エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
夏のしろくまギフトキャンペーン2019
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 一人暮らしの水道光熱費って平均いくらくらいなの?
 

一人暮らしの水道光熱費って平均いくらくらいなの?

でんきの基本

一人暮らしの皆さんは、「自分と比べて他の人達の光熱費(電気代、ガス代)って高いのかな?低いのかな?」と気になることはありませんか?今回は、気になる「一人暮らしの水道、光熱費の平均額」をご紹介。さらに、カップルなど「二人暮らしになった場合の水道、光熱費の平均額」もご紹介しています。

一人暮らしの皆さんは、「一人暮らしの水道光熱費、みんなどのくらいなんだろう?」「自分と比べて他の人達の水道光熱費って高いのかな?低いのかな?」と気になることはありませんか?

今回は、気になる一人暮らしの水道光熱費の平均額をご紹介。さらに、カップルなど二人暮らしになった場合の水道光熱費の平均額もご紹介しています。

記事を読み進める前に…
電力会社を変えると電気代が平均18,000円安く!
電気代の節約には、電力会社・電気料金プランの見直しが欠かせません。自分のライフスタイルにあったプランに切り替えるだけで、電気代が安くなるんです。手続きも簡単!さっそく、アナタの住んでいる地域の電力会社をチェック。
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
記事を読み進める前に…
電力会社を変えると、電気代が平均
18,000円安くなります。
郵便番号を入力して、比較してみよう!
-

水道光熱費とは

水道光熱費とは、上下水道代・電気代・ガス代・灯油代など、生活に必要なためのエネルギーの費用となるものをいいます。

以下に、一人暮らしの水道光熱費の平均額をご紹介していますが、その前にまずは水道光熱費の節約ポイントについてご説明します。一人暮らしの場合は水道光熱費の節約もしやすいので、上手に節約していきたいものです。

一人暮らしの水道光熱費の節約ポイントは、電力会社・ガス会社のプランを最適なものへ見直すこと◎

水道光熱費の節約のポイントとして知っておきたいことは、電気代・ガス代は、自分の生活スタイルに見合った電力会社・ガス会社のプランをきちんと選んで契約することによって節約が可能だということ。

水道光熱費のうち、電気代・ガス代を今よりも安くできれば、かなりの節約になりますよね。電力会社・ガス会社のプランを見直したことがない人は、今よりも電気代・ガス代が安くなるプランに切り替えてみましょう。

電気料金プランを探す
ガス料金プランを探す

引っ越しの際は電気料金プランの見直し時!

house moving
引っ越しは家族構成や職場、学校など、ライフスタイルの変化を伴ったり、通勤時間や部屋数など、生活条件が変わる場合が多いでしょう。引っ越しでライフスタイルや生活条件に変化があった場合は、最適な電気料金プランも変わってきます。

エネチェンジでは、引越し先で契約する電力会社のプランも比較検討ができます。これから引っ越しをする予定のある方は、引越し先の電力会社もかしこく選んで電気代を節約しましょう。

引越し先で契約する電気料金プランを探す

統計で見る、一人暮らしの水道光熱費平均額

一人暮らしの家計を大きく占めているのは家賃と水道光熱費の2つです。このうち、「平均はどのくらいなんだろう?」というのがなかなかわかりにくいのが水道光熱費。平均額がわからないと、自分は水道・電気・ガスなどを他の人たちよりも使いすぎているのかどうか、ということすらわかりません。

そこで、総務省統計をもとに、下記に一人暮らしの水道光熱費の平均額を算出しました。

一人暮らしの水道光熱費平均額はいくら?

総務省統計局の家計調査によると、昨年2017年の若者(34歳以下)の一人暮らし世帯の水道光熱費の平均額はひと月あたり6,959円となっています。現在一人暮らしをされているみなさんの水道光熱費と比べていかがですか?

