【重要】 「廃止になる東京電力EPプラン」ご利用中の方へ
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. auでんきの電気代が高い!電気代が高くなる原因と、おススメの電力会社・プランを紹介◎
 

auでんきの電気代が高い!電気代が高くなる原因と、おススメの電力会社・プランを紹介◎

電力会社・電気料金プランの選び方

「auでんきの電気代が高い!」「もっと電気代が安くなる電気料金プランを知りたい!」という方に向けて、電気代が高くなってしまう原因と、今よりも電気代が安くなる電力会社・電気料金プランを紹介します!エネチェンジは、テレビや新聞雑誌に多数掲載されている、国内最大級の「電気・ガス代の見直しサービス」です。

現在auでんきを契約中で、「電気代が高い……!」とお悩みなら、電力会社・電気料金プランの見直しをおすすめします。家族構成やライフスタイルにぴったりの電気料金プランを選べば、今よりも電気代を節約し、おトクに電気を使えるようになりますよ◎

更新日
2019年5月27日

auでんきの電気料金の特徴をおさらい!

auでんきの電気料金プランは以下の通りです。それぞれのプランの特徴をカンタンにみてみましょう。

でんきMプラン
au携帯電話等とセット契約にすることで毎月の利用料金に応じて電気料金の1〜5%分のau WALLETポイントが付与されるプランです。一度にまとまったでんきを使うことがなく、電気の使用量が少なめ~普通の方はこのプランをおトクに利用できます。
でんきLプラン
au携帯電話等とセット契約にすることで毎月の利用料金に応じて電気料金の1〜5%分のau WALLETポイントが付与されるプランです。電気製品の多い家庭やでんきの使用量が多い家庭、業務用大型冷蔵庫などを使用している商店はこのプランをおトクに利用できます。

auでんきの電気料金プランの契約期間は料金適用開始日から3月31日までで、以降は4月1日~3月31日までの1年間(自動更新)です。なお1年以内に解約をした場合、2,160円(税込)の違約金がかかります。くわしくは契約内容をご確認ください。

auでんきの電気代が高い!その理由とは

auでんきの電気代が高い場合、大きく2つの要因が考えられます。

1. auでんきへの切り替え前と比較して、プランの料金設定が割安になっていない

auでんきの「でんきMプラン」「でんきLプラン」は、auの携帯電話などとセットで契約するとau WALLETポイントが付与されるメリットがありますが、基本料金・電力量料金ともに、旧一般電気事業者(※)と同等のため、電気代自体は安くなりません。

auでんきよりも電気代を安くしたいなら、基本料金・電力量料金がauでんきよりも割安に設定されているプランへ切り替えましょう。今よりも電気代がおトクになりますよ。

※旧一般電気事業者とは…北海道電力・東北電力・東京電力エナジーパートナー(以下、東京電力EP)・中部電力・北陸電力・関西電力・四国電力・中国電力・九州電力・沖縄電力をいいます。

2. 再エネ賦課金などの値上がりの影響

ひと月の電気料金は、以下のような内訳となっています。

それぞれを説明していきましょう。

1. 基本料金、または最低料金
使用量に関わらず毎月支払う固定費用です。北海道電力、東北電力、東京電力EP、北陸電力、中部電力、九州電力の一般的な電気料金プラン「従量電灯B」を契約している方は契約容量ごとに基本料金が設定されています。関西電力、中国電力、四国電力エリアの一般的な電気料金プラン「従量電灯A」を契約している方と、沖縄電力エリアの一般的な電気料金プラン「従量電灯」を契約している方は最低料金が設定されています。
2. 電力量料金単価×使用量
使用量分の電気料金です。電力量料金単価は、電力会社・電気料金プランごとに異なります。
3. 燃料費調整単価×使用量
ほぼ全世帯・施設が対象となります。火力発電で使う燃料の輸入価格は常に変動しているため、その変動分を調整するために毎月「今月の燃料費調整額はいくらです」と自動的に電気料金に含まれて請求されてくるものです。飛行機の燃油サーチャージと似た仕組みです。
くわしくは「電気代に含まれる燃料費調整額とは?」をご覧ください。
4. 再エネ賦課金単価×使用量
すべての世帯・施設が対象となります。再生可能エネルギー発電促進賦課金とは、風力発電・地熱発電・水力発電などの再生可能エネルギー発電を普及・拡大させることを目的に、電力会社が再生可能エネルギーを買い取る際の費用を消費者が負担するものです。再エネ賦課金単価は国が決めます。くわしくは「再生可能エネルギー発電促進賦課金とは?」をご覧ください。

特に「再生エネルギー発電促進賦課金」については、年々値上がりをしています。

基本料金・電力量料金を割安なものを選んだとしても、この「再エネ賦課金」の影響を受けて、毎月の電気料金があまり変化がない、もしくは割高になっているように感じるという可能性が考えられるのです。

割安なプランを選ぶには?

