【重要】 電力会社を切り替えていても、災害時の復旧作業は不利なく行われます。
冬の電気代を安くしたいなら、今すぐ手続き!
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 引越し後はお早めに!運転免許の住所変更手続きを解説
 

引越し後はお早めに!運転免許の住所変更手続きを解説

引越し

運転免許証は、身分証明書としても使用できる重要な書類です。引越したあと、運転免許証の住所が古いままだと、さまざまな不具合が起きてしまいます。この記事では、運転免許証の住所変更手続きを紹介していきます。大切な手続きなので、なるべく早めに手続きを済ませるようにしてくださいね!

運転免許証は、身分証明書としても使用できる重要な書類です。免許証の住所が古いままだと、身分証として使用できないだけでなく、免許証更新のお知らせが新しい住所に届かず、更新のタイミングを逃してしまうことになりかねません。

運転免許証の住所変更手続きの方法は各都道府県によって異なるので、必ず事前に確認し、引越し後はできるだけ早く手続きを済ませましょう。

この記事では、東京都での手続き方法を例に解説していきます。手続きの流れに大きな違いはありませんが、「引越し先の都道府県」+「免許 住所変更」で検索をすると、より具体的な情報を知ることができます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

運転免許の住所変更は必要なの?

運転免許証の住所が古いままでは、どのような不具合が起こるのでしょうか。

実は、古い住所のままでも、運転免許証自体は使用可能です。しかし、住所変更手続きをしないと「身分証明証として使用できない!」「重要書類が自宅に届かない!」という困った事態が発生してします。

このような不具合を防ぐためには、引越し後すぐに運転免許証の住所変更手続きを行う必要があるのです。

運転免許の住所変更、手続き方法は?

運転免許証の住所変更手続きをするには、新しい住所を管轄する運転免許センター、運転免許試験場、警察署運転免許課のいずれかで、「運転免許証記載事項変更届」と「必要書類」を提出し、その場で新しい住所が記載された免許証を受け取ります。

手続きの際に必要な書類は、以下で確認しましょう。

運転免許の住所変更に必要な書類

同一都道府県内で住所を変更する場合
運転免許証
新しい住所を確認できる書類(住民票、マイナンバーカード(通知カードは不可)、年金手帳、健康保険証、公共料金の領収証、消印付き郵便物(年賀状は不可)、外国人登録証明書など)いずれもコピー不可
印鑑(認印も可)

住民票はマイナンバーが記載されていないものを提出します。代理人が申請する場合は、代理人の本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証など)、申請者と代理人が併記された住民票が必要です。

他都道府県からの転入によって住所を変更する場合
都道府県によっては、同一都道府県内で住所を変更する場合に必要な書類に加え、6ヶ月以内に撮影した申し込み用の写真1枚(サイズ:縦3cm×横2.4cm、カラー又は白黒)が必要になることがあります。
ほとんどの都道府県で、他都道府県からの転入による住所変更手続きでも写真は不要となっていますが、写真は不要であると統一されているわけではありません。
他都道府県からの転入によって住所変更手続きをする場合、必ず事前に手続きを行う運転免許証センター等に確認してください。
結婚などにより、本籍・氏名に変更がある場合
運転免許証
本籍地が記載された住民票(外国人の方は外国人登録証明書、登録原票記載事項証明書等)

住民票はマイナンバーが記載されていないものを提出します。代理人が申請する場合は、代理人の本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証など)、申請者と代理人が併記された住民票が必要です。

住所変更ができる場所は?

運転免許の住所変更手続きは、新しい住所を管轄する運転免許センター、運転免許試験場、もしくは警察署の運転免許課にて行えます。

中でも、警察署での手続きがもっとも素早くできるのでおすすめです。しかし、どの警察署でも行えるわけではないので、必ずお住まいの地域にある警察署のウェブサイトなどで確認しましょう。

手続き可能な時間帯はそれぞれの場所で異なりますが、一般的には平日の8時半〜12時、13時〜17時と設定されている場合が多いです。ただし、運転免許センターでは、日曜日に手続きを受け付けていることもあります。平日なかなか時間が取れない人は、運転免許センターの受付日時を確認してみましょう。

手続きにはどれぐらいの時間がかかるの?

運転免許証の住所変更手続きは、その日のうちに完了します。

警察署の場合は、空いていれば10分程度、長くても1時間程度を見ておけばよいでしょう。一方、運転免許センターや運転免許試験場で手続きを行う場合は、30分〜1時間程度、長くて2時間程度かかることもあります。あくまで目安の時間になります。更新手続きを行う場合は、時間に余裕を持ったスケジュールを組みましょう。

手数料はかかるの?

運転免許証の住所変更手続自体には、手数料は一切かかりません。無料で手続きが可能です。

住所変更は免許の更新と同時に行える!

引越しと運転免許証の更新時期が被っている場合は、免許証の住所変更と更新手続きを同時に行うと簡単に済ませることができます。免許証の更新に必要な書類一式と、住所変更に必要な書類を持参しましょう。

運転免許の住所変更の手続き方法まとめ

引越しの際に行う運転免許証の住所変更手続きについて説明しました。

運転免許証は、身分証明証としても活用できる重要な書類なので、引越し後はできるだけ早めに住所変更手続きを済ませておくのがポイントです。住所変更手続きを行う際は、必ず事前に引越し先の都道府県での手続き方法を確認し、スムーズに済ませられるようにしましょう!

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数