床暖房(電気式/ヒートポンプ・温水式)の電気代の目安はどれくらい?エアコンやガス代と徹底比較!

床暖房(電気式/ヒートポンプ・温水式)の電気代の目安はどれくらい?エアコンやガス代と徹底比較!
電気代の節約、節電テクニック

オール電化のご家庭で床暖房にどのくらい電気代がかかっているか知りたい方、これから床暖房の導入を検討されている方必見!この記事では、床暖房(電気式/ヒートポンプ・温水式)の電気代、エアコンなど他の暖房器具やガス床暖房とのコスト比較、床暖房の電気代節約方法などを紹介しています。

冬、どれだけ部屋を暖めても、足元が冷たいとどうしても寒さを感じてしまいます。それを解決してくれるのが、足元が暖かくて快適な床暖房です。でも、床暖房って電気代がどのくらいかかるのかわからないですよね。

そこで、床暖房を導入した際にかかる電気代の目安を、床暖房の広さ別に詳しくご説明します!さらに、電気式床暖房と温水式(ヒートポンプ式/)床暖房の電気代比較、エアコンやガス床暖房など他の暖房器具とのランニングコスト比較もしています。オール電化のご家庭で、床暖房にかかっている分の電気代がどのくらいか知りたい、という方もぜひご覧ください。

また、床暖房を導入したけれど電気代が高いと悩んでいる方には、床暖房の電気代節約方法も合わせてご説明します。これを見れば床暖房の電気代、他の暖房器具やガスとのコスト比較、床暖房の電気代節約方法、全てがわかります!

更新日
2020年11月14日
記事を読む前に…
電力会社を変えると年間平均27,542円節約できます!

エネチェンジ電力比較診断の3人世帯を選択したシミュレーション結果で、電気代節約額1位に表示されたプランの年間節約額の平均値です。節約額はギフト券などの特典金額も含まれています(シミュレーション期間/2020年1月1日〜13日)

全国で1000万世帯以上が、すでに電力会社を切り替えています。次はアナタが電力会社切り替えで、賢い電気代の節約を始めましょう。さっそくアナタの住んでいるエリアの電力会社を検索!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「探す」ボタンを押してください。

床暖房の電気代はひと月どのくらい?

床暖房には大きく分けて電気ヒーター式と温水循環式の2種類があり、温水循環式は灯油、ガス、ヒートポンプと3タイプの熱源のものがあります。

床暖房の種類
電気ヒーター式
熱源:電気
温水循環式
熱源:灯油
熱源:ガス
熱源:ヒートポンプ

床暖房のタイプ別に、かかるランニングコストを計算、比較していきます。

電気式床暖房、温水式床暖房のひと月あたりにかかる電気代

パナソニックの試算によると、電気式床暖房、温水式床暖房(熱源が熱源がヒートポンプ式温水暖房機の場合/熱源が石油ボイラーの場合)を導入した際にかかるひと月あたりの電気代・ランニングコストの目安は以下のようになります。

床暖房(電気式/温水式)ひと月あたりの電気代目安1日8時間連続使用、床温約30℃の場合

畳数電気式床暖房(パナソニック「フリーほっと」)
ひと月あたりの電気代
温水式床暖房(パナソニック「フリーほっと温すいW」ひと月あたりのランニングコスト
熱源がヒートポンプ式温水暖房機の場合
温水式床暖房(パナソニック「フリーほっと温すいW」ひと月あたりのランニングコスト
熱源が石油ボイラーの場合
6畳約1,800円〜3,900円--
8畳約2,800円〜6,100円約2,800円約3,900円
10畳約3,300円〜7,300円約3,900円約4,900円
12畳約3,900円〜8,500円約4,900円約6,100円
16畳約5,200円〜11,500円約6,500円約8,200円

出典:パナソニックカタログ「2020 インテリア建材 暮らし&リフォーム」

電気式床暖房よりも温水式床暖房のほうがランニングコストが安いですね。温水式床暖房は、熱源が石油ボイラーよりもヒートポンプ式温水暖房機のほうがランニングコストが安くなります。