カップルなどの、二人暮らしになると、水道光熱費平均額はどう変わるのか

それでは、カップルなど二人暮らしをした場合、水道光熱費はどのように変わってくるのでしょうか?みなさんの中には、一人暮らしからカップルなどの二人暮らしへ変わったら、水道光熱費の額が倍以上になって驚いた、という方もいるのではないでしょうか?

総務省統計をもとに二人暮らしの水道光熱費を算出した結果、驚きの結果となりました。

二人暮らしの水道光熱費平均額はいくら?

総務省統計局の家計調査によると、昨年2017年の二人暮らし世帯の水道光熱費の平均額はひと月あたり19,117円となっています。

一人暮らしの約3倍になる、二人暮らしの水道光熱費

一人暮らしの水道光熱費の平均額がひと月あたり6,959円、そして、二人暮らしの水道光熱費の平均額がひと月あたり19,117円ということがわかりました。

これを年間で考えると、一人暮らしの水道光熱費は年間83,058円、二人暮らしの水道光熱費は年間229,404円です。驚くことに、一人暮らしから二人暮らしに変わると、水道光熱費は一人暮らしの時より3倍近く高くなっています。ということは、一人当たりで考えると年間31,644円増えてしまうことになります。

人数が倍になっただけなのに水道光熱費が3倍近くにもなっているのはなぜ?

一人暮らしから二人暮らしに変わる時、単純に考えると、一人暮らしの水道光熱費が年間83,058円だったのであれば、二人暮らしになったらその倍の年間166,116円くらいになるものだと考えてしまいます。それなのにどうして、人数が倍になっただけで水道光熱費が3倍近くも増えてしまうのでしょうか?

なぜ二人暮らしになると水道光熱費が一気に3倍に上がるの?

個人で使う水道光熱費がまず2倍になる
まず、単純に個人で使う水道光熱費が倍になります。携帯電話やパソコンなど個人の所有物にかかる充電代、歯磨き・シャワー・トイレなど日常生活面で個人が消費する水道代、料理が二人分になった分のガス代などです。
それ以外に増える水道光熱費がある

個人で使う量が倍になる以外に、住む部屋のスペースが広くなった分の水道光熱費が増えます。部屋が広くなったことで、暖房なども部屋があたたまるまでに使うエアコン代や灯油代が増えます。

さらに、ご契約電気料金プランが段階料金徴収型(使用量に応じて料金単価が上がる)の場合は、使用電力が大きくなった分従量料金の段階が上がったことで電気代が上がります。

学校や仕事などで時間帯が少しでも違うと常にどちらかが家にいるという在宅時間が増えるので、照明・エアコン・TVなどを使用している時間が長くなり電気代が増え、暖房などに使う灯油やガス代も増えます。

このようにして、単純に人数が倍になったことで増える水道光熱費の量にプラスされて増える水道光熱費があるため、一人暮らしから二人暮らしになった場合は3倍近く水道光熱費が増える傾向があります。

水道光熱費を上手に節約していくには

二人暮らしになると一人暮らしの時より3倍近く水道光熱費がかかるということに驚いた方は多いでしょう。家計を大きく占める水道光熱費、上手に節約していきたいものです。

光熱費の中でも、ガスや電気の契約には料金プランがあります。そして今は、電気もガスも、多くの電力会社・ガス会社のさまざまな料金プランの中から自分に見合ったプランを自由に選ぶことができるんです。

例えば携帯電話の料金プランも、自分に見合ったプランを契約していないと料金がとても高くなってしまう、ということがありますね。それと同じで、電気もガスも、自分に見合ったプランを契約していないせいで、毎月の料金が高くなってしまっている、ということもあるんです。電気もガスも、自分に見合った会社のプランを使うことで、かしこく節約していくことができるんですよ。

でも、多くのプランの中から自分に見合ったプランを選ぶのって、大変ですよね。そんな時は、エネチェンジをご活用ください。エネチェンジでは、電力会社・ガス会社のプランの中から、アナタにぴったりなプランを無料で診断できます。

電気料金プランを探す
ガス料金プランを探す
エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。