【重要】 大東エナジー「いい部屋でんき」ご利用中の方へ
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 今さら聞けない!でも知りたい!「FIT電気」って何?
 

今さら聞けない!でも知りたい!「FIT電気」って何?

電力自由化

電気料金プランを探しているときに「FIT電気」という単語を見かけたことはありませんか?なんだか環境によさそうな雰囲気のWEBページだけど……これって何?再生可能エネルギーじゃないの?今回はFIT電気やFIT制度について、ご説明します。

一般家庭でも電力の購入先が選べる電力小売り全面自由化の開始から半年を迎えようとしています。さまざまな料金メニューが提供される中で、FIT電気を特色とした「FIT電気プラン」もでてきていますが、FIT電気って、なんとなくわかりづらいですよね。今回はFIT電気について少し詳しく紹介します。

読み進める前に…
電力会社を変えると、電気代が平均18000円安くなる!
すでに全国で150万世帯以上が電力会社を切り替えています。アナタも電力会社切り替えで賢い節約をしませんか?さっそくアナタが申し込める電力会社を検索!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-

そもそもですが、FITって何?

  • FITという制度に基づき、交付金を得ている再生可能エネルギー電源による電気

FIT電気について調べると、多少の言葉の違いはあっても、このような説明がでてくるのではないでしょうか。うーん、そうはいわれても……。そもそもFITって何なのでしょう。

FIT(フィット)は「Feed-in Tariff」の略!

Beautiful toddler boy drawing standing by a blackboard outdoors
FIT(フィット)はFeed-in Tariffの略称です。再生可能エネルギーの買い取り価格を法律で決めますよ、という意味をもち、日本では「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」と訳されています。ドイツやスペイン、イギリスで導入されており、日本では2012年7月1日に法律が施行され、制度が始まりました。

FIT制度は、なぜ始まったの?

なぜそのような制度が開始されたのかと言えば、再生可能エネルギーの普及を加速させるためです。日本のエネルギーを取り巻く問題として、地球温暖化対策、エネルギーの自給率の向上が主に挙げられます。これらの課題を解決するためのひとつの方策として重要になっていたのが、再生可能エネルギーの比率を高めることでした。また東京電力福島第一原子力発電所の事故を受け、原子力発電に代わる電源としての期待もあったんです。

費用面でもハードルが高い再生可能エネルギーの導入

もともと、再生可能エネルギーを増やすための施策は始まっても、なかなか導入は進みませんでした。2012年度の電源別発電電力量構成をみると、再生可能エネルギーの比率は1.6%、石炭・LNG(液化天然ガス)・石油などを燃料とする火力発電は88.4%です。普及しなかった理由はいろいろありますが、そのひとつとして費用がありました。再生可能エネルギーの発電設備は建設や維持にお金がかかるため、従来の発電方式に対する競争力という点では劣っていたからです。費用が高いから導入は進まない、導入が進まないから費用は下がらない……。このループを断つため、費用面で優遇しようというのがFIT制度なんですね。対象となる再生可能エネルギーは太陽光・風力・水力・地熱・バイオマスです。
参照:2013年5月17日電気事業連合会発表資料

FIT制度の仕組みは?具体的にどんな制度?

FIT制度の仕組みはこうです。FITでは、再生可能エネルギー発電所から作られた電気はすべて、電力会社(小売り電気事業者)が買い取ります。再生可能エネルギーの種類により、買い取り価格、買い取り期間は異なりますが、いずれにしても、買い取り価格は、再生可能エネルギー以外の発電方式(火力など)に比べると高めに設定されます。

p_23358152
加えて、あらかじめ定められた期間中は、買い取り価格が変わることはありません(固定価格)。現行の制度でいえば、家庭用の太陽光発電(10kW未満)は10年間、地熱は15年間、それ以外の再生可能エネルギーは20年間、高い価格のまま買い取ってもらえます。再生可能エネルギーの事業者にとっては、長期的に収益を確保できる見通しが立てられるため投資の判断をしやすいというメリットがあります。

ちなみに2016年度に買い取りに要した費用は約2兆3000億円で、世界のトヨタ自動車の2016年度純利益(2兆3130億円)に匹敵する額です。
参照:トヨタ | 投資家情報

資源エネルギー庁×鷹の爪「みんなで支える再生可能エネルギー」

その2兆円、アナタも払っているんです

再生可能エネルギーが増えるのはいいとしても、買い取りに使った莫大な金額がどう生み出されているのか、気になるところですよね。直接買い取るのは電力会社ですが、電力会社が自腹で払っているわけではありません。

kendhinhyo
電気の検針票
「再エネ発電賦課金」という言葉に見覚えはありませんか。毎月届く「電気ご使用量のお知らせ」(検針票)に記載されている、電気料金の請求額の内訳をみていくと……最後の最後に出てくる項目です。

