エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 東京電力エリアに一人暮らし、電気料金プランの見直しで電気代が年間4,000円節約できる!?
 

東京電力エリアに一人暮らし、電気料金プランの見直しで電気代が年間4,000円節約できる!?

一人暮らしの電気代節約のカギはプラン変更にあった!
電気代の節約、節電テクニック

電気代を少しでも安くしたいなら、電力会社・電気料金プランの切り替えがおススメです!東京電力の電気料金プランを契約中で一人暮らしの人なら、切り替えるだけで、電気代が年間約4,000円節約できる可能性があるんですよ。電気代の節約が可能な電力会社・電気料金プラン選びは、エネチェンジ電力比較がカンタンで便利です!

東京電力エリアに一人暮らしで電気代を節約したいなら、現在契約している東京電力エナジーパートナー(以下、東京電力EP)の電気料金プランを見直してみましょう!自分の生活スタイルに合った電力会社・電気料金プランを選べば、電気代を無駄なく節約することができるんです。

更新日
2019年10月3日
記事を読み進める前に…
電力会社を変えると電気代が平均18,000円安く!
電気代の節約には、電力会社・電気料金プランの見直しがおすすめです。自分のライフスタイルにあった電力会社のプランに切り替えるだけで、電気代は安くできるんです。手続きもカンタン!さっそく、アナタの住んでいる地域の電力会社をチェック。
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
記事を読み進める前に…
電力会社を変えると、電気代が平均
18,000円安くなります。
郵便番号を入力して、比較してみよう!
-

東京電力EPの電気料金プランを見直して、一人暮らしの電気代を年間約4,000円節約!

エネチェンジ電力比較 診断画面
東京電力エリアに一人暮らしの場合、電気料金プランを見直して電力会社を切り替えるだけで、どのくらい電気代が節約できるのかをみてみましょう。
エネチェンジ電力比較にてシミュレーションを行ってみました。
切り替え前の電気契約状況
契約中の電力会社
東京電力EP
契約プラン
従量電灯B
契約電力量
30A(アンペア)
8月の電気代
3,300円
ライフスタイル
お昼時は誰もいない、22時以降まで夜更かし

上記の契約状況の場合、電気代は年間約4,000円節約できる可能性があることがわかりました。

自分に合った電力会社の電気料金プランに切り替えるだけで、今までと同じように電気を使っていても、電気代が安くなるなんてうれしいですよね!

なぜ電力会社・電気料金プランを切り替えるだけで、電気代が安くなるの?

選べる電気料金プランには、基本料金が0円、夜間の電気料金が割安、一定の使用電力量まで電気料金が一律など、さまざまな料金設定のプランがあります。

例えば学校や仕事で昼間不在にすることが多く、帰宅してから夜間に電気を使うという人なら、夜間の電気料金が割安なプランを選ぶと、効率よく電気代が節約できますね。

自分のライフスタイルに合った適切なプランを選ぶことで、無駄なくお得に電気を使うことができるんです。

東京電力エリアに一人暮らしの人におススメの電力会社を紹介します

東京電力エリアにお住まいで、現在東京電力EPの電気料金プランを契約中の人へ、おススメの電力会社を3社紹介します。

基本料金が0円!Looopでんき「おうちでんき」

基本料金が0円で電力料金の単価が一律なので、使った電気の分だけ電気代を支払えばよいシンプルな料金設定となっています。太陽光などの再生可能エネルギーで発電された「FIT電気」の比率が高いのも特徴です。

現在東京電力EP「従量電灯B」30A~60Aを契約している人は電気使用量にかかわらず、Looopでんき「おうちプラン」の方が必ず電気代が安くなりおススメです!ただし以下の場合は、「おうちプラン」の方が高くなる場合があるので注意しましょう。

「おうちプラン」の方が高くなってしまう場合
  • 「従量電灯B」の10A契約で、電気使用量が44kWh/月~423kWh/月
  • 「従量電灯B」の15A契約で、電気使用量が65kWh/月~388kWh/月
  • 「従量電灯B」の20A契約で、電気使用量が87kWh/月~353kWh/月
Looopでんき「おうちプラン」電気料金表
区分単位Looopでんき「おうちプラン」料金(消費税率10%)東京電力EP「従量電灯B」料金(消費税率10%)
基本料金10A1契約0円286円00銭
15A429円00銭
20A572円00銭
30A858円00銭
40A1140円00銭
50A1430円00銭
60A1716円00銭
電力量料金最初の120kWhまで1kWh26円40銭19円88銭
121kWh〜300kWhまで26円48銭
301kWh〜30円57銭
株式会社Looopってどんな会社?
Looopでんきを販売する株式会社Looopは、東日本大震災の被災地に太陽光発電を設置するボランティア活動から誕生し2011年に設立された新電力です。
自社の発電所と提携している発電所をあわせて1,500箇所もの太陽光発電所をもち、自然エネルギーの比率が高い電源構成が特徴のひとつです。
自然エネルギーで作られた電気を使いたいという方にもおススメです。

