エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧

冬の平均的な電気代は?冬の電気代が高い理由と節約方法

冬の平均的な電気代は?冬の電気代が高い理由と節約方法

エバーグリーン・リテイリングのキャンペーン

本記事では、冬の電気代の平均額を世帯人数別にまとめました。冬の電気代の節約術もご紹介しているので、冬の電気代が気になる人は参考にしてみてくださいね。

電力会社を変えると年間平均
32,588
節約できます!
電力会社を切り替えるだけで、電気代は安くできます。ぴったりの電力会社を今すぐ無料診断!
旧一般電気事業者の自由料金プランから切り替えた場合の節約額をシミュレーションします。別のプランをご利用の場合は「お使いの新電力と比較する」より、電力会社をお選びください。 (比較対象の電気料金プランについて)
郵便番号
-
世帯人数
お使いの新電力と比較する
エネチェンジ利用規約 」をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、上のボタンを押してください。

更新日
2023年1月13日

世帯人数別の冬の平均的な電気代

ここでは、冬の平均的な電気代について、世帯人数別にご紹介します。

1人暮らしの冬の平均電気代

期間月あたりの平均電気代
冬の平均電気代(1月~3月)7749円
年間通した平均電気代(1月~12月)5482円

冬の平均電気代出典:家計調査/家計収支編 単身世帯 四半期|e-stat年間通した平均電気代出典:家計調査/家計収支編 単身世帯 年次|e-stat

総務省統計局の家計調査によると、1人暮らしの冬(2022年1月~3月)の電気代平均額は、1カ月あたり7,749円でした。また、年間(2021年)通しての月の平均電気代は、1カ月あたり5,482円となりました。

2人暮らしの冬の平均電気代

期間月あたりの平均電気代
冬の平均電気代(1月~3月)13216円
年間通した平均電気代(1月~12月)9183円

冬の平均電気代出典:家計調査/家計収支編 二人以上の世帯 月次 世帯人員別|e-stat年間通した平均電気代出典:家計調査/家計収支編 二人以上の世帯 年次 世帯人員別|e-stat

総務省統計局の家計調査によると、2人暮らしの冬(2022年1月~3月)の電気代平均額は、1カ月あたり13,216円でした。また、年間(2021年)通しての月の平均電気代は、1カ月あたり9,183円となりました。

3人家族の冬の平均電気代

期間月あたりの平均電気代
冬の平均電気代(1月~3月)15320円
年間通した平均電気代(1月~12月)10655円

冬の平均電気代出典:家計調査/家計収支編 二人以上の世帯 月次 世帯人員別|e-stat年間通した平均電気代出典:家計調査/家計収支編 二人以上の世帯 年次 世帯人員別|e-stat

総務省統計局の家計調査によると、3人家族の冬(2022年1月~3月)の電気代平均額は、1カ月あたり15,320円でした。また、年間(2021年)通しての月の平均電気代は、1カ月あたり10,655円となりました。

4人家族の冬の平均電気代

期間月あたりの平均電気代
冬の平均電気代(1月~3月)16286円
年間通した平均電気代(1月~12月)11376円

冬の平均電気代出典:家計調査/家計収支編 二人以上の世帯 月次 世帯人員別|e-stat年間通した平均電気代出典:家計調査/家計収支編 二人以上の世帯 年次 世帯人員別|e-stat

総務省統計局の家計調査によると、4人家族の冬(2022年1月~3月)の電気代平均額は、1カ月あたり16,286円でした。また、年間(2021年)通しての月の平均電気代は、1カ月あたり11,376円となりました。

5人家族の冬の平均電気代

期間月あたりの平均電気代
冬の平均電気代(1月~3月)18467円
年間通した平均電気代(1月~12月)12423円

冬の平均電気代出典:家計調査/家計収支編 二人以上の世帯 月次 世帯人員別|e-stat年間通した平均電気代出典:家計調査/家計収支編 二人以上の世帯 年次 世帯人員別|e-stat

