【重要】 電力会社を切り替えていても、災害時の復旧作業は不利なく行われます。
プロの力でぴっかぴか☆年末大掃除キャンペーン
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. ガス代が高いっ!高くなってしまう理由と、節約方法を大紹介!
 

ガス代が高いっ!高くなってしまう理由と、節約方法を大紹介!

ガス代の節約

毎月のガス代の請求書を見て「高いっ!」と思ったことはありませんか?この記事では、ガス代の適正価格とガス代の単価を下げる方法、さらに消費量を減らす節約方法を紹介しています。ガス代は、高い!と気づいたときがチャンスです。節約をして、財布も暖かい冬を過ごしてくださいね!


ガス代の請求書を何気なく見たら、桁が一桁多い!?そんな経験、ありませんか?
「ガス代、高いっ!」としょんぼりしているひとにおすすめの、高いガス代を少しでも下げるための見直すべきポイントをご紹介します。都市ガス、プロパンガスそれぞれの見直しポイントをまとめてみました。

我が家のガス代は高い?1ヶ月のガス代目安

ガス代は以下のように求めることができます。

  • ガス代=基本料金+従量料金(単位料金×ガス使用量(㎥))

ここでは【都市ガス】と【プロパンガス】のガス代の目安を紹介いたします。
ご自宅のガス代が高いか安いか、この目安を元に判断してみてください!なお、ご自宅に大きなガスボンベがある場合はプロパンガス利用、ない場合は都市ガス利用です。

都市ガス利用時のガス代目安

都市ガスの料金の目安は以下のようになります。

基本料金
1,000円強
1㎥あたりのガス代
約150円

では、具体的な1ヶ月のガス代はどれくらいになるのでしょうか。
東京ガスによると、1ヶ月の標準家庭(3~4人家庭)のガス使用量は32㎥です。

東京地区でガス使用量が32㎥の場合
平均(32㎥):5,135円/月
夏場(22㎥):3,854円/月
冬場(48㎥):7,184円/月
年間:61,620円

出典:ガス料金の計算/東京ガス

プロパンガス利用時のガス代目安

このようなボンベがあったらプロパンガスを利用しています
ガス代がすごく高い!と思ったらそれはもしかしたらプロパンガスのせいかもしれません。
プロパンガスの熱量は都市ガスの約2倍になります。つまりプロパンガスは都市ガスの半分の量で同等の効果があるのです。ただし都市ガスが公共料金であるのに対し、プロパンガスは自由料金。つまりプロパンガス会社が任意にプロパンガスのガス代を決めることができます
プロパンガスの1㎥あたりガス代の平均は500~700円ですが、実際には300円台が適正価格であるとされています。
基本料金
1,500~2,000円
1㎥あたりのガス代
500円~700円

東京ガスの出している3~4人家庭の1ヶ月平均が32㎥なので、同等の熱量が必要な場合、プロパンガス使用量は16㎥です。プロパンガスの平均ガス代は以下のようになります。

ガス使用量が16㎥の場合
平均(16㎥):約10,500円/月
夏場(11㎥):約7,800円/月
冬場(24㎥):約14,900円/月
年間:約126,000円

プロパンガス価格は石油情報センターの2015年11月30日発表の関東の価格(基本料金1,825円,524円/1㎥)で計算
出典:二人暮らしのプロパンガス使用量と料金の平均は?/プロパンガス消費センター

プロパンガスは都市ガスの実に2倍も、ガス代がかかることが分かります。

ガス代が高いのは単価の高いガスを使っているから?

ご自宅のガス代が高いのは、もしかしたら単価の高いガスを使っているからかもしれません。ここではガスの単価、ガスそのものの値段を下げる方法を紹介します。

床暖房などを設置して都市ガスのプランを変更しよう

都市ガス利用の場合は、エネファームや床暖房などを設置した家庭に対して、通常とは別の割引料金プランを用意しています。

エネファームや床暖房をつけると、そもそものガス代はあがりますが、暖房などで使用していた電気代を下げることができるので、家計の光熱費トータルでみると節電になるという仕組みです。これらのプランでは、一般料金よりも3%~13%のガス代割引が適用されます。

床暖房などを検討している人にとっては、おトクにガスを使えるチャンスです。
出典:料金メニュー《エネファームで発電エコプラン》/東京ガス

プロパンガスを見なおしてガス代そのものを下げよう

都市ガスは公共料金ですが、プロパンガスは規制された公共料金ではなく自由料金です。プロパンガス利用の場合、あなたの契約している会社は適性価格よりもずっと高くガスを売っているかもしれません。
プロパンガス利用でご自宅のガス代が高い場合は、以下の2つの方法でガス代を安くすることが可能です。

別のプロパンガス会社に乗り換える
適正なプロパンガス代は基本料金1,500円程度、1㎥あたり300~400円です。これよりも大幅にガス代が高い(600~800円の場合も!)場合は、プロパンガス料金消費者センターなどの消費者組合に相談してみてください。適正料金で営業をしているプロパンガス業者の紹介や変更手続きの代行を行っています。
都市ガスに乗り換える
都市ガスに変更できる地域にお住まいの場合、都市ガスに変更することもガス代の単価を下げる有効な方法です。適正価格だと大きな差はありませんが、全国平均だとプロパンガスは都市ガスの1.5倍~3倍のガス代がかかっているという状況です。

