auでんきの電気料金は高い?メリット・デメリット、評判・口コミを徹底解説

auでんきの電気料金は高い?メリット・デメリット、評判・口コミを徹底解説
電力会社・電気料金プランの選び方

「auでんきの電気料金プランは高い?安い?悪い評判はない?」と気になっている人必見。auでんきの評判・口コミから、メリット・デメリット、解約金の有無、Pontaポイント還元率まで解説します。「東京電力EPと比較して高いの?」「一人暮らしでもPontaポイントはたくさん貯まる?」などau電気に関する疑問も解決。

この記事の目次

auでんきは、auエネルギー&ライフ株式会社が運営する電力サービスです。本記事ではauでんきのプランの特徴や、実際に切り替えた方からの口コミ情報、Pontaポイント還元率などを詳しくご紹介します。「auでんきの電気料金プランは高い?解約金はある?」など申し込み前の疑問をまとめて解決。

記事を読む前に…
電力会社を変えると
年間平均21,939円節約できます!

エネチェンジ電力比較診断の3人世帯を選択したシミュレーション結果で、電気代節約額1位に表示されたプランの年間節約額の平均値です。節約額はギフト券などの特典金額も含まれています(シミュレーション期間/2022年5月1日〜2022年6月12日)

全国で1000万世帯以上が、すでに電力会社を切り替えています。次はアナタが電力会社切り替えで、賢い電気代の節約を始めましょう。さっそくアナタの住んでいるエリアの電力会社を検索!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「探す」ボタンを押してください。

更新日
2022年10月4日
おすすめコンテンツ

【編集部レビュー】auでんきはこんな人におすすめ!

auでんきのメリットは何と言ってもPontaポイントが貯まる「でんきM/Lプラン」が提供されていること。ポイント還元率は月の電気料金によって変動して最大5%になるので、ポイ活中の人にとっては小さくないメリットと言えますね。

ただし電気料金は、旧一般電気事業者の従量電灯プランとほぼ変わらないので、「ポイント還元よりも毎月の電気代自体を安くしたい」という方にはデメリットとして感じるかもしれません。auでんきに切り替える際は、毎月の電気料金を確認し、どれくらいのPontaポイントが還元されるかシミュレーションすることをおすすめします。

また、UQ mobileを利用中の人には、auでんきを契約することで「自宅セット割 でんきコース」に申し込めるようになるのもメリットとして挙げられるでしょう。

本記事中の「旧一般電気事業者の従量電灯プラン」とは、北海道電力・東北電力・東京電力EP・中部電力ミライズ・北陸電力・九州電力の「従量電灯B/C」、関西電力・中国電力・四国電力の「従量電灯A/B」、沖縄電力の「従量電灯」を指します。auでんきの「でんきM/Lプラン」は旧一般電気事業者の従量電灯プランと比較して、区分によっては電力量料金が1銭安くなるエリアと同額のままのエリアがあります。ポイント還元を含めると旧一般電気事業者の従量電灯プランからの切り替えで高くならない設計になっています。

auでんきはこんな人におすすめ
  • Pontaポイントを貯めている人
  • UQ mobileを利用中の人

auでんきとは

auでんきは、KDDI株式会社のグループ会社、auエネルギー&ライフ株式会社が運営する新電力。2016年4月から「auでんき」のブランド名で一般家庭向けの電力サービスを展開しています。

auでんきの供給エリア

auでんきの「でんきM/Lプラン」は次のエリアにお住まいの方が申し込めます。

  • 北海道電力エリア
  • 東北電力エリア
  • 東京電力エリア
  • 中部電力エリア
  • 北陸電力エリア
  • 関西電力エリア
  • 中国電力エリア
  • 四国電力エリア
  • 九州電力エリア
  • 沖縄電力エリア