床暖房の電気代(ランニングコスト)はこのようになっていますが、その他の家電の電気代も合わせた家庭全体の電気代は、家計の出費の多くを占めるものになります。「電気代を見直したい!」という方は、エネチェンジ電力比較を利用して、あなたにぴったりの電力会社を選んでみてください。

電気式床暖房、温水式床暖房、ガス式床暖房のランニングコストを比較

floor-heating

電気式床暖房と温水式床暖房(熱源が熱源がヒートポンプ式温水暖房機の場合/熱源が石油ボイラーの場合)のランニングコストを見てきましたが、ガス温水床暖房のランニングコストはどのくらいかかるのでしょうか?

パナソニックの電気式床暖房「電気床暖房フリーほっと」(8畳)、温水式床暖房「フリーほっと温すいW」(8畳)、東京ガスのガス式床暖房「ガス温水床暖房(NOOK・はやわざ)」(8畳向け)のひと月あたりのランニングコストを以下に比較しました。

電気式床暖房、温水式床暖房、ガス式床暖房のランニングコスト比較(8畳タイプ、1日8時間使用した場合)
電気式床暖房
ひと月約2,800円〜6,100円
温水式床暖房(熱源がヒートポンプ式温水暖房機の場合)
ひと月約2,800円
温水式床暖房(熱源が石油ボイラーの場合)
ひと月約3,900円
温水式暖房器具(熱源が都市ガスの場合)
ひと月約3,210円

上記のガス式床暖房のコストは都市ガスの場合です。都市ガスではなくプロパンガスになるとコストは上がります。
出典:東京ガス : ガス機器・設備 / ガス温水床暖房(NOOK・はやわざ) / ガス温水床暖房の活用方法

パナソニックと東京ガスそれぞれの試算条件が異なるため、正確な比較はできませんが、ランニングコストが低い順に温水式床暖房(熱源がヒートポンプ式温水暖房機の場合)、ガス温水暖房器具(都市ガスの場合)、温水式床暖房(熱源が石油ボイラーの場合)、電気式床暖房となっています。

エアコンと床暖房の電気代はどっちがお得?

air_conditioner-winter

床暖房とエアコンはどちらが電気代が高くなるのでしょうか?
エアコンは外気温と設定温度によってかかる消費電力が大きく変化します。床暖房のようにメーカーによる1カ月にかかる電気代試算もないため比較が難しいのですが、エアコンの年間にかかる電気代の目安は、カタログに記載されている期間消費電力量から計算できます。

エアコンの電気代目安

型番畳数期間消費電力量年間あたりの電気代夏の電気代
(5月23日~10月4日、1日18時間使用した場合)
冬の電気代
(11月8日~4月16日、1日18時間使用した場合)
パナソニック
CS-X221D
6畳向け
冷房 6〜9畳
暖房 6〜7畳
冷房時 166kWh
暖房時 420kWh
期間合計 586kWh
4482円11340円15822円
パナソニック
CS-X251D
8畳向け
冷房 7〜10畳
暖房 6〜8畳
冷房時 190kWh
暖房時 486kWh
期間合計 676kWh
5130円13122円18252円
パナソニック
CS-X281D
10畳向け
冷房 8〜12畳
暖房 8〜10畳
冷房時 203kWh
暖房時 543kWh
期間合計 746kWh
5481円

14661円20142円
パナソニック
CS-X361D
12畳向け
冷房 10〜15畳
暖房 9〜12畳
冷房時 296kWh
暖房時 736kWh
期間合計 1032kWh
7992円19872円27864円
パナソニック
CS-X401D
14畳向け
冷房 11〜17畳
暖房 11〜14畳
冷房時 333kWh
暖房時 849kWh
期間合計 1182kWh
8991円22923円31914円
パナソニック
CS-X561D2
18畳向け
冷房 15〜23畳
暖房 15〜18畳
冷房時 466kWh
暖房時 1139kWh
期間合計 1605kWh
12582円

30753円43335円
パナソニック
CS-X631D2
20畳向け
冷房 17〜26畳
暖房 16〜20畳
冷房時 570kWh
暖房時 1321kWh
期間合計 1891kWh
15390円