プロパンガス(10㎥)
平均:7,247円/月
都市ガス(20㎥)
平均:3,680円/月

プロパンガス価格は石油情報センターの2015年11月30日時点の価格を参照、都市ガス価格は東京ガスの一般料金を参照。
工事費が30~40万円程度かかってしまう場合もありますが、長い目で見た時、都市ガスへの変更は有効な節約手段であるといえます。

○◯プロパンガスの1㎥あたりの料金の求め方

プロパンガスの請求書には「請求額」と「使用量」しか記載されていない場合が大多数です。1㎥あたりのプロパンガスの単価の求め方は、基本料金を1500円と仮定して

  • 1㎥あたりのガス代=(請求額-1,500)÷使用量

で求めることが可能です。1㎥あたりのガス代が600円以上になるようでしたらガス会社の乗り換えを真剣に検討してみてください。

ガス代高い?節約して年間1万1千円以上のガス代削減!

ご自宅のガス使用のほとんどは「風呂」と「キッチン」です。この二箇所で節約できれば、ガスの使用量を減らしガス代を下げることが出来ます。
ここからはガス使用量を減らす節約方法を紹介します。

風呂のガス代が高い!節約方法7つを使って年間6,986円のガス代削減!

風呂は溜めるのがいいの? 焚くのがいいの?それともシャワーですましたほうがいいの?

気になる風呂場の、効率的な節約方法を紹介します。

お風呂で使える節約方法7選
1)お風呂のふたはこまめに閉める(2,418円の節約に!)
2)追い焚き回数を少なくする(1回少なくすると1,813円の節約に!)
3)シャワーを出す時間を1日1分短くするよう心掛ける(1,755円の節約に!)
4)一人暮らしならシャワー、人数が多い場合はお湯を張ったほうがお得になる
5)お湯の温度は無駄に上げすぎない、適温でお湯張りをする
6)お湯が溜まったら自動的に止められるアイテムを活用する(自動お湯張り機能がない場合)
7)節水シャワーヘッドを活用する

キッチンのガス代が高い!節約方法22を使って年間5,352円のガス代削減!

毎日使うキッチンのガス代って気になりますよね。でも、具体的に何をすれば節約に繋がるのかわかりにくいところでもあります。

ここでは、キッチンのガス代を節約する具体的な方法を紹介します!

キッチンで使える節約方法22選
1)蓋や落し蓋を利用する(3,434円の節約に!)
2)ひとつの鍋で同時に調理したり、ゆで汁を利用してもう一品作るようにする(1,373円の節約に!)
3)炎は中火にする(326円の節約に!)
4)大きめの鍋を使う(178円の節約に!)
5)鍋底の水滴は拭き取ってから火にかける(41円の節約に!)
6)野菜の下茹ではレンジを使う
7)煮るより蒸す、蒸すより炒める
8)冷凍物は冷蔵庫解凍しておく
9)水は室温で保存する
10)揚げ物は家でやらない
11)電気ケトルを使う
12)卓上IHヒーターを使う
13)洗い物で給湯器は使わない。冷たい時はゴム手袋を活用する
14)溜め洗いをする
15)圧力鍋や保温鍋を利用する
16)余熱を利用する
17)中華鍋を使う
18)炊飯器を利用する(炊飯器レシピを活用)
19)石油ストーブを料理に利用する、こまめな掃除も忘れずに
20)料理は作り置きする
21)ガスのバーナー部分の穴を掃除する
22)ペットボトルを黒く塗り、日のあたるところにおいておく

まとめ

ガス代は年間で10万ほどにもなる大きな出費です。少し見直すだけで大きな節約につながります。ガス代が高い!と思ったその時がチャンスです。ガス代の請求書を見直し、節約方法を試してみましょう。

ガス代が高いと思ったら、まずはそのガス代が平均よりも高いのかチェックしましょう。

都市ガスの適正ガス代
年間平均:5,881円/月
プロパンガスの適正ガス代
年間平均:約7,100円/月

冬場は年間平均より3割ほどガス代がかかります。
ガス代を下げるためには「ガスの単価を安くする」「ガスの使用量を減らす」の2つの方法があります。
ガスの「単価」を安くする方法はこのようになります。

都市ガス利用の場合
料金プランの変更
プロパンガス利用の場合
別のプロパンガス会社に乗り換える
都市ガスに乗り換える

次にガスの「使用量」を下げるためには、主要なガスの使用場所である「風呂場」「キッチン」で節約をする必要があります。何から手を付けていいのかわからない、という方のために、ガス使用量を減らす具体的な方法を紹介しました。

風呂場のガス使用量を減らす
お風呂で使える節約方法7選
キッチンのガス使用量を減らす
キッチンで使える節約方法22選

ガス代が高い場合は、単価と使用量を減らして、無駄な支出を減らしていきましょう!

ガス代の節約のために、ガス会社を見直そう!

2017年4月のガス自由化で、電気と同じくガス会社も自由に選べるようになりました。今は、電気もガスも、自分に見合った料金プランを選んで節約することが可能なんです。

ガス会社のプランを見直したことがない方は、今回ご紹介したガスの節約術を試すとともに、自分にぴったりなガス会社のプランを選んで、ガス代を無駄なく、かしこく節約していきましょう。

電力会社切り替えはエネチェンジ電力比較を引き続きご活用ください。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数