「ecoプランM/L」は沖縄県と一部離島を除く全国で申し込みが可能。

賃貸住宅でもauでんきに切り替えられますが、建物全体が高圧一括受電契約をしている場合は、申し込めません。

auでんきの電気料金プラン

auでんきには、次の電気料金プランがあります。

「auでんきMプラン」
北海道電力・東北電力・東京電力エナジーパートナー(以下、東京電力EP)・中部電力ミライズ・北陸電力・九州電力の「従量電灯B」、関西電力・中国電力・四国電力の「従量電灯A」、沖縄電力の「従量電灯」相当。一般家庭向けのプラン。
「auでんきLプラン」
北海道電力・東北電力・東京電力EP・中部電力ミライズ・北陸電力・九州電力の「従量電灯C」相当。使用電力量の多い一般家庭や商店・事務所向けのプラン。
「auでんきecoプランM」
北海道電力・東北電力・東京電力EP・中部電力ミライズ・北陸電力・九州電力の「従量電灯B」、関西電力・中国電力・四国電力の「従量電灯A」相当。一般家庭向けで、環境に配慮した電気を使えるプラン。
「auでんきecoプランL」
北海道電力・東北電力・東京電力EP・中部電力ミライズ・北陸電力・九州電力の「従量電灯C」相当。一般家庭や商店・事務所向けで、環境に配慮した電気を使えるプラン。

auでんきの解約手数料・解約違約金について

auでんきの契約期間は、契約が成立した日から料金適用開始の日が属する年度の末日まで(以降1年ごとに自動更新)となっていますが、解約手数料・解約違約金などは発生しません。

auでんきのメリット・デメリット

ここではauでんきに切り替えるメリットやデメリットについて、プランごとにご紹介します。

auでんきのメリット

まずは、auでんきに切り替えるメリットについてご紹介します。

「でんきM/Lプラン」はポイント還元やUQ mobileとのセット割引がメリット

auでんき「でんきM/Lプラン」のメリットは、電気料金に応じてPontaポイントによる還元を受けられることです。Pontaポイントでポイ活中の方は、自動的にPontaポイントを貯められますよ。

auでんき「でんきM/Lプラン」Pontaポイント還元率
毎月の電気料金Pontaポイント還元率
「au ID」をauでんき利用時のIDとしている方それ以外の方
5000円未満1%0.5%
5000以上8000円未満3%2%
8000円以上5%3%

auでんきの月の電気代のうち、基本料金 (または最低料金) と電力量料金の合計金額 (税抜) が対象。燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金も含めません。

上記の通り、毎月の電気料金が安いほどPontaポイントの還元率も低く設定されています。一人暮らしや使用電力量が少ないご家庭の場合は還元されるPontaポイントが多くならない可能性も。

またUQでんき「くりこしプラン(S/M/L)+5G」を契約している方がauでんきに切り替えると、「自宅セット割 でんきコース(旧:でんきセット割)」が利用できます。こちらはUQ mobileの月額料金が割引されるので、UQ mobile契約者ならスマートフォンの月額料金を節約できますよ。

「自宅セット割 でんきコース(旧:でんきセット割)」の割引額
プラン名「くりこしプランS +5G」「くりこしプランM +5G」「くりこしプランL +5G」
割引前月額料金(税込)1628円2728円3828円
割引料金/月(税込)638円割引638円割引858円割引
割引後月額料金(税込)990円〜2090円〜2970円〜

上記料金のほか、国内通話料・国内SMS通信量がかかります。

1契約につき10回線まで同一姓・住所の家族も割引対象になるのも大きなメリット。

「ecoM/Lプラン」は環境に配慮した電気が利用可能

「ecoM/Lプラン」のメリットは、再生可能エネルギー指定の非化石証書を利用することで、実質的に再生可能エネルギー100%かつ、CO2排出量ゼロの電気を利用できる点です。また電気料金の一部が植林や森林整備などの環境保全活動に活用されるので、環境問題に関心の高い人にとってはメリットが大きいでしょう。

auでんきは電気とガスのセット割引も魅力

auでんきは北海道ガス・東京ガス・東邦ガス・大阪ガスの都市ガスエリア向けに、ガスの提供も行っています。電気とガスをセットで申し込むと「トリプルセットポイントで割引」など特典が適用されるので、光熱費の節約につながります。

auでんきのデメリット

ここでは、auでんきの電気料金プランのデメリットについてご紹介します。

「でんきM/Lプラン」の料金設定は旧一般電気事業者とあまり変わらない

auでんき「でんきM/Lプラン」のデメリットは、旧一般電気事業者の従量電灯プランと比較して、電気料金がほとんど変わらない設定※になっている点です。ただし割安な料金設定にはなっているので、電気代の節約につなげることはできますよ。

