【重要】 「廃止になる東京電力EPプラン」ご利用中の方へ
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. セントラルヒーティングの電気代はどのくらい?節約方法は?
 

セントラルヒーティングの電気代はどのくらい?節約方法は?

電気代の節約、節電テクニック

セントラルヒーティングの導入を検討している人が一番気になるのが、セントラルヒーティングにしたときにどのくらい電気代がかかるのか、電気代の上手な節約方法があるのか、ということではないでしょうか?そこで、セントラルヒーティングのしくみと電気代の目安、電気代節約のポイントについてご説明します。

セントラルヒーティングの導入を検討している人が一番気になるのが、セントラルヒーティングにしたときにどのくらい電気代がかかるのか、電気代の上手な節約方法があるのか、ということではないでしょうか?そこで、セントラルヒーティングのしくみと電気代の目安、電気代節約のポイントについてご説明します。

記事を読み進める前に…
電力会社を変えると電気代が平均18,000円安く!
電気代の節約には、電力会社・電気料金プランの見直しが欠かせません。自分のライフスタイルにあったプランに切り替えるだけで、電気代が安くなるんです。手続きも簡単!さっそく、アナタの住んでいる地域の電力会社をチェック。
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
記事を読み進める前に…
電力会社を変えると、電気代が平均
18,000円安くなります。
郵便番号を入力して、比較してみよう!
-

セントラルヒーティングってどんなもの?

セントラルヒーティングとは、ヒートポンプ温水暖房機などの熱源装置を設置して、そこから熱を各部屋に送り届ける暖房システムです。熱源装置はガス式・灯油式・電気式のものがありますが、今回は電気式のセントラルヒーティングについてご説明していきます。

電気温水暖房セントラルヒーティングのしくみ

central_heating-2
パネルラジエーター
電気温水暖房セントラルヒーティングシステムのしくみは、電気式の温水暖房機で作りだした温水を各部屋に設置されたパネルヒーター、もしくはパネルラジエーターに送り、その熱で家全体の暖房を行います。
温水暖房機の中でも省エネなヒートポンプ温水暖房機を設置することで、電気代を抑えることができます。

セントラルヒーティングの電気代はどのくらい?

これからオール電化にしようと考えていて、電気温水暖房式セントラルヒーティングの導入を検討されている方は、電気代がどのくらいかかるのか気になりますよね。電気温水暖房式セントラルヒーティングのランニングコストの目安はメーカーなどでも公表されていないためわかりにくいのですが、北海道電力によってセントラルヒーティングを設置しているオール電化の年間電気代の目安が試算されているのでご紹介します。

北海道電力によると、エコキュート(1.5kW)、ヒートポンプ暖房システム(4.7kW)を設置しているオール電化の家庭で、北海道電力のヒートポンプ暖房を設置している家庭向けプラン「eタイム3」を使った場合、年間使用電力量は11,961kWh、年間電気代は281,577円(12kVA契約の場合)と試算されています。

出典:電気料金値上げ認可の概要について|北海道電力(株)

セントラルヒーティングの電気代を節約するために必要なことは?

plan-saving-35
セントラルヒーティングの電気代を節約するには、きちんと電気料金プラン選びをすることが重要なんですよ!

電気温水暖房セントラルヒーティングは、夜間の安い電気代で蓄熱をする蓄熱暖房機などの蓄熱式暖房機とは違って、非蓄熱式電気暖房機器なんです。そのため、オール電化向けの電気料金プランの中から、日中の電気代設定が固定単価で設定されているプランを選んだほうが電気代をお得に節約できる可能性があるんです。

セントラルヒーティングの電気代を節約できる電気料金プランの選び方

電気をたくさん使うオール電化向けの電気料金プランの中でも、日中の電気代が固定制単価のものと段階料金制単価のものがあるんです。北海道電力のプランが例としてわかりやすいので以下にご説明していきます。
北海道電力のeタイム3プランドリーム8プランはどちらも電気をたくさん家庭に向いているプランですが、日中の電気代設定が異なります。

日中の電気代が固定制単価のeタイム3プランは、同時間帯にどれだけたくさん電気を使っても、単価が上がらず一定のままです。

日中の電気代が固定制単価のプラン例(北海道電力のeタイム3プラン)

時間帯1kWhあたりの料金単価
午後時間
13時〜18時
39.94円
朝晩時間
8時〜13時/18時〜22時
30.35円
夜間時間
22時〜翌8時
14.37円

日中の電気代が段階制単価のドリーム8プランは、一度に電気をたくさん使ってしまうと単価の段階があがり、電気代が高くなってしまいます。

日中の電気代が段階制単価のプラン例(北海道電力のドリーム8プラン)

時間帯 1kWhあたりの料金単価
昼間
7時〜23時
最初の90kWhまで28.08円
90kWhをこえ210kWhまで35.66円
210kWhをこえる40.10円
夜間
23時〜翌7時
14.13円

セントラルヒーティングを使うご家庭では、日中セントラルヒーティングが稼働している分電気を使う量が多くなるため、ドリーム8プランのような段階制単価のプランを使うと段階が常に上がってしまい、電気代が高くなってしまう恐れがあります。そのため、セントラルヒーティングを使う場合は、日中の電気代が固定単価設定されている電気料金プランを選んだほうが電気代を安く抑えることができる可能性が高いというわけなんです。

セントラルヒーティングは最適な電気料金プランを使うことで電気代を節約して使っていくことができるんです

winter-room
セントラルヒーティングを使う場合は、電気料金プランを見直して最適なプランを使うことで電気代を節約していくことが可能になります。また、現在セントラルヒーティングを使っていて電気代が高いと悩んでいる人は、一度プランの見直しをしてみましょう。
どのプランを選んだらいいのかわからない、という人も大丈夫です。エネチェンジでは、ご家庭ごとに一番最適な電気料金プランを簡単に見つけることができますよ!

セントラルヒーティングの電気代を節約していくために、エネチェンジで電力会社を選びましょう!

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。