エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 初めての一人暮らしで知っておきたいアパート探しのコツ
 

初めての一人暮らしで知っておきたいアパート探しのコツ

引越し

アパート探しでお困りの方必見!アパート探しのコツをご紹介。アパート探しの際に注意しておきたいこと、知って得する情報、おさえておきたい基本をお伝えしてきます。

アパート探しのコツをご紹介します。借りたあとに「こんなはずではなかった……」とならないように、ポイントを押さえて物件探しに挑みましょう!

アパートを探し始める前の注意点

アパート探しは事前の情報収集が大切ですよ!不動産アプリもたくさんありますし、ネットで検索すれば情報はたくさんでてきます。

駅から徒歩◯分はウソ?

ウソというのは言い過ぎですが、実際に自分の足で歩いてみると、表示されている時間より長くかかることもあります。

条件が変わることもある

インターネットの情報は更新されていない場合があるので、不動産会社に問い合わせるときに重要な条件については確認をとるのが無難です。

おとり物件に注意

おとり物件とは、その名前の通り客を釣るための物件です。すでに契約済みで実際は貸し出せない物件や存在していない物件……なんてことも!これは騙されていけませんよ!

アパートを探し始めるタイミング

アパート探しにも、ベストシーズンみたいなものはあります。4月から大学生とか、転勤で時期が決まっているという場合は、時期を自分で調整することはできないですが、1年のどの時期が忙しい時期なのかは知っておくとよいでしょう。急いで決める必要があるのか、ゆっくり検討しても大丈夫なのかがわかっていれば、慌てることもないですよね。

月の中旬から下旬にかけて
この時期は募集開始をする物件も少ないため、目当ての物件が見つかりにくい傾向。
1月〜3月
転勤や入学準備等で物件が豊富ではありますが、人気物件はすぐに契約されてしまうので、早めの判断が必要。

ゆっくり探したければ、1〜3月は避けて、退去予定日の2カ月前くらいから動き始めましょう。今も賃貸物件に住んでいる人は、まずは賃貸契約を確認して、

  • 更新月がいつなのか?
  • 退去する場合、いつまでに大家に伝えればいいのか?

をチェックしてください。退去する月になって焦って探し始めると、間に合わない可能性もあるので注意!

アパートを探すときのコツ

実際に物件を選ぶときのコツは、なんといっても優先順位を決めること!アパートといっても星の数ほどありますから、しっかりと自分なりの条件を明確にしましょう。

アパート探しの条件を整理する
  • 初期費用の予算
  • 家賃の上限
  • 間取り(部屋数、バス・トイレ別、室内洗濯機置場……など)の希望
  • 周辺の環境(駅近、コンビニやスーパー……など)へのこだわり
  • 物件の種類(木造アパートでもOK、マンションがいい……など)
  • ペット可、楽器可などの希望

もちろん、全部希望通りの物件は見つかりません。だからこそ、自分のこだわりの優先順位を決める必要があるんですよ。「家賃が一番優先だから、駅から遠いのを妥協する」「とにかく初期費用を抑えたいから敷金・礼金ゼロ物件にこだわる」「会社の近くであれば家賃は高くてもOK」とか、ぜったい譲れない条件は、妥協しちゃダメです。

アパートを下見するときのポイント

いよいよアパートの見学。実際に住んだときをシミュレーションしながら、チェックしましょうね。

物件の環境をチェック

日当たりが良いか、近くの高層のマンションなどで日差しを遮っていないか、大きい音(騒音)などで生活の支障になるようなものがないかなど、住み始めてから後悔しないために確認をしておく必要あります。隣の部屋の音が聞こえないか、マンションの住人がどんな人なのかも気になりますよね。

昼と夜、平日と休日ではガラッと印象が変わります。女性は駅から物件までの道のりもチェックしたいところ。

自分のライフスタイルに合っているかをチェック

部屋の内部をチェックは、より日常生活をイメージして。電子機器を多く使う人は、コンセントの数や位置をチェックしましょう。洋服や本が多いという人は、クローゼットの大きさや収納スペースの広さチェックは必須ですよ。天井の高さや窓の位置、トイレ、浴室、キッチンなどなど、隅々まで確認しましょう。

スマホで写真をとるときは、物件のチラシやアパートの名前などを写してから、実際の部屋の写真を撮り始めることをオススメします。後から検討するときに「この写真どこの部屋だっけ?」とならずにすみますよ。

異常に家賃が安い物件は注意!

近辺の相場に比べて異常に家賃が安い場合は、不動産屋さんに確認をとりましょう。仮に事故物件だった場合、不動産業者は契約者にその事実を公開する義務があるのです。聞きづらいと遠慮せずに、アパートが事故物件であるかどうか必ず尋ねてください。

アパート探しのコツまとめ

アパート探しのコツ、いかがでしたか?今回は初めて探す人向けに基本事項の説明をしてきました。アパートを選ぶということは、生活をする場所を選ぶということになります。そのアパートでストレスを感じて生活に支障をきたすようなことがないよう、慎重な判断でアパートを検討してくださいね。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「この条件で電気代比較」ボタンを押してください。
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。