【重要】 「廃止になる東京電力EPプラン」ご利用中の方へ
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. エアコン冷房の節電に!つける前に暑さを扇風機で追い出す節電テク
 

エアコン冷房の節電に!つける前に暑さを扇風機で追い出す節電テク

電気代の節約、節電テクニック

暑い中なか出して帰ってきたら、家の中がムッと暑い。そんな時いきなりエアコンをつけてしまっていませんか?室内温度を急激に下げようとエアコンをフル稼働させると、電気代が増える原因になりかねません。室内にこもった暑さを節電しながら上手に逃がすポイントについて説明いたします。

603d1d11e16e4b66330f34cce2a66a5b_s
もしかして、外よりも家の中の方が暑いかも!?
暑いなか外出してようやく我が家に帰ってきたら、部屋の中の方が暑かった!
もうエアコンをつけるっきゃないよね!?
ちょっと待って、部屋の熱を逃がしてからエアコンを使った方が節電ができるんです。
記事を読み進める前に…
電力会社を変えると、電気代が平均18000円安くなります
エアコンは使いたい、でも電気代もできるだけ安くすませたい……そんな人たちが今やっているのが電力会社の見直しです。自分の生活スタイルにあった電気料金プランに変更するだけで、同じ使い方をしていても電気代が安くなります。さぁ、アナタも電力会社を探してみて!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
記事を読み進める前に…
電力会社を変えると、電気代が平均
18,000円安くなります。
郵便番号を入力して、比較してみよう!
-

お出かけ前のポイント

帰宅時にドアを開けたとたん熱気が噴き出してくるのは、留守中に熱が室内に蓄積されてしまうからです。
陽射しが強く、気温の高い夏の時期はお出かけ前のひと手間で、室内の熱の蓄積を防ぎましょう。

窓からの熱を遮りましょう

6f52ef64f4f66c086a5853512e24d2f5_s
夏の暑さは窓から室内に侵入してきます
外出する時には、カーテンブラインドを閉めて出かけましょう。頻繁に使わない部屋なら、雨戸を閉めるのも効果的です。
遮熱カーテンなら日射熱を60~70%カットできるので、カーテンを閉めるだけで3℃も室温の上昇を抑えることができます。
カーテンやブランインドは黒系統の色よりも、太陽光を反射する白系統の色を選ぶと効果的ですよ。

家電製品からの放熱を最小限に抑えましょう

0a9ceb0325f4a1507b2fbdb2ebaeec59_s
無駄な電気を使わないことで節電効果も大!
テレビや冷蔵庫など、室内には電気を使う家電製品がたくさんありますが、家電製品の放熱も、空気の動かない留守宅の室内にどんどんたまっていってしまいます。
パソコンや電気ポットなど、お出かけ前には必要のない家電製品の電源をオフにするよう心掛けましょう。
家電製品は壁から10㎝程離した方が放熱を緩和できるので、冷蔵庫など常に電気を使う家電製品の置き方も見直してくださいね。

帰宅時に部屋にこもった熱を上手に逃がすポイント

帰宅した時に部屋が暑いからといって、いきなり冷房をつけるとエアコンに過大な負荷がかかり、電気代が増える原因になります。
まずは室内にこもってしまった熱を、上手に外に逃がしましょう。
電気代のお得な扇風機を上手に使うことがポイントなんですよ。

部屋の窓を開けて換気をしましょう

rainy-season-open-window
窓からの新鮮な空気でリフレッシュ!
まず最初に窓を開けて換気をしましょう。
室内にこもった熱を外へ逃がしてやることで、無駄な冷房を抑えることができますよ。
換気は対角の位置にある窓を2ヶ所以上開けるのがポイントです。
風の吹き込む窓を小さく、風の出ていく窓を大きく開けることで、風の流速が早くなり涼しくなりますよ。
マンションなどで窓が1カ所しかない場合は、窓と換気扇を使って下さいね。

扇風機を使って熱を外に追い出しましょう

electric-fan-6
換気がすむまで扇風機前でクールダウン!
室内のこもった暑い熱は、天井付近に滞留していますが、換気ではなかなか出て行かないので、扇風機を使って追い出しましょう。
ファンを上に向け、できるだけ高い位置で首振りにして使うのが効果的ですよ。
扇風機をかけている間も、窓を開けて換気を続けて下さいね。
天井付近の暑い空気と下の空気を混ぜるように扇風機を使うと、だんだんと空気の流れができ、自然に窓から熱気が外に出ていきます。

帰宅後のエアコンの使い方は?

帰宅後に扇風機を使って換気をすれば、室内のムッとした暑さはなくなり、冷房効率も良くなります。
節電することは大事なことですが、エアコンの冷房は熱中症を防ぐ効果が高いので、無理なく、無駄なく使っていきたいですね。

  • 節電のために心掛けたい、夏のエアコンの設定温度の目安は28℃です。
  • エアコンの温度や風量をこまめにオン・オフすると余計な電力を消費してしまうので、帰宅して部屋を冷やす時には28℃の自動設定にして冷房を無駄なく活用しましょう。

夏の電気代は、使う電気料金プランによっても大きく変わってきます。
家庭で電気を一番たくさん使う時間帯を考えて料金プランを見直せば、年間最大13,000円もの無駄を減らすことができるかもしれませんよ。
皆さんもエネチェンジ電力比較で、今よりもお得に使える電気料金プランを見つけて家計の節約をしてみませんか?

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。