電気料金の計算方法は?料金体系や計算例から解説

電気料金の計算方法は?料金体系や計算例から解説
でんきの基本

電気料金の計算方法をご存知ですか?基本料金や電力量料金、再エネ賦課金などがあり、電気の使用量に応じて別々に計算し、その合計から電気料金は計算されています。この記事では、電気料金の計算方法について説明しています。電気料金の仕組みや具体的な計算例も紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

毎月私たちのもとへ請求されてくる電気代は、どのように計算されているのでしょうか?再エネ賦課金や燃料費調整額ってなんのこと?など、電気料金の計算方法について、わかりやすく解説します。

記事を読む前に…
電力会社を変えると
年間平均27,542円節約できます!

エネチェンジ電力比較診断の3人世帯を選択したシミュレーション結果で、電気代節約額1位に表示されたプランの年間節約額の平均値です。節約額はギフト券などの特典金額も含まれています(シミュレーション期間/2020年1月1日〜13日)

全国で1000万世帯以上が、すでに電力会社を切り替えています。次はアナタが電力会社切り替えで、賢い電気代の節約を始めましょう。さっそくアナタの住んでいるエリアの電力会社を検索!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「探す」ボタンを押してください。

電気料金の仕組みを理解しよう

まずは電気料金の仕組みを確認していきます。電気料金は4つの要素に分かれており、それぞれの合計から、電力会社ごとに提供している割引額などを差し引いて計算します。

基本料金(最低料金)

電気の使用量に関わらず、毎月かかる固定料金です。電力会社・電気料金プランごとに異なる料金設定がされています。

旧一般電気事業者の北海道電力・東北電力・東京電力・北陸電力・中部電力・九州電力の一般的なプラン「従量電灯B」は、契約アンペア数ごとに基本料金が設定されています。関西電力・中国電力・四国電力の「従量電灯A」、沖縄電力の「従量電灯」を契約している方は、最低料金が設定されています。

電力量料金

電気の使用量あたりにかかる料金です。電力会社・電気料金プランごとに異なる単価設定がされています。また、オール電化住宅向けの電気料金プランなど、プランによっては季節や時間帯ごとに異なる単価が設定されているものもあります。

燃料費調整額

ほぼ全世帯が対象となります。火力発電で使う燃料の輸入価格は常に変動しているため、その変動分を調整するために毎月自動的に電気料金に含まれて請求されてくる料金です。飛行機の燃油サーチャージと似た仕組みとなっており、単価は毎月異なります。

一部の特殊な電気料金プランでは、燃料費調整額がかからない場合があります。

再生可能エネルギー発電促進賦課金(再エネ賦課金)

すべての世帯が対象となります。風力発電・地熱発電・水力発電などの再生可能エネルギー発電を普及・拡大させることを目的に、電力会社が再生可能エネルギーを買い取る際の費用を、消費者が再生可能エネルギー発電促進賦課金(再エネ賦課金)として負担をしています。単価は国が決めていて、毎年異なります。

電気料金の計算をしてみよう

毎月私たちのもとへ請求されてくる電気代がどのように計算されているのか、みていきましょう。

電気料金の計算式

電気料金は、以下のように計算されます。基本的にはどの電力会社の電気料金プランを契約しても、同様の計算式となります。
一部の特殊な電気料金プランでは燃料費調整額などがかからない場合や、ほかの要素が追加される場合などがあります。現在契約中のプランがどのように計算されているかは、電力会社の約款を確認しましょう。

電気料金の計算式

基本料金・電力量料金・燃料費調整額には、消費税等相当額が含まれます。

東京電力EP「従量電灯B」の料金表

区分単位東京電力EP「従量電灯B」料金単価(消費税率10%)
基本料金10A1契約286円00銭
15A429円00銭
20A572円00銭
30A858円00銭
40A1144円00銭
50A1430円00銭
60A1716円00銭
電力量料金最初の120kWhまで1kWh19円88銭
121kWh〜300kWh26円48銭
301kWh〜30円57銭

東京電力エナジーパートナー(以下、東京電力EP)「従量電灯B」の料金表(消費税込の単価)です。基本料金は契約アンペア数ごとに異なる単価設定がされています。電力量料金は3段階の単価設定がされています。

電気料金の計算例

実際に電気料金を計算してみましょう。東京電力EP「従量電灯B」を30Aで契約していて、2021年8月の電気使用量が260kWhだったと仮定します。

  • 基本料金は、858円
  • 電力量料金は、6092.8円(計算式は、19.88円×120kWh+26.48円×140kWh)
  • 燃料費調整額は、東京電力EPの2021年8月分の燃料費調整額が1kWhあたり-3.11円のため、-808.6円 (計算式は、-3.11円×260kWh)
  • 再生可能エネルギー発電促進賦課金(再エネ賦課金)は、2021年度の単価が1kWhあたり3.36円のため、873.6円(計算式は、3.36円×260kWh)

となり、基本料金、電力量料金、燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金(再エネ賦課金)を合計し、円未満は切り捨てて請求されます。

  • 基本料金858円+電力量料金6092.8円−燃料費調整額808.6+再エネ賦課金873.6円=7015.8円

実際に請求されてくる電気代は、7015円です。

電気料金を安くすることはできる?

今よりも電気料金を安くしたい場合は、契約している電気料金プランよりも安い単価設定がされている電力会社のプランを探しましょう。例として、アストでんきの「東京ブライトプラン」をご紹介します。

区分単位アストでんき「東京ブライトプラン」料金(消費税率10%)東京電力EP「従量電灯B」料金(消費税率10%)
基本料金10A1契約228円80銭286円00銭
15A343円20銭429円00銭
20A457円60銭572円00銭
30A686円40銭858円00銭
40A915円20銭1144円00銭
50A1144円00銭1430円00銭
60A1372円80銭1716円00銭
電力量料金120kWhまで1kWh19円86銭19円88銭
121kWh〜300kWh24円95銭26円48銭
301kWh〜26円99銭30円57銭

アストでんき「東京ブライトプラン」は、東京電力EP「従量電灯B」と比較すると基本料金・電力量料金ともに安く設定されています。「従量電灯B」を契約中の方は、切り替えで使用量に関係なく節約を実感できるでしょう。

 
このように、現在契約している電気料金プランよりも安いプランに切り替えることで、今と同じ電気の使い方をしても、電気料金を安くすることが可能です。

電力自由化により、家庭向けプランの選択肢が増えました

2016年に電力小売全面自由化となり、それまで家庭向けの電気は旧一般電気事業者(東京電力・関西電力など)が販売をしていましたが、電力小売全面自由化以降は多くの会社が電力販売に参入し、市場が活性化しました。現在はさまざまな会社の電気料金プランが選択肢として加わり、私たちは自由にプランを選択できます。

電気料金の計算方法を理解して、おとくなプランに切り替えよう!

電気料金の計算方法についてご紹介しました。毎月の電気料金をもっと節約したいという方は、今よりも安い電力会社のプランを探してみましょう。エネチェンジ電力比較では、かんたんな条件を入力するだけで、自分にぴったりな電力会社のプランを比較でき、切り替えた際の節約額目安もわかります。ぜひ、ためしてみてくださいね。

  • twitter アイコン
  • Facebook アイコン
  • はてな アイコン
  • LINE アイコン
切り替えるといくら節約できる? 電気料金を比較・節約!
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
エネチェンジ利用規約 」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「この条件で電気代比較」ボタンを押してください。