「3. 燃料費調整単価」と「4. 再エネ賦課金単価」は選ぶことができません。電気料金を安くするためには、ライフスタイルにあっている「1. 基本料金または最低料金」「2. 電力量料金単価」が今よりも割安な電力会社・プランを選べば良いということになります。

電気代を安くしたい!auでんきが高いと感じている方におススメの電力会社は?

auでんきよりも安く電気を利用したいのであれば、基本料金・電力量料金が割安に設定されている電力会社・電気料金プランを選べばよいということがわかりました。しかし選択肢が多く、どんなプランを選べばいいのか、悩んでしまいますよね。

今回は、現在auでんきを契約している方に、おススメの電力会社・電気料金プランを紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

Looopでんき「おうちプラン」

Looopでんき「おうちプラン」は、基本料金が0円、電力量料金が一律で使った分だけ電気料金を払うというシンプルな料金設定となっています。供給エリアは北海道・東北・東京・中部・北陸・関西・中国・四国・九州電力エリアです。

北海道・東北・東京・中部・北陸・九州電力エリアにお住まいで、40A(アンペア)以上の契約なら、電気使用量にかかわらず「おうちプラン」の方が必ず割安になりおススメです。ただし30A以下の契約で、ひと月の電気使用量が300kWh以下と少なめの方は、「おうちプラン」の方が割高になる場合があります。一人暮らしの方、毎月の電気使用量が少ない方は注意が必要です。

また関西・中国・四国電力エリアにお住まいで、ひと月の電気使用量が180kWh以下と少なめの方も、「おうちプラン」の方が割高になる場合があるので注意してくださいね!

Looopでんき「おうちプラン」電気料金
区分単位Looopでんき
おうちプラン料金(税込)
エリア北海道東北東京中部北陸関西中国四国九州
基本料金1契約0円00銭0円00銭0円00銭0円00銭0円00銭0円00銭0円00銭0円00銭0円00銭
電力量料金1kWh29円00銭26円00銭26円00銭26円00銭21円00銭22円00銭24円00銭24円00銭23円00銭
株式会社Looopってどんな会社?
Looopでんきを販売する株式会社Looopは、東日本大震災の被災地に太陽光発電を設置するボランティア活動から誕生し2011年に設立された新電力です。
自社の発電所と提携している発電所をあわせて1,500箇所もの太陽光発電所をもち、自然エネルギーの比率が高い電源構成が特徴のひとつです。
自然エネルギーで作られた電気を使いたいという方にもおススメです。

グリーナでんき「GREENa スタンダード ファミリー」

グリーナでんき「GREENa スタンダード ファミリー」は、自然エネルギー(FIT電気)比率50%を計画していて、CO2排出係数がゼロに抑えられた電気が利用できます。環境に配慮した電気を使いたい、CO2排出量ゼロにこだわりながら電気代も安くしたいという方におススメのプランです。供給エリアは東北・東京・中部・関西電力エリアです。

東北・東京・中部電力エリアにお住まいで30A以上の契約なら、電気使用量にかかわらず「GREENa スタンダード ファミリー」の方が必ず割安になります。ただし20A以下の契約で、ひと月の電気使用量が200kWh以下と少なめの方は、「GREENa スタンダード ファミリー」の方が割高になる場合があります。

また関西電力エリアにお住まいの場合、電気使用量にかかわらず「GREENaスタンダードファミリー」の方が必ず割安になります。

電気料金の比較は、エネチェンジ限定特典「でんき料金初年度割引キャンペーン」を適用しない場合で試算しています。

グリーナでんき「GREENa スタンダード ファミリー」電気料金

区分単位グリーナでんき
GREENa スタンダードファミリー料金(税込)
エリア東北東京中部
基本料金10A1契約894円24銭817円12銭
(割引適用後 775円00銭)
817円12銭
(割引適用後 775円00銭)
15A
20A
30A
40A1192円32銭1089円50銭
(割引適用後 1033円34銭)
1089円50銭
(割引適用後 1033円34銭)
50A1490円40銭1361円88銭
(割引適用後1291円68銭)
1361円88銭
(割引適用後 1291円68銭)
60A1788円48銭1634円25銭
(割引適用後 1550円01銭)
1634円25銭
(割引適用後 1550円01銭)
電力量料金
120kWhまで1kWh18円24銭19円52銭20円68銭
121kWh~300kWh24円12銭
(割引適用後 23円62銭)
24円70銭
(割引適用後 23円92銭)
24円32銭
(割引適用後 23円82銭)
301kWh~26円45銭
(割引適用後 25円87銭)
27円61銭
(割引適用後 26円41銭)
26円57銭
(割引適用後 25円73銭)
初年度の電気料金は、エネチェンジ限定特典「でんき料金初年度割引キャンペーン」適用の場合です。
区分単位グリーナでんき
GREENa スタンダードファミリー料金(税込)
エリア関西
最低料金15kWhまで1契約327円65銭
電力量料金16kWh~120kWh1kWh19円76銭
121kWh〜300kWh24円88銭
(割引適用後 23円57銭)
301kWh〜26円94銭
(割引適用後 25円44銭)
初年度の電気料金は、エネチェンジ限定特典「でんき料金初年度割引キャンペーン」適用の場合です。

