エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 新生活の初期費用っていくら?一人暮らしに必要なお金・予算を解説!
 

新生活の初期費用っていくら?一人暮らしに必要なお金・予算を解説!

引越し

新生活を始めるには、どんなことにいくらかかるのでしょうか。一人暮らしの場合で新生活にかかる費用を試算してみたところ、総額は約54万円となりました。新生活に必要な費用を知り、前もって準備を進めておきましょう!費用を知り、しっかりと準備を進めましょう!

新生活にはどれくらいお金がかかるのでしょうか?新しく家具家電を揃えたり、新居を探して引越しをしたり、新生活にはお金がかかるものです。必要な費用を知って準備しておけば、慌てずに新生活をスタートできます。

そこでこの記事では、新生活で必要となる費用について解説します。これから一人暮らしの新生活を迎える方は、ぜひ参考にしてみてください。

新生活にかかる費用(1)賃貸住宅の契約にかかる費用

新生活のためにまずは新居を探しますね。東京都内で一人暮らしをする場合、賃貸住宅の契約にいくら準備しておいたらよいのでしょうか?家賃6万円のワンルームの場合で試算します。

合計 約27万円(税込)
前家賃
6万円(非課税)
契約した月の翌月分の家賃で、契約時に支払うのが一般的です。
日割り家賃
契約した月の家賃を日割り計算したものです。今回は契約した月の初めから入居すると仮定し、日割り家賃は0円とし試算しています。
火災保険料
約2万円(税込)
火災保険の契約が伴う賃貸契約が一般的です。
仲介手数料(※)
64,800円(税込)
不動産業者に支払います。
敷金(※)
6万円(非課税)
大家に預けるお金で、原則退去時に返金されます。
礼金(※)
6万円(非課税)
大家に支払うお金で、返金されません。

「仲介手数料」「敷金」「礼金」は、国土交通省『平成29年度 住宅市場動向調査 報告書』(※外部サイトへ移動)を参考に、すべて1カ月分とし試算しています。住宅用の賃貸契約の場合で試算しています。

「日割り家賃」が発生する場合や、「敷金」「礼金」が1カ月分ではなく2カ月分になる場合も考慮し、賃貸住宅にかかる初期費用は多めに準備しておくと安心ですね。

新生活にかかる費用(2)家具家電・生活用品を揃える費用

新居で必要となる家電や家具、生活用品の購入にはいくら必要になるでしょう。
すべて新品で揃える場合で試算します。

家具購入の費用

必要最低限の家具として、ベッドのみを購入する場合で試算します。ソファやテーブルなどは、追って購入するとよいでしょう。部屋の配置やコーディネートを考えながら家具を揃えていくのは、新生活の楽しみのひとつですよ。

合計 約5万円(税込)
ベッドフレーム(シングル用・マットレス付)
約4万円(税込)
布団カバー一式2セット・枕(シングル用)
約1万円(税込)

布団カバーは取り替え用も含めて2セットで試算しています。

家電購入の費用

家電は必要最低限のものを準備しましょう。特にワンルームの場合部屋がそれほど広くはない物件が多いので、計画的に家電を揃えるようにするのがおススメです。今回は以下の通り、3品のみを購入する場合で試算します。

合計 約12万円(税込)
冷蔵庫(200L未満)
約3万円(税込)
洗濯機(縦型・洗濯容量6kg)
約5万円(税込)
テレビ(32型)
約4万円(税込)

生活用品購入の費用

新生活で必要な生活用品には、以下のようなものが挙げられます。買いすぎないよう、必要なものは事前にリストアップしておくとよいですね。

合計 約5万円(税込)
食器類、調理器具、掃除用具、カーテン、衛生用品(タオル類など)
合計 約5万円(税込)

新生活にかかる費用(3)引越しにかかる費用

引越し費用は、移動距離や荷物量、引越しをする世帯人数などで変わってきます。今回は一般的な単身の引越し費用を参考にします。

約5万円(税込)
単身の引越し費用
約5万円(税込)

参照:引越し料金相場&費用ガイド|ズバット 引越し比較/見積りサイト

引越し費用を安くするためのコツ

引越し費用を安くする方法を、3つ紹介します。

引越し予定日は、引越しの繁忙期を避ける
引越し費用の相場は引越し予定の時期によって変わり、2~3月の引越し繁忙期は高くなる傾向があります。

また引越し費用を抑えるコツは、引越しが決まったら早めに引越し予定日を決めることです。引越し業者の中には、早めの予約で大幅に割引をしてくれるところもあります。

不用品を処分して、荷物量を減らしておく
不要品は引越し前に処分し荷物量を減らしておきましょう。荷物量が少ないと引越し費用も安くできます。また不用品を売却し処分できたら、新生活の費用に充てることもできうれしいですよね。

複数の引越し業者から見積もりを取る
できるだけ多くの引越し業者から見積もりを取るのがおススメです。複数の引越し業者のサービス内容や見積もり金額を比較すれば、自分の予算に合った引越しができるでしょう。

新生活にかかる費用のまとめ

新生活にかかる費用を試算してみたところ、最低でも総額約54万円(税込)は必要という結果になりました。

総額 約54万円(税込)(一人暮らし・ワンルーム賃貸の場合)
住宅にかかる費用
約27万円(税込)
家電・家具・生活用品の購入費用
約22万円(税込)
引越し費用
約5万円(税込)

今回は一人暮らしの場合で試算しましたが、世帯人数が増えると部屋の広さや間取りも必要なので家賃も高くなり、必要な家具家電・生活用品も増えます。また引越しの荷物量が増えるので、引越し費用も高くなるので、場合によっては100万円弱必要になることも。

新生活を気持ちよくスタートできるよう、どんなことにいくらかかるのか新生活にかかる費用を把握しておき、しっかり準備しましょう!

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「この条件で電気代比較」ボタンを押してください。
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。