エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン テレワーク応援で限定特典も! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. ブレーカーはなぜ落ちることがあるの?原因と対策法は?
 

ブレーカーはなぜ落ちることがあるの?原因と対策法は?

電気のトラブル

ご家庭で電気のブレーカーが落ちた、という経験がある方は多いでしょう。ブレーカーが落ちる原因と、ブレーカーが落ちないようにするための対策方法をご紹介します。

ご家庭で電気のブレーカーが落ちた、という経験がある方は多いでしょう。ブレーカーが落ちる原因と、ブレーカーが落ちないようにするための対策方法をご紹介します。

記事を読む前に…
電力会社を変えると電気代が平均27,542円安くなります!

エネチェンジ電力比較診断の3人世帯を選択したシミュレーション結果で、電気代節約額1位に表示されたプランの年間節約額の平均値です。節約額はギフト券などの特典金額も含まれています(シミュレーション期間/2020年1月1日〜13日)

全国で1000万世帯以上が、すでに電力会社を切り替えています。次はアナタが電力会社切り替えで、賢い電気代の節約を始めましょう。さっそくアナタの住んでいるエリアの電力会社を検索!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「探す」ボタンを押してください。
記事を読む前に…
電力会社を変えると、電気代が安くなります!
ライフスタイルにあった電力会社・料金プランに切り替えるだけで、電気代が安くなります。手続きも簡単!
電気代の年間平均節約額
エネチェンジ電力比較診断のシミュレーション結果で、電気代節約額1位に表示されたプランの年間節約額の平均値です。節約額はギフト券などの特典金額も含まれています(シミュレーション期間/2020年1月1日〜13日)
1人世帯 21,689 4人世帯 27,857
2人世帯 24,111 5人世帯 32,722
3人世帯 27,542 6人世帯 44,791
お得なプランを探す
記事を読む前に…
電力会社を変えると電気代が平均27,542円安くなります!

エネチェンジ電力比較診断の3人世帯を選択したシミュレーション結果で、電気代節約額1位に表示されたプランの年間節約額の平均値です。節約額はギフト券などの特典金額も含まれています(シミュレーション期間/2020年1月1日〜13日)

ライフスタイルにあった電力会社・料金プランに切り替えるだけで、電気代が安くなります。手続きも簡単!お得なプランを探す

ブレーカーには3種類ある

電気の使用状況によって「バチン!」という音とともに、明かりや家電への電気供給がいっせいに止まってしまうとよく「ブレーカーが落ちた」と言いますよね。実はそのブレーカー、一般的には3つの種類があるんです。そして、それぞれの役割や落ちてしまう原因が異なります。

1)アンペアブレーカー
電力会社との契約ブレーカーで、大きなアンペア数の表示と色分けが特徴。
契約アンペア値(契約電力量)を超えた電気が流れた場合、電気の流れを遮断する(ブレーカーが落ちる)しくみになっている。
ブレーカーが落ちると家全体が停電する。
2)漏電ブレーカー
漏電事故を防ぐための装置で、メインのスイッチ以外にテスト・復旧のボタンが付いている物が多い。
漏電を検出した場合、電気の流れを遮断する(ブレーカーが落ちる)しくみになっている。
ブレーカーが落ちると家全体が停電する。
3)安全ブレーカー
配線用遮断器(分電盤から各部屋へ電気を送るための回路ごとのブレーカー)。同じ形のスイッチが複数あり、家の中のコンセントまでの電気の回路それぞれと接続している。
回路ごとに容量が決まっており、その容量を超えた電気が流れた場合、電気の流れを遮断する(ブレーカーが落ちる)しくみになっている。
このブレーカーは回路ごとに落ちるので、家の一部が停電する。

分電盤とは、漏電ブレーカーや安全ブレーカーをまとめた箱をいいます。アンペアブレーカーが一緒になっている場合もあります。

停電の場合

上記のように、家中の一部もしくは全部の電気がつかないのではなく、ご近所一帯の電気も消えている時は、台風や落雷、事故などで停電している可能性があります。停電の場合は、停電が解消された時の火災や事故を防止するためにコンセントから電気製品の電源プラグを抜き、復旧するのを待ちましょう。

ブレーカーが落ちる場合の対策方法

ブレーカーが落ちて停電してしまう理由は、それぞれのブレーカーによって異なります。理由が違うので、対策もブレーカーの種類ごとに違うのです。

pixta_14299932_M
分電盤
  • 画像の一番右側、14個あるのが安全ブレーカー
  • 真ん中にあるのが漏電ブレーカー
  • 一番左にあるのがアンペアブレーカー

となります。ブレーカーが落ちた場合、まずはどの種類のブレーカーが落ちたのか確認し、以下の対策をとりましょう。

1)アンペアブレーカー
一度に使う電気の量を減らすか、契約アンペア値を見直す。
2)漏電ブレーカー
漏電ブレーカーが落ちた場合、家のどこかで漏電が起きている恐れがある。安全ブレーカーのスイッチをすべて切り、漏電ブレーカーを「入」にした上で、安全ブレーカーをひとつづつ入れていく。
出典:関東電気保安協会
3)安全ブレーカー
ブレーカーが落ちた部屋で一度に使う電気の量を減らすか、大きな電力を必要とする家電などのコンセントは別回路のものに変える。

アンペアブレーカーが頻繁に落ちる場合は······

アンペアブレーカーは、電力会社との契約で決めている「その世帯で同時に使える電気の最大量」を守るためのブレーカーです。

電気を使う時間帯を分散させてみる

家全体で一度に使う電気の量が多いと、アンペアブレーカーは落ちやすくなるので、電気を使う時間帯を分散するよう工夫しましょう。そのためには、消費電力が大きい家電(電気をたくさん使う家電)を知っておくと便利です。

契約アンペア数または電気料金プランを見直してみる

アンペアブレーカーが頻繁に落ちる場合は、契約アンペア数が少なすぎ、ご家庭に見合っていない場合があります。

頻繁に停電が起きるといった不便さに加えて、ご家庭の電気の使用量に見合っていないプランを契約していることが原因で、電気代が高くついてしまっている可能性もあります。

電気料金プランを見直すと年間18,000円以上の電気代節約が可能に!

saving_electricity_cost_2
ご家庭ごとに生活スタイルは違い、家族が電気を使う時間帯が集中していたり、家事を一度にまとめてする、というご家庭もあります。
しかし、そのたびに停電する心配をしながらでは快適な生活は送れませんし、そもそも電気料金プランの契約が電気の使い方と合っていない可能性が大きいです。

そんな時は、電力会社のプランを見直しましょう。電力自由化で選べる電気料金プランが増えたため、自分に見合った電気料金プランが見つけやすくなりました。見合わないプランで無駄な電気代を払っていたらもったいない!自分にピッタリな電力会社のプランに切り替えるだけで、年間平均18,000円もの電気代が節約できるんですよ!

エネチェンジではアナタに最適な電気料金プランを比較検討できるサービスエネチェンジ電力比較を提供しています。電力自由化後の最適な電気料金プラン探しに、ぜひご活用ください。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「この条件で電気代比較」ボタンを押してください。
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。