これが買い取りに使われている費用の財源です。電気を使っている私たち一人一人のお財布の中から、毎月毎月電気料金の上乗せ分として支払っているんですよ。今年度でいえば使用電力量1kW時あたり2円25銭。一般家庭の平均とされる300kWhの電気を使う家庭の場合には2.25円×300kWh=675円が、再生可能エネルギーを支援するために使われていることになります。

国民の負担をさげるため、2017年4月にFIT制度が改正されます

毎月600円程度という金額、みなさんはどのように感じますか?この国民負担額、制度開始から比較するとなんと10倍以上に跳ね上がっているんです。

1カ月の電気使用量が300kW時の家庭が支払う再エネ賦課金
  • 制度が始まった当初:月額66円
  • 2016年9月時点:月額675円

こういった状況をうけて、2017年4月1日に制度改正が行われます。改正の目的は以下の2つ。

FIT制度改正の目的
  1. FITにより太陽光の導入は急速に拡大する一方、他の再生可能エネルギーは一向に普及していないという現状を是正する
  2. 賦課金の伸びを抑制する

私たちもお金を払っている……となると、国にもしっかりと動いてほしいものですよね。FIT制度の今後の動向についても、気にしておきましょう。

FIT電気と再生可能エネルギーは、違うの?

FIT電気やFIT制度については、理解できましたか?さらにも一歩知識を深めるために、FIT電気と再生可能エネルギーの違いについて、簡単に触れておきましょう。
FIT電気を扱っている電力会社は、電源構成を公開しています。電源構成というのは、どの発電で作られた電気かを示す資料です。例として、みんな電力の電源構成をみてみましょう。

minna-denryoku-dengen
みんな電力・電源構成
「FIT電気(太陽光)」と「太陽光」が区別されていますよね?
実は、同じ太陽光でもFIT制度を利用しているものと、制度を利用していない太陽光は、分けて表記する必要があるんです。

簡単にFIT電気と再生可能エネルギーの違いを表にしてみました。

項目再生可能エネルギーFIT電気
発電方法太陽光・風力・水力・地熱・バイオマス太陽光・風力・水力・地熱・バイオマス
FIT制度の利用なしあり
電源構成での表示方法発電方法を明記FIT電気(発電方法)と表記
例:FIT電気(太陽光)
環境価値自分で選んで購入時にお金を払う契約している電力会社にかかわらず、電気を使っている人は全員『再エネ賦課金』として請求されている

p_19468838
FIT制度を利用しているか、否かによって、販売時に環境価値をウリにできるかが変わってくるんです。環境価値はCO2排出量によって評価されますが、太陽光などの再生可能エネルギーは基本的にCO2を排出しないので、再生可能エネルギーの比率が高ければCO2排出量は減りますよね。みんな電力の電源構成でいう「太陽光15%」の部分です。ここに対しては、環境にやさしいという環境価値を評価して、「少し高い金額で電気を買ってもいいかなー」と思いますよね?

FIT電気も同じ太陽光発電なのですが……FIT制度を利用しているということは、私たちはすでに再エネ賦課金を払っているので、その会社の環境価値に対してもお金を支払い済という認識になるのです。事前徴収みたいなイメージでしょうか。すでにお金も払って評価しているのに、電気を買う時に、またもう1回お金を払う……というのは2重取りですよね?だから、FIT電気については電気を販売する際に「環境にいい」「クリーンな」という表現をしてはいけないのです。CO2排出量も、「火力発電などを含めた全国平均の電気のCO2排出量」と記載されるんですよ。

この違いは複雑で、エネルギー業界に精通した人でも、なかなかうまく説明ができません(笑)少しでもイメージをつかんでもらえると嬉しいです!ちなみに電気の質は同じです!

FIT電気まとめ

FIT制度FIT電気について説明してきました。まだちょっとややこしいですよね。最後に、これだけは覚えておいてほしいところをおさらいしましょう。

  • FIT電気はFIT制度を利用して買い取られた再生可能エネルギーです
  • FIT電気の買取額は、再エネ賦課金という名目で私たち皆が毎月支払っています

いかがでしたか?電力会社を選びをしているときに、FIT電気という単語と出会ったら、この2つをぜひ思い出してください。エネチェンジ電力比較では、FIT電気や再生可能エネルギーを含む電気料金プランを簡単に検索することもできますよ。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数