エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 電気自動車(EV)と蓄電池、家庭用蓄電池として使用するならどちらがおトク?
 

電気自動車(EV)と蓄電池、家庭用蓄電池として使用するならどちらがおトク?

太陽光発電・売電を知る

ガソリンを使わず、電気で走る電気自動車(EV)。環境にやさしい点に加えて、自宅の太陽光発電パネルとの併用により蓄電池として活用できることから、太陽光発電を所有している方から注目を集めています。電気自動車と蓄電池、購入するならどちらがよいのでしょうか?電気自動車の基礎知識、メリット・デメリットなど紹介します。

近年、環境に優しい乗り物として注目を集めている電気自動車(EV)

電気自動車にはさまざまな種類があり、車種の選び方や使い方によって、ランニングコストをかなり抑えられます。

さらに注目したい点は、電気自動車が自宅の太陽光発電パネルとの併用により蓄電池としての役割も果たすことです。蓄電池の購入を検討している方は、この記事で蓄電池と電気自動車の使い勝手を比較検討してみましょう。

電気自動車の仕組みや種類、メリット・デメリットなど基本的な項目についても解説しているので、電気自動車の購入を考えている方、電気自動車か蓄電池のどちら購入するべきか迷っている方は必見です。

電気自動車(EV)とは?

電気自動車とは、どのような自動車をさすのでしょうか。まずは、仕組みや種類について解説していきます。

電気自動車の仕組みは?ガソリン自動車と、どこが違う?

電気自動車は、その名の通り電気の力で走る車です。Electric Vehicleを略してEVと呼ばれることもあります。ガソリン自動車が燃料を燃やしたときに発生するエネルギーを駆動力にするのに対し、電気自動車は電気の力でモーターを動かして推進力にします。

電気自動車は、電気で動くモーター、電気を蓄えるバッテリー、動きを制御するコントローラーの主に3つで構成されています。ガソリン自動車と違い二酸化炭素の排出がないため、環境に優しい乗り物として注目を集めているのです。

電気自動車の種類は?

電気の力で走る自動車には、全て電気の力で走る「電気自動車(EV)」、電気とガソリンを組み合わせて走る「ハイブリッドカー(PHV)」の2種類があります。

電気自動車(EV)
100%電気の力で走る自動車で、自動車専用の充電設備にプラグコンセントで自動車をつないで充電します。充電設備を自宅に備えることで、たとえば自動車を使用しない夜間などの時間帯に自動車を充電し、翌朝充電が完了した状態で乗ることができます。
ハイブリッドカー(PHV)
電気とガソリンを併用して走る車です。主な動力は、今のところガソリンの割合が高く、電気モーターは走り出しのときなどに補助的な役割をしているものが多いです。
しかし車種によっては、電気モーターで走行できる割合が大きくなっているものもあり、近距離ならほぼガソリンを使わずに済むような車も出てきています。

電気自動車のメリット、デメリット

環境に優しく便利に思える電気自動車ですが、メリットもデメリットも存在します。購入を検討している場合は、両方をしっかり把握した上で選びましょう。

電気自動車のメリット

環境に優しい
電気自動車の最大の特長は、環境に優しいという点です。ガソリン自動車と違い、地球温暖化の原因となる二酸化炭素の排出がありません。電気とガソリンを併用するハイブリッドカーも、ガソリン自動車よりも二酸化炭素の排出量を削減できます。
ランニングコストが抑えられる
同じ距離を走行する場合、ガソリン自動車よりも電気自動車の方がランニングコストを抑えられます。たとえば1,000キロメートルの距離を走行する場合、ガソリン自動車のガソリン代が12,000円程度であるのに対し、電気自動車の電気代はわずか2,000円程度しかかかりません。ガソリン車…レギュラーガソリン137円、平均燃費12km/L、電気自動車…電気代17.46円/kWh、平均電費10km/Lで計算
振動や騒音が少ない
エンジンを搭載したガソリン自動車に比べ、電気モーターを搭載した電気自動車は振動や騒音が少なく、夜間でも近隣に迷惑がかかりません。
加速性能が高い
電気自動車のモーターは、ガソリン自動車と比べて加速性能が高いです。ガソリン自動車は、発信時にガソリンをたくさん消費する割になかなか加速につながらないという欠点がありますが、電気自動車はスムーズに走り出すことが可能です。
補助金がもらえる
電気自動車は環境に優しい車ということで、補助金制度が充実しています。
購入した車種によって受けられるもの、各都道府県で受けられるものなどがあり、複数の補助金制度を同時に利用することも可能です。
たとえば車種の補助金でいうと、平成30年12月13日の時点では、トヨタ プリウス PHVは20万円、日産 リーフ S ZAA-ZE1では40万円の補助金を受けることができます。
詳しくは、「一般社団法人 次世代自動車振興センター」のHPをご確認ください。
税金が優遇される
電気自動車を購入すると、購入金額に応じて課税される「自動車取得税」や、自動車の重量により課税される「自動車重量税」、使用用途と総排気量によって課税される「自動車税」などの税金が優遇されます。
自動車取得税は非課税になり、自動車重量税は新車購入時と2回目の車検時は免税、3回目以降はエコカー税額が適用されます。
自動車税は一番安い区分(29,500円/年)になり、都道府県の優遇措置がある場合はさらに減税になる場合もあります。参照:エコカー減税のご紹介(乗用車の場合)|東京都主税局

