【2021年最新版】電気代が安いのは!?最新洗濯乾燥機のメーカー別電気代と特徴まとめ

【2021年最新版】電気代が安いのは!?最新洗濯乾燥機のメーカー別電気代と特徴まとめ
でんきの基本

洗濯乾燥機の乾燥機能を使う機会は増えています。洗濯機を新たに購入する場合も、乾燥機能を重視して選ぶ人は多いでしょう。洗濯乾燥機は乾燥時に電気代が多くかかります。最新洗濯乾燥機の乾燥機能と電気代を、パナソニック・日立・東芝・シャープの各メーカーごとに比較、電気代節約方法とともにご紹介しています。

雨などの悪天候に限らず、花粉やPM2.5、また忙しくて洗濯物を外干しする時間がないといった生活スタイルの変化などから、洗濯乾燥機の乾燥機能を使う機会が増えています。洗濯機を新規購入する場合も、乾燥機能を重視して選ぶ人は多いでしょう。

洗濯機の乾燥機能でいちばん気になるのが電気代です。洗濯乾燥機の乾燥機能の特徴と電気代をメーカーごとに比較しました。また、洗濯乾燥機で気になる電気代も、プラン見直しでタイマー運用すれば、電気代を節約しやすいんですよ!

更新日
2021年4月20日
記事を読む前に…
電力会社を変えると
年間平均27,542円節約できます!

エネチェンジ電力比較診断の3人世帯を選択したシミュレーション結果で、電気代節約額1位に表示されたプランの年間節約額の平均値です。節約額はギフト券などの特典金額も含まれています(シミュレーション期間/2020年1月1日〜13日)

全国で1000万世帯以上が、すでに電力会社を切り替えています。次はアナタが電力会社切り替えで、賢い電気代の節約を始めましょう。さっそくアナタの住んでいるエリアの電力会社を検索!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「探す」ボタンを押してください。

乾燥に向いているのはドラム型、その中でも電気代が安いのはヒートポンプ乾燥!

洗濯乾燥機はドラム型、縦型があり、乾燥のタイプも違います。そこで、洗濯乾燥に向いている洗濯機の選び方をはじめにご説明します。

乾燥に向いているのはドラム型洗濯機

洗濯機にはドラム型と縦型がありますが、乾燥に向いているのはドラム型です。
縦型洗濯機は、横回転の遠心力で衣類をかくはんしながら温風を当てて乾燥させるため、洗濯槽に衣類が張り付いてしまう分空気が通りにくく時間がかかり、シワになりやすいのです。
比べてドラム型洗濯機は、回転するドラム内で洗濯物が上から下に落ちる間に温風を当てて乾かすため時間も早く、また衣類がほぐされながら乾燥するためシワになりにくいメリットがあります。

乾燥タイプにも違いが!電気代が安いのはヒートポンプ乾燥タイプ

washer_dryer-6

洗濯機の乾燥タイプはヒーター乾燥とヒートポンプ乾燥の2種類があります。
電気代が安いのはヒートポンプ乾燥タイプで、ヒーター乾燥タイプの洗濯機は、ヒートポンプ乾燥タイプの洗濯機の2倍以上も乾燥に電気代がかかるんです。

次に、乾燥に向いているドラム型洗濯機の最新乾燥機能をメーカー別に比較します。

パナソニックの洗濯乾燥機はシワを抑えるふんわりジェット乾燥と電気代を抑えるエコナビ運転が特徴!

出典:プレスリリース|パナソニック

パナソニックのドラム型洗濯機は、ヒートポンプ乾燥タイプが主にラインアップされています。最新モデルNA-VX900Bは、65℃の低温風で衣類の痛みや縮みを抑えて乾燥させます。乾燥時の「ジェット乾燥」設定をオンにすると、大風量でシワを抑えた乾燥ができます。
また、「タオル専用コース」もあり、パイルが潰れないように仕上がるため、吸水性が保たれた気持ちよい肌ざわりのタオルに仕上がります。

洗濯乾燥にかかる電気代は24円(省エネ乾燥は17円)

パナソニックのドラム型洗濯乾燥機NA-VX900B(洗濯容量11kg乾燥容量6kg)の1回の洗濯〜乾燥時にかかる電気代は、標準乾燥モードで約24円(890Wh)、省エネ乾燥モードでは約17円(620Wh)です。

日立の洗濯乾燥機は高速風でシワを伸ばし低温乾燥で縮みを抑える!

