートできます
BRAVIA KD-49X8500CはAndroid TV機能を搭載した4Kテレビで、声で簡単に動画を探したりスマートフォンの画像を気軽に高画質の大画面で楽しむことができます。ロングダクトスピーカーの採用で豊かな中低域音が再現でき、聞き取りにくい音も聞こえやすいのも魅力ですね。さまざまなコンテンツを快適に楽しむために高速起動機能がついていますので、反応が早く、起動時のストレスを最小限に抑えてくれるので使いやすいテレビです。

出典:X8500Cシリーズ | 液晶テレビ BRAVIA ブラビア | ソニー

憧れの壁掛けタイプを選ぶなら X9000Cシリーズ

KJ-X9000C_room_image_c
壁との美しい一体感を生む壁掛けができるモデルです
BRAVIA KJ-65X9000Cは新素材と新技術の導入で本体の厚さが何と4.9mm!2015年9月現在で世界最薄の4Kテレビです。テレビの背面に効率のよい排熱構造を採用しているので、壁から本体前面までを約40mmに抑えることができるので、壁に絵画を飾るようにすっきりと設置でき、お部屋のインテリアもグレードアップします。

出典:ソニー BRAVIA KJ-65X9000C

ソニー製の4Kテレビを購入するオススメの時期は?

4Kテレビは電気代がお高めですが、ここ十数年でテレビの消費電力が劇的に少なくなっていて、古いテレビを使っているよりも、迫力のある画像を楽しめる4Kテレビに買い替えるのは賢い選択です。
まだまだ販売価格がさがらない4Kテレビの購入を検討するのによい時期は、

  • 新型モデルが出る前の5月頃

この時期になると需要が増えて在庫が少なくなってくるので、値下がり情報を十分チェックしてチャンスを逃さないようにして下さいね。

ソニー製の4Kテレビのメリットとデメリットを理解して購入しよう

ソニー製の4Kテレビは、画質、音質にこだわった魅力的なテレビです。価格を見ても安い買い物ではありませんので、メリットとデメリットを十分理解した上で購入を検討しましょう。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「この条件で電気代比較」ボタンを押してください。
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。