電気自動車のデメリット

車本体の値段が高い
電気自動車は、車本体の値段が比較的高いものが多いです。
補助金や減税を受けられたとしても、やはり高価だと感じる方が多いので、なかなか普及が進まない現状があります。
長距離走行に向いていない
電気自動車の航続距離は、ガソリン自動車に劣ります。車種や条件によっては、200キロメートル走るごとに40分の充電が必要になるので、たとえば東京ー大阪間500キロメートルの間で2回充電時間を取らなければいけません。長距離移動をする際は、不便に感じる方も多いでしょう。参照:実際の走行距離『電気自動車には冬って距離が伸びないとききますが、実際何キロぐらい走れるものでしょうか?』|日産
充電に時間がかかる
電気自動車は、フル充電をするのに8〜16時間必要といわれており、ガソリン自動車が5分程度で給油できるのに比べると雲泥の差です。
全体の80%程度まで充電できる急速充電でも、少なくとも40分程度が必要です。参照:実際の充電時間はどの位ですか?|日産
充電スポットが少ない
電気自動車が普及し始めてから数年経ちましたが、まだまだ充電スポットの数が少ないのが現状です。2018年12月の時点で、全国の充電スポットの数は28,500基程度、そのうち急速充電に対応しているのが7,100基といわれています。
国内で約60,000台走る電気自動車に対して充電スポット7,100基はとても少なく、場所によっては充電待ちが発生するほどです。参照:平成28年度 エネルギー使用合理化促進基盤整備委託費(EV・PHV の充電インフラに関する調査) 調査報告書|経済産業省 製造産業局 自動車課

自宅の太陽光発電パネルと組み合わせると、家庭用蓄電池として活用できる!

電気自動車は、太陽光発電パネルと組み合わせると家庭用蓄電池として活用できることをご存知ですか?
家庭にEVパワーステーションという充電設備を設置することで、電気自動車に電気をため、家庭内で使うことが可能なのです。

昼間の太陽が出ているときに発電した電気を電気自動車にためておき、夜間に使用することもできますし、万が一災害が発生し電力会社からの電気供給がストップしてしまっても、非常用電源として大変役立ちます。

家庭用蓄電池と電気自動車、どのような違いがある?

家庭用蓄電池と電気自動車のバッテリーは、どのような違いがあるのでしょうか?

容量:電気自動車の方が大きい

一般的な家庭用蓄電池の容量が4〜12kWhであるのに対し、電気自動車は10〜40kWhと大容量です。何日も電力供給がストップしてしまう可能性のある災害時などは、電気自動車の蓄電の方が安心できるでしょう。

設置場所:家庭用蓄電池の方が場所を取らない

家庭用蓄電池には屋内設置のものと屋外設置のものがあり、エアコンの室外機の1まわり〜2まわり大きいものとなります。対して電気自動車は自動車そのものですから、自動車一台分の駐車スペースと、さらにエアコンの室外機程度の大きさのEVパワーステーションの設置が必要になります。

「2019年問題」により、さらに注目の集まる電気自動車

太陽光発電パネルを設置するメリットの1つは、自家発電した電気を売電して収入を得られることです。

しかし、2019年に重大な問題が起こることが予想されています。家庭で発電して余った電力は、「固定価格買取制度」によって、10年間固定価格で電力会社に売電できるしくみです。しかし、最初に売電を始めた方の期間が終了する2019年以降の売電価格が未だ決定していない、ましてや売買を続けるかどうかさえ決まっていないのが現状なのです。

そこで、発電した電力を売るのではなく、家庭内で効率よく使い、さらなる節電につなげる方向性を検討する人が増え、電気自動車や蓄電池に注目が集まっているのです。太陽光発電パネルを設置していて、自動車を所有したい家庭にとっては、蓄電池としての役割もある電気自動車はとても魅力的なのではないでしょうか。

電気自動車?それとも蓄電池?購入前にはじっくり検討しよう

電気自動車(EV)の基本的な知識についてお伝えしました。

電気自動車は環境に優しいだけではなく、自宅の太陽光発電パネルと組み合わせることで蓄電池としての役割をはたし、災害時でも電力をまかなうことができるのです。自家発電との併用を考えるのであれば、蓄電池とどちらがよいのかをしっかり考えてから購入しましょう!

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。