35667円51057円
パナソニック
CS-X711D2
23畳向け
冷房 20〜30畳
暖房 19〜23畳
冷房時 662kWh
暖房時 1540kWh
期間合計 2202kWh
17874円

41580円59454円
パナソニック
CS-X801D2
26畳向け
冷房 22〜33畳
暖房 21〜26畳
冷房時 819kWh
暖房時 1836kWh
期間合計 2655kWh
22113円49572円71685円
パナソニック
CS-X901D2
29畳向け
冷房 25〜38畳
暖房 23〜29畳
冷房時 1022kWh
暖房時 2316kWh
期間合計 3338kWh
27594円

62532円90126円

エアコンの期間消費電力量は、以下の条件のもとに運転した場合の試算値となっています。

エアコンの期間消費電力量算出基準(JIS C 9612:2013)
  • 外気温度:東京をモデルとしています。
  • 設定温度:冷房時27℃/暖房時20℃
  • 期間:冷房期間(5月23日~10月4日)暖房期間(11月8日~4月16日)
  • 時間:6:00~24:00の18時間
  • 住宅:JIS C9612による平均的な木造住宅(南向)
  • 部屋の広さ:機種に見合った部屋の広さ

床暖房を導入するか、エアコンを購入するかで悩んでいる方は、比較するのが少し難しいですが、参考にしてみてくださいね。

床暖房の電気代節約方法4つ

さいごに、電気式床暖房の電気代節約方法を見ていきましょう。

1)電気料金プランを見直す

plan-saving-28

現在床暖房を使っていて、電気代が高いと悩んでいるご家庭は、電気料金プランが見合っていない可能性があります。
床暖房をつけっぱなしにする場合、従量電灯など段階制料金が設定されているプランのままだと電気代が高くなってしまう場合があります。例えば普段は段階制料金のうち第1段~第2段階の単価で計算されていた電気代が、常に床暖房をつけていることで一度に使う電力量が多くなり、第3段階の高額な単価で計算される分が増えてしまう恐れがあるのです。

そのため、床暖房を導入した際には、段階制料金ではなく一律の料金単価が設定されている電気をたくさん使う家庭向けのプランへ変更するなど、電気料金プランを見直してみましょう。最適なプランは、エネチェンジ電力比較で簡単に比較診断ができますよ!

2)適切な暖房器具を使用する

heater-4

床暖房以外に暖房器具を使用する場合は、その場所に適切な暖房器具を使用することが大切です。
暖房器具ごとに暖めかたが異なるため、目的に合わせた暖房器具を使わないと暖まりが悪く、余分な電気代がかかってしまうんです。

目的に合わせた暖房器具の選び方
目的最適な暖房器具
広い空間全体を暖めたい場合エアコン
狭い場所だけれど空間全体を暖めたい場合オイルヒーター
暖めたいスポットがほぼ決まっている場合電気カーペット
短時間だけ使う場合ハロゲンヒーター
カーボンヒーター
メイン暖房をつけるまでもないけれど手足が寒い、
メイン暖房の設定温度を下げて節約したい場合
こたつ

3)窓の断熱をする

window

窓の断熱対策をして、窓からの冷気を遮断しましょう。窓からの冷気による体感温度の低下を防ぐことで床暖房の設定温度の上げすぎを防ぎ、無駄な電気代をなくせます。

4)できるだけ温かい服装をする

暖かいインナーを着るなど、暖かい服装をして過ごしましょう。体感温度を上げることで床暖房の設定温度の上げすぎを防ぎ、電気代を節約できます。

床暖房の電気代、他の暖房器具との比較、電気代節約方法まとめ

床暖房(電気式/ヒートポンプ・温水式)の電気代、エアコンなど他の暖房器具やガスとのコスト比較、床暖房の電気代節約方法についてご紹介しました。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

  • twitter アイコン
  • Facebook アイコン
  • はてな アイコン
  • LINE アイコン
切り替えるといくら節約できる? 電気料金を比較・節約!
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
エネチェンジ利用規約 」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「この条件で電気代比較」ボタンを押してください。