【重要】 大東エナジー「いい部屋でんき」ご利用中の方へ
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. エアコン冷房(クーラー)は弱運転より自動運転のほうが電気代が安い!
 

エアコン冷房(クーラー)は弱運転より自動運転のほうが電気代が安い!

電気代の節約、節電テクニック

夏は冷房に電気代が多くかかります。エアコンの冷房運転をする際、電気代を気にしてはじめから弱運転をしてしまってはいませんか?実は、それだと余計に電気代が高くなってしまいます。エアコンは弱運転をするより自動運転設定にしたほうが電気代がかかりません。エアコン冷房の電気代節約方法を詳しくご紹介します。

夏は冷房(クーラー)に電気代が多くかかります。エアコンの冷房運転をする際、電気代を気にしてはじめから弱運転をしてしまってはいませんか?実は、それだと逆に電気代が高くなってしまいます。

エアコン冷房(クーラー)の一番効率の良い運転方法を詳しくご紹介します。

[夏のエネチェンキャンペーン]

記事を読み進める前に…
電力会社を変えると、電気代が平均18000円安くなります
エアコンは使いたい、でも電気代もできるだけ安くすませたい……そんな人たちが今やっているのが電力会社の見直しです。自分の生活スタイルにあった電気料金プランに変更するだけで、同じ使い方をしていても電気代が安くなります。さぁ、アナタも電力会社を探してみて!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-

エアコンの冷房(クーラー)は自動運転を利用して一気に温度を上げてしまうのが効率的

air-conditioner-saving-12
エアコン冷房使用時は、弱運転や微弱運転をするのではなく、自動運転をしたほうが電気代はかかりません。

どうしてエアコン冷房(クーラー)は自動運転モードが一番電気代がかからないの?

エアコンの冷房は、室内の温度を設定温度に下げるまでの間が一番電気を使います。設定温度に下がってしまった後は電気代はあまりかかりません。
そのため、短時間のうちに設定温度にしてしまったほうが電気代を安く抑えることができます。

エアコン冷房の自動運転機能は、室温が設定温度になるまでは強風運転、その後は微風運転、と一番電気代が抑えられる効率が良い運転を行ってくれるため、自動運転が一番電気代をかけない効率的な運転方法となります。初めから弱運転や微弱運転をしてしまうと、室内気温が設定温度に下がるまでに長時間かかってしまうため、その分電気代が高くついてしまう、ということです。

エアコン冷房(クーラー)のこまめなスイッチのオン・オフは逆効果

エアコンで冷房を使う際、部屋が涼しくなったらスイッチを切り、また暑くなってきたらスイッチを入れる、といったようにこまめなスイッチのオン・オフを繰り返してしまうと、逆に電気代が高くなってしまいます。

上記に述べたように、エアコン冷房は設定温度まで室温を下げるまでが一番電気代がかかるので、こまめにスイッチを入れたり切ったりせずに、<一度室温を下げたらそのままの温度を自動運転で保っているほうが電気代を節約できます。

エアコン冷房(クーラー)の電気代を節約できれば夏の電気代を大きく節約できる

electriciyu-cost-saving
夏の電気代が高くなる大きな原因はエアコン冷房にかかる電気代です。そのため、エアコンの電気代を節約することができれば、夏の電気代を大きく節約できる可能性があります。

エアコンの電気代は、上記でご紹介した効率の良い運転方法に加えて、電気代の基本部分となる電気料金プランによっても大きく変わってきます。なんと、電気料金プランを最適なものへ見直すだけで年間平均15,000円以上もの電気代節約が可能なんですよ!

電気料金プランは、プランごと時間帯別に異なる電気の「単価」が設定されています。そのため、家族が在宅していてエアコン冷房をいつも使っている時間帯の電気の単価が安いプランを使えば、エアコンの電気代を安くできるんですよ!

一番お得に使える電気料金プランの選び方

plan-saving-28
電気料金プランの選び方として、ご家庭で使う電気はエアコン冷房以外にもたくさんあるので、ご家庭の電気の使用状況に見合った電気料金プランを選んでいく必要があります。また、夏だけでなく年間を通して一番お得に使えるプランを選びたいものです。

そんな時は、エネチェンジプラン診断が便利です。エネチェンジプラン診断は、季節変動をしっかりと加味した上でそのご家庭が一番お得に使える電気料金プランを診断します。電気料金プランの見直しに、ぜひご活用ください。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数