エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
夏のしろくまギフトキャンペーン2019
 

東京電力で電気代が高い人はクレジットカード支払いがお得

東京電力の電気料金プランを見なおす

東京電力と契約しているみなさん!1カ月の電気代が1万円を超える方はクレジットカード支払いにしてポイントを貯める方が、口座振替での支払いよりもお得なんです!今回は東京電力の電気代のクレジットカード支払いのメリットと変更方法、そしてクレジットカード支払いと口座振替のどちらがお得なのかについてご説明します。

東京電力と契約しているみなさん!電気代の支払い方法はどれにしているでしょうか?
1カ月の電気代が1万円を超える方はクレジットカード支払いにしてポイントを貯める方が、口座振替での支払いよりもお得なんですよ!

今回はそんな東京電力の電気代のクレジットカード支払いのメリットと変更方法、そしてクレジットカード支払いと口座振替のどちらが自分にとってお得なのかについてご説明します。

東京電力でクレジットカード支払いにするメリット

クレジットカード支払いに変えるメリットは主に2つです。

  • 電気代の払い忘れがなくなる!
  • ポイントが貯まる!

電気代の払い忘れがなくなる!

クレジットカード支払いとは、

  1. 私たちの電気代を一旦クレジットカード会社が支払う
  2. 後日、他のクレジットカードの請求と一緒に電気代が口座から引き落とされる

という仕組みになっています。そのため、毎月自動的に引き落とされる形になるため払い忘れは起こりません。
しかし!口座にお金がなかった場合は大変です。クレジットカードが使えなくなってしまったり、電気代が支払われないため延滞金が発生してしまう恐れがあります。引き落としされる日が近づいてきたら、預金残高に気を配りましょう。

ポイントが貯まる!

クレジットカード支払いにすると、毎月提携先のポイントも一緒に貯まっていきます!
毎月必ず支払うものだからこそ、ポイントをコツコツ貯めてお得に利用したいですね。
選び方のポイントとしては、

  • ポイント還元率が良い
  • キャッシュバック率が良い
  • よく利用するポイントが貯まる

など、自分のライフスタイルに合ったカードを選びましょう。

クレジットカード支払いへの変更方法

それでは早速、クレジットカード支払いへの変更方法をご紹介します!

1)クレジットカード会社の確認

まずは自分の持っているクレジットカードが使えるか確認しましょう。
これらのマークがあるクレジットカードが利用できます。
一部の国内専用クレジットカードでは、ご利用いただけないことがあります。

2)クレジットカード支払いの(新規・変更)申し込み手続き

インターネットでの申し込み
インターネット上の申し込み画面に電気のご契約情報とクレジットカード情報を登録するだけで、簡単にクレジットカード支払いの申し込みができます。(申込書を取り寄せて申し込むより、早く手続きが完了します。)
申し込みの際には、「電気ご使用量のお知らせ(検針票)」を準備して行いましょう!
郵送での申し込み
クレジットカード支払い申込書を取り寄せます。申込書が届いたら、必要事項を記入し捺印した上で送り返します。(申込書が届くまで一週間程度かかります。)
でんき家計簿会員は、でんき家計簿の「各種お手続き」→「カード払いの申込み」から簡単に手続きが可能です!
窓口で申し込み
東京電力の窓口より手続きもできます。

クレジットカード支払いに変える?ちょっとまって!変える前に知っておくべき他の支払い方法

東京電力の電気代の支払い方法は以下の3つがあります。

  • クレジットカードでの支払い
  • 口座振替での支払い
  • 振込用紙での支払い

このうち、口座振替払いを選択すると、初回振替日に引き落とされた場合、毎月54円の割引が適用されます。また、クレジットカード払いの場合は、お手持ちのカードで決められた還元率分のポイントがつきますよね。

それでは、口座振替にした場合とクレジットカード払いにした場合、どっちがお得なのでしょうか?

東京電力の口座振替vsクレジットカード払い、お得なのはどっち?