エネチェンジ限定特典として、エネチェンジからグリーナでんき「GREENa スタンダード ファミリー」に申し込みの方は、初めの1年間のみおトクな料金で利用できます。
供給開始から12カ月間、割引価格で利用できます。13カ月目からは通常料金での請求となります。

ネクストエナジー・アンド・リソース株式会社ってどんな会社?
グリーナでんきを販売するネクストエナジー・アンド・リソース株式会社は、長野県に本社を置き 自然エネルギー利用のトータルサポート企業として2003年に設立されました。2008年にはグリーン電力証書専門の販売サイトを開設しています。
グリーナでんきのプランは、温室効果ガス(二酸化炭素)の排出係数をゼロに抑えており、地球の未来を考える方におススメです。

エルピオでんき「スタンダードプランS」

エルピオでんき「スタンダードプランS」は、主に一般的な家庭で電気を使用する方向けの24時間同一料金設定のプランで、最安クラスのリーズナブルな料金設定が魅力です。供給エリアは東北・東京・中部電力エリアです。

東京電力EPエリアにお住まいの場合、電気使用量にかかわらず「スタンダードプランS」の方が必ず割安になりおススメです。また東北、中部電力エリアにお住まいで、ひと月の電気使用量が200kWh以下と少なめの方は、「スタンダードプランS」の方が割高になる場合があるので注意してくださいね。

エルピオでんき「スタンダードプランS」電気料金

区分単位エルピオでんき
スタンダードプランS料金(税込)
エリア東北東京(40A~50A)東京(60A)中部
基本料金30A1契約730円00銭
730円00銭
40A920円00銭1067円04銭920円00銭
50A1150円00銭1319円76銭1150円00銭
60A1470円00銭1583円71銭1470円00銭
電力量料金120kWhまで1kWh23円00銭18円50銭18円31銭23円20銭
121kWh~300kWh22円62銭22円62銭
301kWh~25円31銭25円31銭
東京電力EPエリアは40Aから契約が可能です。

エルピオでんき「使った分だけSプラン」

エルピオでんき「使った分だけSプラン」は、中国・九州電力エリア限定のプランです。基本料金が0円で、電力量料金の単価が一律なので、使用量を気にせず電気を使うことができます。

中国電力エリアにお住まいで、ひと月の電気使用量が200kWh以下と少なめの方は、「使った分だけSプラン」の方が割高になる場合があります。また九州電力エリアにお住まいの場合、電気使用量にかかわらず「使った分だけSプラン」の方が必ず割安になりおススメです。

エルピオでんき「使った分だけSプラン」電気料金

区分単位エルピオでんき
使った分だけSプラン料金(税込)
エリア中国九州(30A~60A)
基本料金1契約0円00銭0円00銭
電力量料金
1kWh23円15銭22円50銭
九州電力エリアは30Aから契約が可能です。

株式会社エルピオってどんな会社?
エルピオでんきを販売する株式会社エルピオは、千葉県市川市に本社を置くLPガス会社です。設立は1965年で、千葉県・埼玉県・茨城県・栃木県を拠点に16営業所を構え、約7万世帯へガスの供給を行っています。
電力自由化にともない電力小売業に参入し、50年にわたるLPガス販売の経験とノウハウを活かし、電気を販売しています。

auでんきからの電力会社切り替えに迷ったら、エネチェンジにおまかせください!

auでんきの電気代が高い原因をくわしく解説し、auでんきよりも電気代が安くなるおススメの電力会社を紹介しました。現在契約しているauでんきの電気料金プランが高いと悩んでいる方は、プランの見直しをおススメします。

新しく契約する電力会社を決められないときは、エネチェンジをご利用ください。アナタにぴったりな電力会社のプランを簡単に比較・検討できます◎

電気料金プラン提案サービス「おまかせ“でんき”切り替え」のご紹介

電力会社の切り替えをしてみたいけど、「たくさんの電力会社の中からどれを選んだらよいの?」「自分にピッタリの電気料金プランを見つけたい!」という方には、エネチェンジの「おまかせ“でんき”切り替え」がぴったりです。

おまかせ“でんき”切り替えは、電気料金プラン提案サービスです。検針票の写真を送っていただくと、各家庭に合った電気料金プランのご案内をいたします。ご利用はもちろん無料です。ぜひお気軽におためしください。

ご相談はエネチェンジまで

エネチェンジでは、電力会社・電気料金プラン選びに関するご相談を受け付けています。

ご利用の際費用は一切かかりませんので、いつでもお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問合せ
0800-123-0233(年中無休)
Webでのお問い合わせ
お問い合わせ」をご利用ください。

法人のお客さまへは、「エネチェンジBiz」のスタッフがお答えいたします。

法人のお客さまのお問合せ
03-6774-6607(平日10時~18時)
エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。