エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
夏のしろくまギフトキャンペーン2019
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 太陽光発電の売電単価を今よりも上げて、高く買取ってもらう方法とは?
 

太陽光発電の売電単価を今よりも上げて、高く買取ってもらう方法とは?

太陽光発電の売電単価を今よりも上げる方法
太陽光の売電収入を増やす

家庭用太陽光発電(ソーラーパネル)で発電した電力を、今よりも高い値段で売電できるのをご存じですか? この「プレミアム売電」というしくみを使って、売電収入を簡単かつリスク無く増やすことが可能です。どういった仕組みなのか、本当にリスクはないのか、ご説明します。

家庭用太陽光発電を設置した場合、余剰電力は固定価格買取制度(FiT制度)で決められた売電単価(FiT価格)で10年間変わらずに買取ってくれることが決められています。

皆さんもこの価格は変わらない、という前提で、節電して売電量を増やすことだけでしか売電の収支はよくならないと思っているのではないでしょうか。

しかし、じつは1kWhあたりの電力をより高い単価で買い取ってもらう方法があるんです。今回は、売電単価を上げ、より高く余剰電力を買取ってもらう方法について紹介します。

売電単価を上げるってどういうこと?

そもそも、「売電単価を上げる」とはどういうことでしょうか?国の制度で定められた買取り単価(FiT価格)を変更することはできるのでしょうか?

固定価格買取制度の売電単価は上限ではない

家庭用太陽光発電において、余剰電力を買取ってもらう売電単価は、固定価格買取制度を適用する場合、2014年度については1kWh当たり37円と決められています。

しかし、この制度で電力会社に義務付けているのは「国が定めた価格での買い取り申し込みを受け入れる」ことですので、価格は買取り契約の最低限の条件でしかありません。
法律では、個々の電力会社の判断でこれより高い価格で買い取ることは制限されていないのです。従って、太陽光発電でつくった電力は、この固定価格買取制度の定めた価格よりも高い価格で買い取ってもらえる余地があるのです。

プレミアムを上乗せした売電単価で買取る事業者がある

実は、余剰電力を買取る事業者は、地域の電力会社だけではありません
現在も余剰電力の買取りを行う新電力会社がありますし、今後ますます増えていくとも言われています。

このような買取事業者の中には、固定価格買取制度の買取単価に1円~2円上乗せした単価(プレミアム単価)で買取ってくれる事業者があります。

これらの事業者と契約すると買取単価を37円/kWhではなく38円/kWhとして、余剰電力を売電することができるわけです。
こうした取り組みを「プレミアム価格での買取(プレミアム売電)」と呼んでいます。

そのプレミアム分は、買取事業者の儲け(粗利)が少なくなるのですが、それでも十分に事業として成立するので、プレミアムを上乗せして買取り行っています。

プレミアム売電へ切り替えるメリットとは?

では、プレミアム売電の契約に切り替えることでどういったメリットがあるのでしょうか?

上乗せ買取りで売電収入が簡単に増える

余剰電力を売電する家庭用太陽光発電では、契約を切り替えるだけで買取価格にプレミアムが上乗せされることになります。切り替えには工事が必要な場合がありますが、設備投資は業者持ちで費用はかからないのが一般的です。
ほかに売電収入を増やす方法は節電ですが、節電は販売できる電力を増やすことであり、プレミアム売電への切り替えはその電力の単価を上げることですので、節電に加えてプレミアム売電に切り替えることには相乗効果があります。

つまり、売電先をかしこく選択し、1円でも高く買取ってもらうことで、売電収入を簡単に増やすことができるのです。

コストが掛からず、単純に売電収入が増える

例えば、毎月300kWhを売電している場合、1年間で3,600kWh、10年間では36,000kWhを売電することになります。
プレミアムが1円/kWh上乗せであれば10年間で36,000円、プレミアムが2円/kWh上乗せであれば10年間で72,000円と、売電収入がコストもかからず増加します。

このように、売電先を選択してプレミアムを上乗せすることには大変メリットがあるのです。

売電単価を上げることについて、詳しくは以下の記事でご紹介しています。
ソフトバンクグループが参入!太陽光で発電した「電力を高く買い取るサービス」とは?

ソフトバンクグループの「電力買取サービス」へ切り替える

一度申し込みをするだけで、固定価格の期間中ずっとおトクになるSBパワー社の「電力買取サービス」の申込書類はこのページからいますぐ請求することができます。

おトクなプレミアム価格での売電のチャンスを逃さず、いますぐ売電収入を増やしましょう!

SBパワー社の電力買取サービスに切り替えることで、固定価格に1円/kWh上乗せで電力を売電できます。
2014年3月以前に設置された太陽光発電設備なら、余剰売電・全量売電どちらも対象です。
申込書類を請求する※SBパワー社のエントリー画面へ移動します

プレミアム売電にリスクはないの?

地域の電力会社との契約を解除し、プレミアム価格で売電できる事業者と契約した場合、そのプレミアム買取り事業者が倒産してしまったらどうなるのか、といった心配があるのではないでしょうか?このリスクについて考えてみましょう

10年間の固定価格買取りの権利は失われない

まず10年間の買取り価格保証期間というのは法律で定められたものであり、特定の事業者との契約内容ではないため、地域電力との契約解除やプレミアム売電への契約切り替えによって権利が失われる心配はありません。
したがって、何度契約を変更しようとも、10年間の固定価格を前提に立てた投資回収のプランが狂うことはないのです。

電力会社には再契約に応じる義務がある

しかも、仮にプレミアム買取り事業者が倒産、撤退などで売電契約が継続できない場合でも、基本的に電力会社は買取り契約の申し込みを断ることはできない決まりになっているため、以前に契約していた地域電力などと再契約できないといったことは起こりません。
従って、プレミアム買取り事業者が倒産したり、サービスがなくなってしまっても、地域や他の電力会社とは固定価格を最低条件として再契約できますので売電収入が全く得られなくなり、太陽光発電設備への投資が回収できないという心配はありません。

まとめ

太陽光発電における売電収入については、再生可能エネルギーを促進するために法律で守られています
プレミアム買取り事業者を選択することは売電する側の自由ですし、万一の場合も地域の電力会社に再契約することが可能です。
ですから、売電する側としては、余計なリスクを心配することなく、売電収入を増やすことができます。

今回は、売電単価を上げて、高く買取ってもらうために、上乗せ価格で買取る事業者を活用することを紹介しました。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。