エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧

LED照明の電気代計算方法!ご家庭の照明にかかる電気代を計算してみよう!

LED照明の電気代計算方法!ご家庭の照明にかかる電気代を計算してみよう!
でんきの基本

LED照明は消費電力が少ないため電気代を節約でき、寿命も長いため取り替えの手間がかからないので家庭の照明として大変人気です。

LED照明は、関節照明で雰囲気を演出したりと様々な楽しみ方ができますが、複数設置した場合の電気代を知りたい場合、どのように計算すれば良いのでしょうか?計算方法をご紹介しています。

LED照明の電気代計算方法

まず、LED照明単体の電気代の計算方法は以下のようになります。

LED照明の外箱や説明書などに、その照明の消費電力が記載されています。例えば、50Wと記載されている場合は、その照明の消費電力は50ワットということになります。この、ワット数(W)を使い電気代を計算します。計算方法は以下のようになります。

LED照明器具単体の電気代計算方法
(1)電気代を計算する時は、まず電力量(Wh)を算出します。
消費電力(W)×時間(h)=電力量(Wh)
(2)次に、電力量はkWh(キロワットアワー)で計算するため、Wh(ワットアワー)をkWh(キロワットアワー)に換算します。
Wh÷1000=Kwh
(3)最後に、kWh×ご契約プランの1kWhあたりの電力量料金で、電気代が算出できます。
kWh×1kWhあたりの電力量料金=電気代

「1kWhあたりの電力量料金」というのは、ご契約されている電気料金プランで設定されている1kWhあたりの電力量料金単価をいいます。

実際の計算例

それでは上記の計算方法を使っていくつかの計算例をご紹介します。

例えば、東京電力のおトクなナイト10プランを契約されているご家庭で、消費電力50WのLED照明を8時間点灯した場合の電気代の計算方法は以下のように求めます。

おトクなナイト10プランは、1日を昼間時間8時-22時/夜間時間22時-翌8時の2つの時間帯に分け、夜間時間の電力量料金単価を割安に設定されているプランです。

日中(昼間時間帯)8時間LED照明を点灯した場合の電気代計算方法
  • (1)消費電力(50W)×時間(8h)=電力量(400Wh)
  • (2)400Wh÷1000=0.4Kwh
  • (3)0.4kWh×31.99(おトクなナイト10プランの昼間時間の1kWhあたりの電力量単価は31円99銭)=12.80円

となり、日中50WのLED照明を8時間点灯した場合の電気代は約13円となります。
では次に、電力量料金単価が安い夜間に同じLED照明を8時間点灯した場合の電気代を計算してみましょう。

夜(夜間時間帯)8時間LED照明を点灯した場合の電気代計算方法
  • (1)消費電力(50W)×時間(8h)=電力量(400Wh)
  • (2)400Wh÷1000=0.4Kwh
  • (3)0.4kWh×15.26(おトクなナイト10プランの夜間時間の1kWhあたりの電力量単価は15円26銭)=6.10円

となり、夜50WのLED照明を8時間点灯した場合の電気代は約6円となります。

LED照明を複数設置した場合の電気代を計算するには?

それでは次に、LED照明を複数設置した場合の電気代を計算してみましょう。

61WのLED照明を3時間点灯し、10WのLED電球を5つ使用している間接照明を4時間点灯したとします。合計の電気代は以下のようにして求めます。電力量単価はおトクなナイト10プランの夜間時間の1kWhあたりの電力量単価15円26銭を用いて計算しています。

61WのLED照明を3時間点灯した場合の電気代
  • (1)61W×3h=183Wh
  • (2)183Wh÷1000=0.183Kwh
  • (3)0.183kWh×15.26=2.79円
10WのLED電球を5つ使用している間接照明を4時間点灯した場合の電気代
  • (1)(10×5)W×4h=200Wh
  • (2)200Wh÷1000=0.2Kwh
  • (3)0.2kWh×15.26=3.05円
合計電気代
  • 2.79円+3.05円=5.84円

となり、合計電気代は約6円となります。

ご契約プランの「1kWhあたりの電力量料金」がわからない

ご契約されているプランの1kWhあたりの電力量料金を知りたい方は、以下のリンクからご契約プランを選択していただき、「詳細な料金表を見る」をクリックするとご覧いただけます。時間帯ごとに電力量料金が異なる場合もありますので、調べたい時間帯の電力量料金をご覧ください。

LED照明の電気代節約効果は年間18,000円以上、さらに電気料金プランの見直しで年間15,000円以上の電気代節約効果が!

comparison-led_fluorescent
LED照明にかかる電気代は蛍光灯照明の1/2以下ととても安いんです。LED照明を上手に取り入れて、さらに家庭に見合った電気料金プランを使うことで、電気代を大きく節約できるんですよ。

家の照明をLEDにすることで期待できる電気代節約額は18,000円以上!

4LDKの家の照明を蛍光灯照明からLED照明に変えた場合、年間で約18,480円も電気代がお得になります。

電気料金プランを見直すだけで15,000円以上の電気代節約効果も!

LED照明の電気代を計算する時は、ご契約されている電気料金プランの1kWhあたりの電力量料金を用いて計算します。電気代の計算式を見てもわかるように、1kWhあたりの電力量料金が少ない程電気代はお得になります。

電気料金プランは、様々な生活スタイルのご家庭向きに、時間帯により電力量料金単価が異なるプランが多数用意されています。ご家庭で電気をたくさん使う時間帯の電力量料金単価が割安に設定されている料金プランを選ぶことで、ご家庭の電気代は大きく節約していけます。

電気料金プランを一番安くお得に使えるものへ見直すだけで、なんと年間18,000円以上もの電気代節約効果が期待できるんですよ!

記事を読む前に…
電力会社を変えると
年間平均32,588円節約できます!

エネチェンジ電力比較診断の3人世帯を選択したシミュレーション結果で、電気代節約額1位に表示されたプランの年間節約額の平均値です。節約額はギフト券などの特典金額も含まれています(シミュレーション期間/2024年1月1日~2024年3月31日)

全国で1000万世帯以上が、すでに電力会社を切り替えています。次はアナタが電力会社切り替えで、賢い電気代の節約を始めましょう。さっそくアナタの住んでいるエリアの電力会社を検索!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「探す」ボタンを押してください。

切り替えるといくら節約できる?
電気料金を 比較・節約!
引越しでの比較はこちら お使いの新電力と比較する
旧一般電気事業者の自由料金プランから切り替えた場合の節約額をシミュレーションします。別のプランをご利用の場合は「お使いの新電力と比較する」より、電力会社をお選びください。 (比較対象の電気料金プランについて)
郵便番号
-
世帯人数
エネチェンジ利用規約 」をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、上のボタンを押してください。

この記事を書いた人

エネチェンジ編集部

エネチェンジ編集部

エネチェンジ内のメディア「でんきと暮らしの知恵袋」の記事を執筆しています。電気・ガスに関する記事のほか、節約術など生活に役立つ情報も配信しています。

X (旧twitter) Facebook