出典:日立

日立のドラム型洗濯洗濯機はヒーター乾燥タイプですが、運転時に発生する熱を回収し、乾燥時の温風に再利用するヒートリサイクル乾燥のため電気代を安く抑えることが可能です。
最新モデルBD-NX120Fは、日立独自の「風アイロン」システムが高速風で洗濯物のシワを伸ばし、低温乾燥で縮みを抑えます。

洗濯乾燥にかかる電気代は31円

日立のドラム型洗濯乾燥機BD-NX120F(洗濯容量12kg乾燥容量6kg)の1回の洗濯乾燥時にかかる電気代は、約31円(1,130Wh)です。

東芝の洗濯乾燥機はシワを綺麗に伸ばす上質乾燥モードつき!

出典:プレスリリース|東芝

東芝のドラム型洗濯機はヒートポンプ乾燥タイプが主にラインアップされています。
最新モデルTW-127X9は乾燥容量7kgの大きな洗濯槽で大量の風を当て、約65℃の低温風で除湿をしながら乾燥し、熱による傷みや縮みを抑えながら洗濯物のシワを伸ばします。さらに、シワを綺麗に伸ばす「上質乾燥モード」が設定できるのも大きな特徴です。

洗濯乾燥にかかる電気代は31円(洗濯・省エネ乾燥は19円)

東芝のドラム型洗濯乾燥機TW-127X9(洗濯容量12kg乾燥容量7kg)の1回の洗濯乾燥時にかかる電気代は、標準モードで約31円(1150Wh)、乾燥省エネモードでは約19円(710Wh)です。

シャープの洗濯乾燥機は独自のヒートポンプ乾燥システムで乾燥時の電気代を最大カット!


画像出典:ニュースリリース|シャープ

シャープのドラム型洗濯機は、ヒートポンプ乾燥とヒーター乾燥の両ラインアップとなっています。
最新モデルES-W113は、東芝独自のハイブリッド乾燥方式が採用されていて、ヒートポンプ乾燥にサポートヒーター乾燥を加え、省エネでふんわりと仕上げることができます。熱エネルギーを機外にもらさずロスなく送風するため、乾燥時の電気代をより少なく抑えます。

さらに、シャツなどシワになりやすい衣類は、約50℃の大風量温風を衣類に吹きかけシワを伸ばしながら乾燥させる「シワ抑え乾燥コース」が便利です。

洗濯乾燥にかかる電気代は16円

シャープのドラム型洗濯乾燥機ES-W113(洗濯容量11kg乾燥容量6kg)の1回の洗濯乾燥時にかかる電気代は、16円(600Wh)です。

洗濯乾燥機の電気代を節約するには?

洗濯乾燥機の乾燥機能の特徴と電気代をメーカーごとに比較、ご紹介しました。洗濯乾燥機は乾燥時に電気代が多くかかります。洗濯機の乾燥時にかかる電気代を節約するためには、省エネな洗濯機を選ぶとともに、いちばん安く使える電気料金プランへ見直すことが大切です。

最適なプランが時間帯別に単価が異なるプランの場合は、いちばん電気代が安い時間帯に洗濯乾燥機のタイマーを使って乾燥を行うようにすることで、電気代を節約できます◎

まだ家電の買い替えを検討中という方も、ご家庭でもっともお得に使える電気料金プランは今すぐ診断できます。エネチェンジ電力比較では、かんたんな条件を入力するだけでアナタにぴったりな電力会社のプランを比較でき、電気代節約額の目安もひと目でわかります。

  • twitter アイコン
  • Facebook アイコン
  • はてな アイコン
  • LINE アイコン
切り替えるといくら節約できる? 電気料金を比較・節約!
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
エネチェンジ利用規約 」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「この条件で電気代比較」ボタンを押してください。