【重要】 「廃止になる東京電力EPプラン」ご利用中の方へ
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. ガス自由化Q&A その1:いよいよガス自由化へ!電力自由化のときと何が違うの?
 

ガス自由化Q&A その1:いよいよガス自由化へ!電力自由化のときと何が違うの?

巻口守男副社長のガス自由化Q&A

2017年4月に始まるガス自由化。「ガス自由化では何が変わるの?」「電力自由化のときとどう違うの?」という疑問の声もよく耳にするようになりました。わかりにくいガス自由化についてのみなさまの疑問を、エネチェンジ副社長の巻口守男がやさしくお答えします。

電力自由化とガス自由化って何が違うの?

ガス自由化は電力自由化から1年遅れの2017年4月からスタートします。電力もガスも、自由化によって料金の低価格化や、供給インフラの整備・拡充などを実現したいという目的は同じですが、自由化後のシステムなどに少し異なる部分があります。その詳細を見ていきましょう。

Q1.そもそもガス自由化って何?

家庭用ガスといっても、ガス管(導管)によってそれぞれの家庭まで運ばれてくる「都市ガス」や、70戸以上の団地などの敷地に置かれたガス発生設備から供給する「簡易ガス」、それぞれのお宅にボンベを設置するLPガス(プロパンガス)など、いくつかの種類があるのはご存知ですか?
今回のガス自由化で対象となるのは都市ガスの市場。これまでは東京ガス、大阪ガス、東邦ガス、西部ガスの大手4社をはじめとした“都市ガス会社”が、ガス管の運営・管理からそれぞれの地域における販売までを独占してきました。しかしガス自由化後は、ガス管の管理運営は引き続き都市ガス会社の導管部門が行うものの、それぞれのお宅へのガス販売については、新たな会社も自由に参画できるようになります。
つまり、ガスの販売を行う会社が増えることで価格競争が生まれ、私たちはその価格などを比較しながら、一番オトクな会社を選択できるようになるのです。

Q2.電力自由化のときと何が違うの?

ガス自由化と電力自由化の違い、最も異なっているのは「スマートメーター」の存在です。電気もガスも従来は、機械式メーターによって各家庭で使用された電力やガスの量を記録し、電力会社やガス会社の検針員がそれぞれのお宅を訪れて確認(検針)作業をしていましたね。

電力自由化では、ネットワークによって離れた場所から電気使用量の確認や電気の供給をコントロールできる「スマートメーター」が新たに採用されたことで、検針員がそれぞれのお宅に訪問し、検針作業をする必要がなくなりました。
しかし、ガスの場合にはスマートメーターへの交換は行われず、従来通り検針員が目で見て検針を行います。私たち利用者にとっては、これといった変化はありません。

電力自由化とガス自由化の違い・検針方法

Q3.ガス自由化、ズバリどのくらい影響があるの?

電力自由化では約8兆円の市場が開放されるといわれていましたが、同様に、ガス自由化でもおよそ2.4兆円規模の市場が開放されると予測されています。電力自由化の際には、大手ガス会社が参入して新たな料金プランやサービスを展開したことで話題になりましたが、ガス自由化にはすでに東京電力などの大手電力会社3社が参入意志を表明しています。
もうひとつ知っておいてほしいのが、今回のガス自由化で、ようやく各企業が電気・ガスそれぞれの価格を設定できるようになるということ。これまでは企業が独自の判断で割引できるのは自由料金になった電気代に限られていましたが、今後はガス代も自由料金となるので、各社が独自に割引可能になります。きっと電気代とガス代の、それぞれを割引したお得なセット料金プランも登場するはず!私たちの暮らしにもいい影響が及ぶことを期待したいですね。

電力自由化とガス自由化の違い・料金

エネチェンジではガス自由化の情報も、たくさんお届けしていきます。電力自由化もガス自由化もエネチェンジ電力比較をぜひご活用ください。

ガス自由化Q&Aをもっと読む
エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。