200kWh/月まで電気料金が定額!四国電力「ブループラン」

東京電力・関西電力エリア向けのプランで、東京電力エリアにお住まいの場合、東京電力EP「従量電灯B」30A~40Aを契約中の人が申し込みできます。ひと月200kWhまでが定額料金となっており、200kWhを超えた電力量料金も、東京電力EP「従量電灯B」と比べ割安に設定されています。

現在東京電力EP「従量電灯B」30A~40Aを契約していて、ひと月の電気使用量が190kWh以上の人は、四国電力「ブループラン」の方が必ず電気代が安くなりおススメです!ただし以下の場合は、「ブループラン」の方が高くなる場合があるので注意しましょう。

「ブループラン」の方が高くなってしまう場合
  • 「従量電灯B」の30A契約で、電気使用量が189kWh/月以下
  • 「従量電灯B」の40A契約で、電気使用量が179kWh/月以下
四国電力「ブループラン」電気料金表
区分四国電力「ブループラン」料金(消費税率10%)区分単位東京電力「従量電灯B」料金(消費税率10%)
基本料金30A-
基本料金
30A1契約858円00銭
40A-40A1144円00銭
電力量料金200kWhまで5092円59銭電力量料金120kWhまで1kWh19円88銭
201kWh~28円82銭121kWh~300kWh26円48銭
301kWh〜30円57銭
四国電力ってどんな会社?
四国電力は香川県高松市に本社を置く電力会社です。四国全域を営業エリアとする四国電力ですが、関東・関西エリア向けにもサービスを提供しています。家庭ごとの電気使用量にあわせた定額プランや、使わなかった分が翌月の料金から割り引かれる「くりこし割」など、幅広い家庭向けの電気料金プランが揃っています。

夜間の電気料金が割安!スマ電「どーんと!夜得ホームプラン(エネチェンジ限定プラン)」

平日夜間(22時~翌朝8時まで)と、休日(土日祝日)の電力量料金が割安に設定されています。

平日は仕事や学校で夜遅くの帰宅で、休日は家でゆっくり過ごすなど、平日夜間と休日に電気を多く使うという人におススメです。

スマ電「どーんと!夜得ホームプラン(エネチェンジ限定プラン)」電気料金表

区分単位スマ電「どーんと!夜得ホームプラン(エネチェンジ限定プラン)」料金(消費税率10%)区分単位東京電力「従量電灯B」料金(消費税率10%)
最低料金15kWhまで1契約380円65銭基本料金
10A1契約286円00銭
15A429円00銭
20A572円00銭
30A858円00銭
40A1144円00銭
50A1430円00銭
60A1716円00銭
電力量料金16kWh~300kWh1kWh27円70銭電力量料金120kWhまで1kWh19円88銭
121kWh~300kWh26円48銭
301kWh〜29円44銭301kWh〜30円57銭
平日夜間
(22時~翌8時)
25円21銭
休日25円21銭
本プランの休日とは、土曜日、日曜日及び祝日をいいます。

株式会社アイ・グリッド・ソリューションズってどんな会社?
スマ電を販売する株式会社アイ・グリッド・ソリューションズは、大学の屋上やテーマパークの駐車場で太陽光発電を運営したり、震災後の電力ひっ迫時に日本初のデマンドレスポンスに参加したりするなど、先進的な電気事業の取り組みを行っています。法人への電気の供給は、一般家庭12万世帯相当の実績があります。

東京電力EPの電気料金プランを切り替えて、一人暮らしの電気代を節約しよう

東京電力エリアに一人暮らしで、東京電力EPの電気料金プランを契約中なら、一度プランの見直しをしてみましょう!自分のライフスタイルに合った電力会社に切り替えるだけで、カンタンに電気代が節約できますよ。

電力会社の切り替えに迷ったら、エネチェンジにおまかせください!

今回紹介した電気料金プラン以外にも、魅力的なプランがたくさんあります。自分に合った電気料金プラン選びに迷ったときは、エネチェンジ電力比較が便利です!

お住まいの地域の郵便番号や世帯人数、在宅状況、現在の電気代などカンタンな質問に答えるだけで、アナタにぴったりな電力会社のプランが見つけられます。エネチェンジ電力比較でプランを選んだら、そのまま申し込みまでできるので便利ですよ。

ご相談はエネチェンジまで

エネチェンジでは、電力会社・電気料金プラン選びに関するご相談を受け付けています。

ご利用の際費用は一切かかりませんので、いつでもお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ
0800-123-0233(受付時間:10時~18時、年中無休)
Webでのお問い合わせ
お問い合わせ」をご利用ください。

法人のお客さまへは、「エネチェンジBiz」のスタッフがお答えいたします。

法人のお客さまのお問合せ
03-6774-6607(受付時間:10時~18時、平日のみ)
エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。