以下に、東京電力で口座振替にした場合の割引額と、クレジットカード払いにした場合の還元ポイントをまとめました。毎月の電気代の金額によってお得になる支払方法は以下のように変わります。
クレジットカードのポイント還元率は平均的な0.5パーセントとしています。

1ヶ月の電気料金クレジットカード
ポイント還元率
(0.5%で計算)
口座振替割引還元率
(月54円で計算)
どっちがお得?
1万5千円の場合月  75円 
年間 900円
月 54円 
年間 648円
クレジットカードのほうが
月21円/年間252円お得になる
1万3千円の場合月 65円 
年間 780円
月 54円 
年間 648円
クレジットカードのほうが
月11円/年間132円お得になる
1万1千円の場合月 55円 
年間 660円
月 54円 
年間 648円
クレジットカードのほうが
月1円/年間12円お得になる

1万円の場合月 50円 
年間 600円
月 54円 
年間 648円
口座振替割引のほうが
月4円/年間48円お得になる

8千円の場合月 40円 
年間 480円
月 54円 
年間 648円
口座振替割引のほうが
月14円/年間168円お得になる
5千円の場合
月 25円 
年間 300円
月 54円 
年間 648円
口座振替割引のほうが
月29円/年間348円お得になる
3千円の場合
月 15円 
年間 180円
月 54円 
年間 648円
口座振替割引のほうが
月39円/年間468円お得になる

電気料金が1万円以下の場合は口座振替割引がお得になり、オール電化などで電気代が毎月1万円以上の場合はクレジットカード払いのほうがお得になるということですね。

東京電力の他の支払い方法への変更方法

電気料金が1万円以下の場合は口座振替割引がお得ということがわかりましたね。そこで、口座振替への支払い変更方法もご紹介します!

口座振替の申し込み手続き

郵送での申し込み
申込書を郵送すると、口座振替が申し込みできます。金融機関もしくは東京電力から申込書を取り寄せできます。
インターネットでの申し込み(インターネットバンキングを契約されている方)
インターネットバンキングを契約されている方は、各金融機関ホームページから口座振替の申し込みができます。(印鑑不要)
窓口での申し込み
窓口にも申込書をご用意しています。

申し込みしてから口座振替への手続きが完了するまで、1~2カ月程度かかる場合があります。口座振替開始までの料金は、所定の払込用紙等による支払いになります。

振込みによる支払い方法

東京電力から送られてくる所定の払込用紙で銀行や郵便局、コンビニエンスストア、東京電力へ支払う方法です。なお、コンビニエンスストアであれば、土曜・日曜・祝日、夜間でも支払ます。

取り扱いできるコンビニエンスストア
セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、デイリーヤマザキ、ニューヤマザキデイリーストア、ヤマザキデイリーストアー、サークルK・サンクス、ミニストップ、スリーエフ、セーブオン、コミュニティ・ストア、ココストア、セイコーマート(関東・北海道地区)、スリーエイト、ポプラ、生活彩家、くらしハウス、オダキューマート、エアポートマート の各店舗

払込用紙(請求書)は、原則として検針に来た際に検針票と一緒に届けられます。銀行やコンビニエンス・ストアなどで支払う場合、「電気料金振込用紙」と「電気使用量のお知らせ(検針票)」を切り離さないで、支払い窓口へ持って行きましょう。

東京電力の電気代支払い方法のまとめ

東京電力の電気代をクレジットカード支払いにする方法は、

  1. クレジットカード会社を確認する
  2. インターネット郵送窓口のどれかで手続きをする

というものでした。また、東京電力の電気代の支払い方法でお得なのは、月々の電気代が1万円以下の場合は口座振替割引、オール電化などで電気代が月々1万円以上の場合はクレジットカード支払いがお得になるということがわかりましたね。

クレジットカード払いにする場合は、公共料金のポイント還元率の高いカードを選んだり、他の光熱費や通信費等の支払いもまとめてクレジットカード払いにすることでもっとお得にできますよ!

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。