【重要】 「廃止になる東京電力EPプラン」ご利用中の方へ
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 大学生の生活費はいくらかかる?!仕送り額を徹底分析!
 

大学生の生活費はいくらかかる?!仕送り額を徹底分析!

家計の見直し

大学生の生活費や仕送り額、平均ってどのくらいなのでしょうか?調査してみました。

子供が大学進学するのに伴い、1人暮らしを始めるという家庭も多いのではないでしょうか。新しい世界へ踏み出していくことはとても素晴らしいのですが、親には頭が痛い問題が残ります。そう、仕送りの額です。いったい大学生のひとり暮らしの生活費はいくらくらい仕送りすればよいのでしょうか。

記事を読み進める前に…
電力会社を変えると電気代が平均18,000円安く!
電気代の節約には、電力会社・電気料金プランの見直しが欠かせません。自分のライフスタイルにあったプランに切り替えるだけで、電気代が安くなるんです。手続きも簡単!さっそく、アナタの住んでいる地域の電力会社をチェック。
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
記事を読み進める前に…
電力会社を変えると、電気代が平均
18,000円安くなります。
郵便番号を入力して、比較してみよう!
-

1人暮らしの大学性、生活費の平均は?

pixta_14954199_M-380x253
生活費の平均からかかるお金をみてみよう
1人で生活する大学生の生活費の平均を調べてみました。調査の対象は全国の国公立および私立大学の学部学生、約10,000人の2016年の平均です。

1人暮らしの大学生の支出はどれくらい?

  • 食費 24,770円
  • 住居費 51,990円
  • 交通費 3,280円
  • 教養娯楽費 8,800円
  • 書籍費 1,590円
  • 勉学費 1,360円
  • 日常費 5,810円
  • 電話代 3,510円
  • 貯金・繰り越し 13,270円
支出の合計 117,610円

なんと、毎月約12万円ものお金が必要なんですね。注意したいのは、これは全国平均であるということ。都市部の家賃が高いエリアで生活する大学生は住居費がもっとかかる可能性が高いですし、北海道など寒い地域で一人暮らしをする大学生は光熱費がかかります。また、郊外の家賃が安いエリアに住む大学生は、移動にお金がかかる可能性が高いですし、安いスーパーが近所になくて食費が高くなるというケースも考えられます。
参照:第52回学生生活実態調査の概要報告|全国大学生活協同組合連合会(全国大学生協連)

1人暮らしの大学生の収入の額は?

ところで毎月10万円以上の支出がある大学生の収入はどのような内訳になっているのでしょうか。

  • 仕送り額 70,610円
  • 奨学金 21,260円
  • アルバイト 27,120円
  • その他 1,800円

親からの仕送りは約7万円。そのほか足りない部分は奨学金やアルバイトで補うことが多いようです。大学生のうちにいろいろなアルバイトをして働く経験を積むのはとても大切ですよね。
参照:第52回学生生活実態調査の概要報告|全国大学生活協同組合連合会(全国大学生協連)

仕送りの平均は7万円

上記の調査で、親が子供に仕送りをする平均額は約7万円であることが分かりました。子供もアルバイトをしているとはいえ、毎月7万円を卒業するまで送り続ける親も大変です。4年間で336万円!その他に学費もかかりますから、かなりの出費です。

都内に通う大学生の生活費

日本で一番家賃や生活費がかかりそうなのが東京都ですが、都内にはたくさんの大学や専門学校があります。進学先に東京の学校を希望しているお子さんも多いのではないでしょうか。
東京都で生活をした場合、どれくらいの生活費がかかるのか調べてみました。

首都圏の家賃の平均

  • 家賃の平均 56,758円
  • 管理費の平均 3,028円
  • 合計  59,786円

古かったり狭かったりと条件を下げれば安い家賃の家はたくさんありますが、平均すると管理費込みで約6万円の家賃の家に住む学生さんが多いようです。仕送りの平均が7万円だとすると、仕送りのほとんどが家賃で消えてしまうことになります。
参照:首都圏の大学生・専門学校生のための物件情報サイト!学生マンション・学生会館・学生寮・賃貸アパート・マンション

光熱費の平均

関東で生活する単身世帯の光熱費は、2016年4月~6月期の平均で以下の通りです。

  • 電気代 4,899円
  • ガス代 3,077円
  • 水道代 2,077円
  • その他の光熱 85円
  • 合計 10,138円

家計調査の2016年度の平均値のデータですが、大学生というカテゴリーはないので、単身世帯の平均です。夏や冬はエアコンの使用で電気代が増えることを考慮する必要があります。仕送り7万円だと、家賃と光熱費ですべての仕送りが消え、食費や交通費、通信費はその他の収入で賄う必要があります。
参照:統計表一覧 政府統計の総合窓口 GL08020103

アルバイトの収入ってどのくらい?

pixta_18350335_M-380x215
大学生アルバイト代の実態は?
大学生の多くがアルバイトをしてお金を稼いでいます。ひとり暮らしの大学生がアルバイトで稼ぐ額の平均は約25,000円。リクルートホールディングスの調べでは、2017年10月のアルバイト・パート募集時の平均時給は、三大都市圏で1,021円、首都圏では1,062円でした。

1日3時間アルバイトをすると約3,000円。週に3回~4回、3時間のアルバイトを入れると約1万円程度稼げると考えると、それなりの収入になりそうですね。

参照:2017年10月度 アルバイト・パート募集時平均時給調査(リクルートジョブズ)

仕送りとアルバイトだけでは足りない!大学生のお財布事情

仕送りの平均が7万円、大学生がアルバイトで得る収入の平均が25,000円。合計95,000円程度の収入があることになります。ところが冒頭で紹介した平均的な大学生の支出では約12万円の生活費が必要です。

足りない部分の30,000円弱を、多くの学生は奨学金で補っています。逆に奨学金がない学生の場合は、残りの30,000円弱を親が追加で仕送りするか、アルバイトを増やして収支を合わせる必要があります。

奨学金については大学の学生課で案内があることが多いので、大学に問い合わせてみましょう。

大学生への仕送りの平均は約7万円、足りない生活費はバイトと奨学金

大学生の1ヵ月間の生活費の平均は約12万円。親の仕送りの平均が7万円でした。大学生の多くは足りない部分はアルバイトをしたり奨学金で補ったりして収支を合わせています。

親も毎月7万円の仕送りをすると、4年間で300万円以上が必要です。そのほかに学費もかかりますから、家計全体を見直し、ムダを省いていく必要があります。お子さんがひとり暮らしを始める前に、家族で家計を見直し、賢く節約していきましょう!

一人暮らしでも、電力会社のプラン見直しで電気代を今より安くすることが可能です◎
家計の節約は、光熱費の多くを占める電気代から!一人暮らしでも、それぞれの生活スタイルに見合った電力会社のプランに見直すことで、電気代を今より安くすることが可能です。さっそく、アナタにぴったりな電気料金プランを探してみよう!

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。