※北海道電力・東京電力EP・中部電力・北陸電力「従量電灯B/C」と比較して基本料金は同額、電力量料金単価は各区分1銭安い設定。東北電力「従量電灯B/C」と比較して基本料金は同額、電力量料金単価は1段階目が2銭安く、2~3段階目が1銭安い設定。関西電力・中国電力「従量電灯A」と比較して最低料金は1銭安く、電力量料金は各区分1銭安い設定。四国電力「従量電灯A」と比較して最低料金は同額、電力量料金単価は各区分1銭安い設定。九州電力「従量電灯B/C」と比較して基本料金は同額、電力量料金単価は1~2段階目が1銭安く、3段階目は2銭安い設定。沖縄電力「従量電灯」と比較して最低料金は1銭安く、電力量料金単価は1段階目が1銭安く、2~3段階目は同額設定。

「ecoM/Lプラン」にはポイント還元なし

「ecoM/Lプラン」では「auでんきポイントで割引」が適用されないため、Pontaポイントによる還元がありません。ポイント還元のあるプランを探している方は注意してくださいね。

auでんきはプランの選択肢が少ない

auでんきは、電気料金プランの種類が多くありません。電力会社によっては、日中の電気料金を安く設定していたり、一定の使用量まで電気料金が定額で利用できたり、さまざまなプランを用意しています。そうした電力会社と比較すると、auでんきは選択肢の少なさがデメリットと言えます。

auでんきはオール電化向けプランがない

auでんきはオール電化向けの電気料金プランを提供していません。オール電化向けのプランは、エコキュートなど夜間蓄熱式機器の稼働を考慮して、日中と比較して夜間の電気料金が割安に設定されています。そのためオール電化向けのプランを契約している方が、時間帯で料金単価が変動しないauでんきに切り替えると、電気代が高くなってしまう可能性があります。

オール電化住宅にお住まいの方は、専用プランを提供している電力会社を探しましょう。

auからpovoに切り替えてもauでんきのセット割は適用される?

携帯回線をauからpovoに切り替えた場合でも、auでんきの「auでんきポイントで割引」が適用されます。povoに切り替えた時点ではPontaポイントによる還元は最大3%となりますが、povoアカウントとauでんきに登録しているau IDを連携することで、最大5%のPontaポイントが還元されます。

auでんきの値上げ・料金に関する改定情報

電気料金の値上げや、料金に関する改定が実施される可能性はゼロではありません。改定などが実施される場合は、公式ホームページで発表、または契約者向けに連絡があります。

