エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 家族での引越し費用相場はいくら?費用を安く抑えるためのおススメのサービスとは?
 

家族での引越し費用相場はいくら?費用を安く抑えるためのおススメのサービスとは?

家探し、引越し

家族で引越しをする際の費用の相場ってご存知ですか?家族が多いと荷物の量が多くなり、引越し費用は高くなります。引越しではさまざまな費用がかかりますよね。家族の引越しで費用を安く抑えるためのポイントを解説します。

家族での引越しは費用が高くなりそう……と不安な方も多いのではないでしょうか。具体的にいくらなのか、大まかに把握できれば少しは安心できますよね。この記事では、4人家族で引越す場合の引越し費用の目安を解説しています。安くするためのコツもお伝えするので、ぜひ実践してみてください。

家族の引越し費用の相場は?

家族での引越しの代表例として、4人家族で東京から大阪へ引越す場合の費用相場を見てみましょう。

繁忙期の引越し費用

東京と大阪の距離は、エリアによって多少異なりますが、おおよそ400~500kmくらいで、引越しの距離としては中~長距離といえます。

子どものいる家庭の引越しでは、学校の事情も考慮する必要があります。学年・学期の変わり目や、進学時期にあわせて引越しする家庭が多いため、3~4月が最大の引越しシーズンとなります。

この条件で4人家族が引越す場合の引越し費用の相場は30万円前後。繁忙期は他の時期に比べて割高になります。

閑散期の引越し費用

同じ条件で3~4月を避けた場合は、最安クラスの業者で10万円程度から、一般的な相場でも20万円程度まで割安になります。

繁忙期に比べると、相場として最大で30%~50%ほど安くなります。家庭の事情が許すのであれば、このような時期のほうが断然おトクに引越しができるでしょう。

引越し費用を左右する要素とは

上では家族4人で東京から大阪へ引越す場合を見てみましたが、一般的に引越しは以下の要素で変動します。

  • 時期
  • 荷物の量
  • 移動距離
  • 曜日・時間帯
  • 割引サービス

会社や学校などの事情で、引越しの時期や曜日を選べないことも多いでしょう。また、引越しの移動距離は変更することができません。

つまり、費用を構成する要素で残るのは荷物の量や割引サービスなどです。これらの要素をうまく調整したり活用したりすることで費用を抑えていきましょう。

家族の引越し費用を安くするためのポイント

まとまった金額が必要な引越し費用ですが、色々なサービスを活用することで安く抑えられます。家族での引越しを少しでも安くするためのコツを紹介していきます。

引越し一括見積もりサイトで相見積もりをとる

引越し費用の見当がつかない場合は、複数の引越し業者から相見積もりを取るのが近道です。各業者の見積もりを比べることで、引越し費用の相場やサービス内容を大まかにつかむことができるでしょう。

ただし、複数の業者にひとつひとつ見積もりを依頼するのは手間も時間もかかります。そこでおススメなのが、引越し一括見積もりサイトの利用です。申し込みフォームに引越しの情報を一度入力するだけで複数の業者から概算見積もりを取れるので、とても手軽です。

相見積もりの内容をもとに交渉をする

引越し一括見積もりサイトで提示される金額はあくまでも概算です。家族の引越しの場合、基本的には訪問見積もりでくわしい金額を出してもらうことになるので、相見積もりであることと、競合になっている業者の見積もり金額を伝えつつ、検討してみましょう。

また、引越し予定日の曜日や時間帯などを工夫することで、安くできる可能性が高くなります。

引越しの荷物の量を減らす

引越しは荷物が多いほど、より大きなトラックや多くの人員の手配が必要になるため費用が高くなります。不要な荷物は思い切って捨てたり、買取サービスやフリマアプリなどを利用したりして、処分しておきましょう。

自家用車を持っている方は移動のついでに自分の運べるものを運んでしまうのも、荷物を減らすコツです。

引越しの荷物が少ないなら単身パックを利用する

単身パックは単身者だけではなく、家族での利用も可能です。コンテナの積載量を見て、使えるかどうか判断しましょう。荷物が少ない家族、2~3人程度の小家族なら使える可能性があります。

引越し費用が安くなる時期での引っ越しを検討する

会社や学校の都合で難しいと思いますが、相場の安くなる時期の引越しを検討するとよいでしょう。家庭の事情を考慮しつつ、可能な範囲で時期をずらしたり、土日・祝日を避けたりすると、比較的安い金額で引越すことができます。また、引越しの時間帯を午前中ではなく午後や夕方に設定するだけでも安くなる場合もあります。見積もりの際に業者に安くなる時間帯がないか相談してみましょう

帰り便を使って引越しをする

引越し予定日を調整できる方におススメの方法です。帰り便とは、荷物を降ろしてから出発地に戻るトラックを利用して荷物を運んでもらうサービスです。例えば、別の誰かが大阪から東京に引越す際に使ったトラックが、再び大阪へ戻るタイミングで、引越しとして活用させてもらうことを指します。

引越し業者としては、帰りの分もドライバーや作業スタッフの人件費、ガソリン代がかかるので、帰り便として利用してもらえるとコストが埋め合わせできるメリットがあります。そのため通常よりも安く引越しできます。

ただし帰り便はレアなプランなので、狙って見つけるのは難しいでしょう。念のため、予定している日程付近でちょうどいい便がないか確認して、運よく見つかったら利用するとよいでしょう。

引越し費用の割引サービスを活用する

引越し業者では、さまざまな割引サービスを用意していることがあります。引越し予定日を平日に設定することで割引を受けられる「平日割り」、指定のクレジットカード支払うことで割り引いてもらえる「クレジットカード割り」などが代表的なサービスです。予定日の1カ月以上前に予約することで適用される「早割り」を用意している業者もあります。

注意点は、複数の割引を同時に適用できないケースが多いことです。利用する際は、もっとも割引率が高く、有利になるサービスを選びましょう。割引の適用条件にも注意が必要です。自分が条件に当てはまるかをチェックしてから申し込みましょう。

工夫できるポイントをおさえて、家族での引越し費用も安くできる!

家族の引越しで費用がいくらかかるかを解説しました。4人家族で東京から大阪へ引越しする場合は繁忙期で30万円前後、閑散期だと10~20万円前後がおおよその相場です。

引越し費用を安くするコツはいくつかあるので、実践できるものを選んでみましょう。各引越し業者はおトクな割引制度も用意しています。まずは引越し一括見積もりサイトで見積もりを取り寄せ、だいたいの相場を把握するのが第一歩ですよ。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。