エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
夏のしろくまギフトキャンペーン2019
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 夜に電気をたくさん使う冬、電気代の安い「夜間電力」を使って上手に節約
 

夜に電気をたくさん使う冬、電気代の安い「夜間電力」を使って上手に節約

夜電気をたくさん使う冬は安い夜間電力で電気代がお得に!
電気代の節約、節電テクニック

暖房などで夏よりも電気代が多くかかる冬は、電気料金プランの「安い夜間電力」を上手に利用することで電気代を節約していくことができます。「安い夜間電力」を上手に使って電気代を節約していく方法をご紹介します。

日本の大半の地域では、夏よりも冬のほうが電気代が多くかかります。そんな冬は、電気料金プランの「安い夜間電力」を上手に利用することで電気代を節約していくことができます。

「安い夜間電力」を上手に使って電気代を節約していく方法をご紹介します。

夏よりも電気代が多くかかる冬の電気代節約方法

日本の大半の地域は夏よりも冬のほうが電気代が多くかかっています。エネチェンジ調べでは、九州地方・沖縄地方を除いたすべての地方で夏よりも冬のほうが電気代が多くかかるという結果が出ています。しかし、冬の電気代を上手に節約できる方法はあります、それは、「安い夜間電力」を上手に利用するということです。

安い夜間電力を上手に利用する

冬は昼間よりも夜のほうが暖房に電気を使うというご家庭は多いのではないでしょうか?夜よりも日中のほうが気温は高いので、日中は暖房を使ったり使わなかったりしても、夜寒くなると暖房は必須になる、という地方は多いでしょう。夜に電気をたくさん使う冬は、安い夜間電力を利用することで電気代を安く抑えることができます。

安い夜間電力って何?

安い夜間電力とは、時間帯別で電気料金単価が設定されている電気料金プランの、夜間時間の料金単価をいいます

電気料金プランには、従量電灯という24時間どの時間帯に電気を使っても同一料金単価のプランと、1日を2時間や3時間帯別に分け、それぞれの時間帯ごとに異なる電気料金単価が設定されているプランがあります。

時間帯ごとに電気料金単価が設定されているプランは、夜間時間帯の単価が大変安く設定されています。

夜間電力の例(東京電力)

24時間同一料金
最初の120kWhまで19円43銭
120kWhをこえ300kWhまで<25円91銭
300kWhをこえる分29円93銭
昼間(5-21時)
最初の90kWhまで24円03銭
90kWhをこえ230kWhまで32円03銭
230kWhをこえる分37円00銭
夜間(21-翌5時)
12円48銭(夜間電力料金)

上記は2014年11月時点の1kWhあたりの料金単価です。

上記のように、時間帯別に区切られているプラン(上記例では夜得プラン)は夜間時間帯の電気料金単価が大変安く設定されています。その分日中の料金単価は従量電灯に比べて若干割高に設定されています。しかし、日中よりも夜に電気をたくさん使うご家庭では、24時間同一料金の従量電灯プランよりも、安い夜間電力が適用されるプランを契約したほうが、電気をより多く使う時間帯(夜間)に大変安い料金単価で電気を使うことができるようになるということです。

どうすれば安い夜間電力を使えるの?

安い夜間電力を使いたい場合は、プラン変更をすれば使えます。電気料金プランは、ご家庭の生活スタイルにいちばん見合ったプランを選ぶことで、ご家庭で多く電気を使う時間帯に安い電気料金単価を適用することが可能になります。生活スタイルは年々変化していきますので、定期的にプランの見直しをすることが重要です。

プラン変更で安い夜間電力を使うとどのくらい電気代が安くなるの?

安い夜間電力を使った場合とそうでない場合はどのくらい電気代が違ってくるのでしょうか?東京電力のプランを例に、24時間同一料金単価の従量電灯と、安い夜間電力が設定されている夜得プランそれぞれのプランで、夜間に暖房を3時間ずつ使った場合の電気代を比較しました。

従量電灯と夜得プランの電気代を比較(東京電力)
電気ストーブを
3時間使用した場合
従量電灯プランだと約76円
夜得プランだと約37円消費電力を990Whとして計算しています。
セラミックファンヒーターを3時間使用した場合
従量電灯プランだと約41円~90円
夜得プランだと約19円~43円消費電力を弱風時530Wh強風時1170Whとして計算しています。
エアコンの暖房を
3時間使用した場合
従量電灯プランだと約10円~115円
夜得プランだと5円~55円消費電力を135Wh~1485Whとして計算しています。
カーボンヒーターを
3時間使用した場合
従量電灯プランだと34円/69円
夜得プランだと16円/33円消費電力を450Wh/900Wh切り替え式として計算しています。

従量電灯の料金単価を25.91円、夜得プランの料金単価を12.48円として計算しています。

いかにご家庭に合わせたプランを選べるかで電気代は大きく変わってくる

上記のように、安い夜間電力が設定されているプランを使うことで電気代は大きく変わってきます。冬の夜に暖房などで電気をたくさん使うご家庭は、電気料金プランの見直しをすることで、この冬の電気代を大きく節約できる可能性があります。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。