auでんきのキャンペーン

auでんきでは、現在キャンペーンを実施していません。

よい・悪い口コミは?auでんき「でんきプラン」の評判

ここでは、実際にエネチェンジを利用してauでんき「でんきプラン」に切り替えた方からの、さまざまな口コミを紹介します。

口コミは2022年3月8日に更新したものです。

auでんき「でんきプラン」のよい評判

まずはauでんき「でんきプラン」についての、よい評判をご紹介します。

  1. ぴんくぱんださん

    安くなった気がします。エアコンを使う時期なので助かりました。

  2. ひのでさん

    前に契約していた時の値段よりもやすくなったので満足しています。

  3. ジャイアンさん

    ポイントがもらえてよかった。携帯とのセットで安くなる。

  4. kapsicさん

    契約後素早く対応してもらって初めてだけど心配はないでした。

  5. anddredさん

    電話がすぐに繋がるのでよかった。お客様センターの対応もよかった。

  6. 中田69さん

    オペレーターの対応が丁寧なことと、手続きを希望した後、迅速に申し込み書類が送付されてきた点は評価できます。

  7. なかなかささん

    スマホ代とセットで請求されるので、ありがたいです。

  8. りょさん

    アプリ上で請求書を確認できるので、領収書を探したり面倒なことはなくなりました。

  9. しろくまママさん

    auでんきアプリですぐに電気の使用量が見えるので、エコ意識につながった。

ここで紹介している口コミは、電気・ガス比較サイト「エネチェンジ」で実際に切り替えたユーザーから投稿いただいたものです。

auでんき「でんきプラン」のよい評判では、ポイント還元があってお得、お客様センターの対応が丁寧、請求に関して専用アプリが便利、といったものが見られました。

auでんき「でんきプラン」の悪い評判

ここでは、auでんき「でんきプラン」についての悪い評判をご紹介します。

  1. 中田69さん

    今後真夏や真冬など最も差がわかりやすく出る時期に期待していますが、料金プランの内容はあまり変わらないような気もします。

  2. ますなーさん

    もう少しポイントのキャッシュバック率を増やしてくれたらもっとうれしいのになと思います。

  3. orangeさん

    もう少し割引率なり特典があると良いと思います。

  4. あさがおゆうがおさん

    ウチの場合ですが、ポイント還元率を考えると、正直ぜひオススメ!という訳ではないですね。(手続きは簡単でした。)

  5. みーさん

    もう少しポイントのキャッシュバック率を増やしてくれたらもっとうれしいのになと思います。

  6. waraiさん

    メーターの取り換えがauからの回答はなく、前触れなくもとの東北電力からしばらくしてから通達があったので、この辺りのサポートもしっかりしてほしい

  7. ジャイアンさん

    いつから変わったのかわからなかった 当日に連絡がきて困った

  8. しろくまママさん

    平日の夕方や土日のサポートセンターはなかなか繋がらない。

  9. マイメロさん

    電話よりメールだとかなり日にちが掛かり大変でした。電話が早かったです。

  10. hisaさん

    請求書自体がなく、電話代と一緒に引き落としされるので、スマホ等で確認しなければいけないので困る。

  11. まゆみっくすさん

    請求書で今まで検針票がきてたがこなくなり、携帯料金と合算請求になってしまった。

  12. 丘里リルさん

    発電手段や地域貢献の取り組みが分かりくいです。

ここで紹介している口コミは、電気・ガス比較サイト「エネチェンジ」で実際に切り替えたユーザーから投稿いただいたものです。

auでんき「でんきプラン」の悪い評判には、ポイント還元率が物足りない、紙の請求書がないのがかえって不便、といったものがありました。

高い?安い?auでんき「でんきM/Lプラン」の料金比較表

ここではauでんきの「でんきM/Lプラン」について、旧一般電気事業者のプランと料金表を比較します。

【北海道電力と比較】「でんきM/Lプラン」の電気料金プラン

auでんきの北海道電力エリア向けプラン「でんきMプラン(北海道)」「でんきLプラン(北海道)」と北海道電力の「従量電灯B/C」どちらが高いか比較します。

auでんき「でんきMプラン(北海道)」

区分単位auでんき「でんきMプラン(北海道)」料金(消費税率10%)北海道電力「従量電灯B」料金(消費税率10%)
基本料金10A1契約341円00銭341円00銭
15A511円50銭511円50銭
20A682円00銭682円00銭
30A1023円00銭1023円00銭
40A1364円00銭1364円00銭
50A1705円00銭1705円00銭
60A2046円00銭2046円00銭
電力量料金~120kWh1kWh23円96銭23円97銭
121kWh〜280kWh30円25銭30円26銭
281kWh〜33円97銭33円98銭

auでんきの「でんきMプラン(北海道)」は、一般家庭向けの電気料金プランです。北海道電力「従量電灯B」と比較すると基本料金は同額ですが、電力量料金は1銭安く設定されています。

auでんき「でんきLプラン(北海道)」

区分単位auでんき「でんきLプラン(北海道)」料金(消費税率10%)北海道電力「従量電灯C」料金(消費税率10%)
基本料金1kVA341円00銭341円00銭
電力量料金~120kWh1kWh23円96銭23円97銭
121kWh〜280kWh30円25銭30円26銭
281kWh〜33円97銭33円98銭

auでんきの「でんきLプラン(北海道)」は、電気を多く使う家庭や商店・事務所向けの電気料金プランです。北海道電力「従量電灯C」と比較すると基本料金は同額ですが、電力量料金は1銭安く設定されています。