総務省統計局の家計調査によると、5人家族の冬(2022年1月~3月)の電気代平均額は、1カ月あたり18,467円でした。また、年間(2021年)通しての月の平均電気代は、1カ月あたり12,423円となりました。

6人家族以上の冬の平均電気代

期間月あたりの平均電気代
冬の平均電気代(1月~3月)21186円
年間通した平均電気代(1月~12月)14852円

冬の平均電気代出典:家計調査/家計収支編 二人以上の世帯 月次 世帯人員別|e-stat年間通した平均電気代出典:家計調査/家計収支編 二人以上の世帯 年次 世帯人員別|e-stat

総務省統計局の家計調査によると、6人家族以上の冬(2022年1月~3月)の電気代平均額は、1カ月あたり21,186円でした。また、年間(2021年)通しての月の平均電気代は、1カ月あたり14,852円となりました。

冬と夏の電気代を比較

ここでは、一人暮らしを例に挙げて、冬の夏の電気代を比較します。

冬の電気代が高い理由

期間月あたりの平均電気代
冬の電気代(1月~3月)7749円
夏の電気代(7月~9月)6418円

夏・冬の電気代平均額出典:家計調査/家計収支編 単身世帯 四半期|e-stat

総務省統計局の家計調査によると、1人暮らしの冬(2022年1月~3月)の電気代平均額は、1カ月あたり7,749円、夏(2022年7月~9月)の電気代平均額は、1カ月あたり6,418円でした。

冬の電気代が高くなる原因としては、寒い時期はエアコンや電気ストーブ、こたつなどの暖房器具の使用が増えること、また、日の入りが早いことから照明を使用する時間が長くなることなどが考えられます。

冬の電気代を賢く節約する方法

ここでは、高くなりがちな冬の電気代を、賢く節約する方法をご紹介します。

暖房の設定温度を下げる

環境庁では、冬の暖房時の室温は20℃に設定することを推奨しています。また、暖房時の温度設定を1℃下げるだけでも、約10%の消費電力が節約できるとしています。

出典:オフィスでできる節電アクション|環境庁

断熱対策を行う

窓やドアなどのガラス部分は、家のなかでもっとも熱が逃げやすい場所と言われています。そこで窓ガラス自体を断熱ガラスに交換したり、カーテンを断熱効果の高い厚手のものに取り替えることで、断熱性を高めることができます。手軽に断熱対策をしたいなら、窓用の断熱フィルムを貼ったり、雨戸やシャッターを閉めるといった対策も効果的です。

加湿器を使う

加湿器を使うことで体感温度を上げ、暖房器具の設定温度を抑えるという方法もあります。湿度30%と60%では、同じ温度でも体感温度は1~2℃違うと言われています。乾燥しがちな冬に湿度を上げることは、乾燥を防ぎつつ体感温度を上げられるので、一石二鳥の方法と言えます。

冬の電気代が気になる方は、電気料金プランを見直そう

冬の電気代を節約する方法をご紹介しました。高くなりがちな冬の電気代の節約には、ほかにも電力会社や電気料金プランを見直してみるのもひとつの方法です。

電気・ガス比較サイト「エネチェンジ」では、郵便番号などの情報を入力するだけであなたにぴったりの電力会社・電気料金プランを見つけられます。ぜひ一度試してみてくださいね。

切り替えるといくら節約できる?
電気料金を 比較・節約!
引越しでの比較はこちら お使いの新電力と比較する
旧一般電気事業者の自由料金プランから切り替えた場合の節約額をシミュレーションします。別のプランをご利用の場合は「お使いの新電力と比較する」より、電力会社をお選びください。 (比較対象の電気料金プランについて)
郵便番号
-
世帯人数
エネチェンジ利用規約 」をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、上のボタンを押してください。

この記事を書いた人

エネチェンジ編集部

エネチェンジ編集部

エネチェンジ内のメディア「でんきと暮らしの知恵袋」の記事を執筆しています。電気・ガスに関する記事のほか、節約術など生活に役立つ情報も配信しています。

X (旧twitter) Facebook