【東北電力と比較】「でんきM/Lプラン」の電気料金プラン

auでんきの東北電力エリア向けプラン「でんきMプラン(東北)」「でんきLプラン(東北)」と東北電力の「従量電灯B/C」どちらが高いか比較します。

auでんき「でんきMプラン(東北)」

区分単位auでんき「でんきMプラン(東北)」料金(消費税率10%)東北電力「従量電灯B」料金(消費税率10%)
基本料金10A1契約330円00銭330円00銭
15A495円00銭495円00銭
20A660円00銭660円00銭
30A990円00銭990円00銭
40A1320円00銭1320円00銭
50A1650円00銭1650円00銭
60A1980円00銭1980円00銭
電力量料金~120kWh1kWh18円56銭18円58銭
121kWh〜300kWh25円32銭25円33銭
301kWh〜29円27銭29円28銭

auでんきの「でんきMプラン(東北)」は、一般家庭向けの電気料金プランです。東北電力「従量電灯B」と比較すると基本料金は同額ですが、電力量料金は120kWhまでの区分で2銭安く、121kWh以上の区分では1銭安く設定されています。

auでんき「でんきLプラン(東北)」

区分単位auでんき「でんきLプラン(東北)」料金(消費税率10%)東北電力「従量電灯C」料金(消費税率10%)
基本料金1kVA330円00銭330円00銭
電力量料金~120kWh1kWh18円56銭18円58銭
121kWh〜300kWh25円32銭25円33銭
301kWh〜29円27銭29円28銭

auでんきの「でんきLプラン(東北)」は、電気を多く使う家庭や商店・事務所向けの電気料金プランです。東北電力「従量電灯C」と比較すると基本料金は同額ですが、電力量料金は120kWhまでの区分で2銭安く、121kWh以上の区分では1銭安く設定されています。

【東京電力EPと比較】「でんきM/Lプラン」の電気料金プラン

auでんきの東京電力エリア向けプラン「でんきMプラン(東京)」「でんきLプラン(東京)」と東京電力EPの「従量電灯B/C」どちらが高いか比較します。

auでんき「でんきMプラン(東京)」

区分単位auでんき「でんきMプラン(東京)」料金(消費税率10%)東京電力EP「従量電灯B」料金(消費税率10%)
基本料金10A1契約286円00銭286円00銭
15A429円00銭
429円00銭
20A572円00銭572円00銭
30A858円00銭858円00銭
40A1144円00銭1144円00銭
50A1430円00銭1430円00銭
60A1716円00銭1716円00銭
電力量料金120kWhまで1kWh19円87銭19円88銭
121kWh〜300kWh26円47銭26円48銭
301kWh〜30円56銭30円57銭

auでんきの「でんきMプラン(東京)」は、一般家庭向けの電気料金プランです。東京電力EP「従量電灯B」と比較すると基本料金は同額ですが、電力量料金は1銭安く設定されています。

auでんき「でんきLプラン(東京)」

区分単位auでんき「でんきLプラン(東京)」料金(消費税率10%)東京電力EP「従量電灯C」料金(消費税率10%)
基本料金1kVA286円00銭286円00銭
電力量料金~120kWh1kWh19円87銭19円88銭
121kWh〜300kWh26円47銭26円48銭
301kWh〜30円56銭30円57銭

auでんきの「でんきLプラン(東京)」は、一般家庭向けの電気料金プランです。東京電力EP「従量電灯C」と比較すると基本料金は同額ですが、電力量料金は1銭安く設定されています。

【中部電力ミライズと比較】「でんきM/Lプラン」の電気料金プラン

auでんきの中部電力エリア向けプラン「でんきMプラン(中部)」「でんきLプラン(中部)」と中部電力ミライズの「従量電灯B/C」どちらが高いか比較します。

auでんき「でんきMプラン(中部)」

区分単位auでんき「でんきMプラン(中部)」料金(消費税率10%)中部電力ミライズ「従量電灯B」料金(消費税率10%)
基本料金10A1契約286円00銭286円00銭
15A429円00銭
429円00銭
20A572円00銭572円00銭
30A858円00銭858円00銭
40A1144円00銭1144円00銭
50A1430円00銭1430円00銭
60A1716円00銭1716円00銭
電力量料金~120kWh1kWh21円03銭21円04銭
121kWh〜300kWh25円50銭25円51銭
301kWh〜28円45銭28円46銭

auでんきの「でんきMプラン(中部)」は、一般家庭向けの電気料金プランです。中部電力ミライズ「従量電灯B」と比較すると基本料金は同額ですが、電力量料金は1銭安く設定されています。

auでんき「でんきLプラン(中部)」

区分単位auでんき「でんきLプラン(中部)」料金(消費税率10%)中部電力ミライズ「従量電灯C」料金(消費税率10%)
基本料金1kVA286円00銭286円00銭
電力量料金~120kWh1kWh21円03銭21円04銭
121kWh〜300kWh25円50銭25円51銭
301kWh〜28円45銭28円46銭

auでんきの「でんきLプラン(中部)」は、一般家庭向けの電気料金プランです。中部電力ミライズ「従量電灯C」と比較すると基本料金は同額ですが、電力量料金は1銭安く設定されています。

【北陸電力と比較】「でんきM/Lプラン」の電気料金プラン

auでんきの北陸電力エリア向けプラン「でんきMプラン(北陸)」「でんきLプラン(北陸)」と北陸電力の「従量電灯B/C」どちらが高いか比較します。

auでんき「でんきMプラン(北陸)」

区分単位auでんき「でんきMプラン(北陸)」料金(消費税率10%)北陸電力「従量電灯B」料金(消費税率10%)
基本料金10A1契約242円00銭242円00銭
15A363円00銭363円00銭
20A484円00銭484円00銭
30A726円00銭726円00銭
40A968円00銭968円00銭
50A1210円00銭1210円00銭
60A1452円00銭1452円00銭
電力量料金~120kWh1kWh17円83銭17円84銭
121kWh〜300kWh21円72銭21円73銭
301kWh〜23円43銭23円44銭

auでんきの「でんきMプラン(北陸)」は、一般家庭向けの電気料金プランです。北陸電力「従量電灯B」と比較すると基本料金は同額ですが、電力量料金は1銭安く設定されています。

auでんき「でんきLプラン(北陸)」

区分単位auでんき「でんきLプラン(北陸)」料金(消費税率10%)北陸電力「従量電灯C」料金(消費税率10%)
基本料金1kVA242円00銭242円00銭
電力量料金~120kWh1kWh17円83銭17円84銭
121kWh〜300kWh21円72銭21円73銭
301kWh〜23円43銭23円44銭

auでんきの「でんきLプラン(北陸)」は、電気を多く使う家庭や商店・事務所向けの電気料金プランです。北陸電力「従量電灯C」と比較すると基本料金は同額ですが、電力量料金は1銭安く設定されています。

【関西電力と比較】「でんきMプラン」の電気料金プラン

auでんきの関西電力エリア向けプラン「でんきMプラン(関西)」と、関西電力の「従量電灯A」どちらが高いか比較します。

auでんき「でんきMプラン(関西)」

区分単位auでんき「でんきMプラン(関西)」料金(消費税率10%)関西電力「従量電灯A」料金(消費税率10%)
最低料金~15kWh1契約341円00銭341円01銭
電力量料金16kWh~120kWh1kWh20円30銭20円31銭
121kWh~300kWh25円70銭25円71銭
301kWh~28円69銭28円70銭

auでんきの「でんきMプラン(関西)」は、一般家庭向けの電気料金プランです。関西電力「従量電灯A」と比較すると最低料金・電力量料金ともに1銭安く設定されています。

【中国電力と比較】「でんきMプラン」の電気料金プラン

auでんきの中国電力エリア向けプラン「でんきMプラン(中国)」と中国電力の「従量電灯A」どちらが高いか比較します。

auでんき「でんきMプラン(中国)」

区分単位auでんき「でんきMプラン(中国)」料金(消費税率10%)中国電力「従量電灯A」料金(消費税率10%)
最低料金~15kWh1契約336円86銭336円87銭
電力量料金16kWh~120kWh1kWh20円75銭20円76銭
121kWh~300kWh27円43銭27円44銭
301kWh~29円55銭29円56銭

auでんきの「でんきMプラン(中国)」は、一般家庭向けの電気料金プランです。中国電力「従量電灯A」と比較すると基本料金・電力量料金ともに1銭安く設定されています。

【四国電力と比較】「でんきMプラン」の電気料金プラン

auでんきの四国電力エリア向けプラン「でんきMプラン(四国)」と四国電力の「従量電灯A」どちらが高いか比較します。

auでんき「でんきMプラン(四国)」

区分単位auでんき「でんきMプラン(四国)」料金(消費税率10%)四国電力「従量電灯A」料金(消費税率10%)
最低料金~11kWh1契約411円40銭411円40銭
電力量料金12kWh~120kWh1kWh20円36銭20円37銭
121kWh~300kWh26円98銭26円99銭
301kWh~30円49銭30円50銭

auでんきの「でんきMプラン(四国)」は、一般家庭向けの電気料金プランです。四国電力「従量電灯A」と比較すると基本料金は同額ですが、電力量料金は1銭安く設定されています。

【九州電力と比較】「でんきM/Lプラン」の電気料金プラン

auでんきの九州電力エリア向けプラン「でんきMプラン(九州)」「でんきLプラン(九州)」と九州電力の「従量電灯B/C」どちらが高いか比較します。

auでんき「でんきMプラン(九州)」

区分単位auでんき「でんきMプラン(九州)」料金(消費税率10%)九州電力「従量電灯B」料金(消費税率10%)
基本料金10A1契約297円00銭297円00銭
15A445円50銭445円50銭
20A594円00銭594円00銭
30A891円00銭891円00銭
40A1188円00銭1188円00銭
50A1485円00銭1485円00銭
60A1782円00銭1782円00銭
電力量料金~120kWh1kWh17円45銭17円46銭
121kWh〜300kWh23円05銭23円06銭
301kWh〜26円04銭26円06銭

auでんきの「でんきMプラン(九州)」は、一般家庭向けの電気料金プランです。九州電力「従量電灯B」と比較すると基本料金は同額ですが、電力量料金は300kWhまでの区分で1銭安く、301kWh以上の区分では2銭安く設定されています。

auでんき「でんきLプラン(九州)」

区分単位auでんき「でんきLプラン(九州)」料金(消費税率10%)九州電力「従量電灯C」料金(消費税率10%)
基本料金1kVA297円00銭297円00銭
電力量料金~120kWh1kWh17円45銭17円46銭
121kWh〜300kWh23円05銭23円06銭
301kWh〜26円04銭26円06銭

auでんきの「でんきLプラン(九州)」は、電気を多く使う家庭や商店・事務所向けの電気料金プランです。九州電力「従量電灯C」と比較すると基本料金は同額ですが、電力量料金は300kWhまでの区分で1銭安く、301kWh以上の区分では2銭安く設定されています。

【沖縄電力と比較】「でんきMプラン」の電気料金プラン

auでんきの沖縄電力エリア向けプラン「でんきMプラン(沖縄)」と沖縄電力の「従量電灯」どちらが高いか比較します。

auでんき「でんきMプラン(沖縄)」

区分単位auでんき「でんきMプラン(沖縄)」料金(消費税率10%)沖縄電力「従量電灯」料金(消費税率10%)
最低料金~10kWh1契約402円39銭402円40銭
電力量料金11kWh~120kWh1kWh22円94銭22円95銭
121kWh~300kWh28円49銭28円49銭
301kWh~30円47銭30円47銭

auでんきの「でんきMプラン(沖縄)」は、一般家庭向けの電気料金プランです。沖縄電力「従量電灯」と比較すると基本料金は1銭安く設定されています。電力量料金は120kWhまでの区分で1銭安く、121kWh以上の区分では同額に設定されています。
「でんきMプラン(沖縄)」は沖縄セルラー電話株式会社の販売となります。

auでんきとほかの新電力を比較

auでんきと他の新電力を比較検討している方も多いのでは。ほかの新電力とサービスや料金表を比較したいという方は、以下にまとめているのでチェックしてみてくださいね。

auでんき申し込み前に知っておきたいこと

ここではauでんきの契約を検討している方向けに、契約前に知っておきたい情報をご紹介します。

auでんきの支払い方法

支払い方法は?
口座振替・クレジットカードでの支払いが可能です。
請求書は?
Webサイト上のマイページや専用アプリで確認できます。紙の請求書を希望する場合は、1通につき220円(税込)がかかります。

auでんきの申し込み方法

1)申し込み手続きをする
auでんきのホームページ、電話、au Style/auショップ、au取扱店から申し込みが可能です。「でんきLプラン」は、ホームページからの申し込み不可。
2)スマートメーターの設置
現在利用されている電力メーターがスマートメーターではない場合には、スマートメーターの設置が必要です(auでんきへの切り替えに限らず、電力会社を切り替える際には、スマートメーターの設置が必要です)。スマートメーターの設置は原則無料で、設置作業は5分から40分程度かかります。なお設置への立会いは原則不要です。
3)auでんきの電気、利用開始
申し込み完了後、利用開始予定日の数日前までに「auでんきご利用開始のご案内」が送られてきます。この案内に記載された日から、auでんきの電気が利用可能になります。

なお、引越しの場合は手続き方法が少々異なるので、注意してくださいね。

申し込みできない場合

auでんきでは、auまたはUQ mobileの契約状況によって、申し込み条件が異なります。

auまたはUQ mobileを利用している場合の条件は、契約者本人または同居する家族がauまたはUQ mobileを利用していること、auでんきを利用する予定の住所において現在電気契約があることの2つです。

auまたはUQ mobileを利用していない場合は、auでんきを利用する予定の住所において現在電気契約があること、auでんきの契約者名義が現在の電気契約の名義と同一であることが条件になります。

そのほか、auでんきでは季時別プランや法人契約の申し込みを受け付けていません。auでんきに申し込みできない場合は、auまたはUQ mobileの利用状況や現在の電気契約のプランや名義について、もう一度確認しておきましょう。

auでんきを契約中の方へ

ここでは、auでんきを契約している人のために、よくある質問や問い合わせ先の情報をまとめています。

auでんきのマイページのログイン方法について

auでんきのマイページのログインには、au IDおよびパスワードが必要になります。パスワードを忘れてしまった場合は、auでんきの契約時に郵送される「ご利用開始のご案内」または「契約内容のご案内」から確認できます。

auでんきの問い合わせ窓口について

auでんきでは、問い合わせ窓口として「KDDIお客さまセンター(auでんき)」が設置されています。

auでんきの支払日について

auでんきの電気料金は、利用月の翌々月に請求されます。

出典:【auでんき】auでんきの請求はいつから届きますか? | よくあるご質問 | サポート | au

auでんきはPontaポイントを貯めている人におすすめ!

auでんきは、Pontaポイントによる還元が大きな魅力です。ただし、切り替え元のプランによっては、電気料金自体はほとんど変わらないことも。電気代の節約を重視したい方は一度、別の電力会社の電気料金プランと比較してみることをおすすめします。

電気・ガス比較サイト「エネチェンジ」では、郵便番号などの情報を入力するだけであなたにぴったりの電力会社・電気料金プランを見つけられます。ぜひ一度試してみてくださいね。

  • twitter アイコン
  • Facebook アイコン
  • はてな アイコン
  • LINE アイコン
切り替えるといくら節約できる? 電気料金を比較・節約!
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
エネチェンジ利用規約 」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「この条件で電気代比較」ボタンを押してください。